犬の飼い方(生涯面倒をみる覚悟)

犬の寿命は犬種により様々ですが、だいたい10年〜15年くらい、長寿の子だと20年近く生きる子もいます。
それと共に犬も歳をとっていきますので、ずっと元気で健康な姿を保っている子もいれば、介護が必要になってくる子もいます。
その間には大病することもあるかもしれません。
そういった時に、きちんと面倒を見ることができるでしょうか?
人に飼われている犬は、飼い主さんとその家族だけが頼りです。
それがなければ生きていくことができません。
「ひとつの命の全てを任されている」責任感を持って飼うことができるかどうかが重要なところです。

*わんちゃんホンポより引用させて頂きました。

犬の飼い方(犬を飼える環境かどうか)

まず必要なのが、経済的な余裕。
犬を飼うのもタダではありません。
まず考えられるのが日々のフード代から各種予防接種、必要な犬種であればトリミングなどのお手入れ、そして万が一の場合の医療費。
考えられるだけでもこれだけの費用が必要になってきます。
愛情だけでは解決できない部分もありますので、ここは現実的にしっかりと考えたいところです。

次に住宅環境。犬を飼っても良いお住まいでしょうか?
飼育したい犬のサイズに対し、飼育スペースは見合っているでしょうか?
引越しの予定はありませんか?
時々、賃貸物件などでこっそりと飼育してみたものの、結局はバレてしまい犬を不幸にしてしまう結果になった…なんていう話を聞きます。
こういったことのないように、ご自身の住宅環境もしっかりと見つめ直してみてください。
そして、飼い犬のために自分の時間を割くことはできますか?

犬は、長時間ほったらかしにしておくことができない生き物です。
お留守番の限界は7〜8時間という説もあり、仕事などでほぼ家に人がいないお宅での犬の飼育は不向きといえます。
犬のお世話をするためにお仕事の後の夜遊びも控えなければいけないかもしれませんし、気軽に外泊することもできなくなるかもしれません。
急な病気でその日の予定が変わってしまうことも。
こういったことが可能でしょうか?
これは犬の成長過程で不可欠な人間との信頼関係にも関わってきますので、留守がちなお宅では犬の飼育はしないほうがお互いのためとも言えるでしょう。

また、犬を飼うことについて家族全員の同意があるかどうかも大切です。
特に世話をすることになる可能性が高い人はもちろんのこと、誰かが乗り気でない場合愛犬がトラブルのきっかけになって家族の不和を招くことも少なくありません。
誰か一人の「飼いたい」という気持ちを大切にすることもいいですが、強引に推し進めることはせず全員が納得する形で犬を迎え入れるようにしましょう。

*わんちゃんホンポより引用させて頂きました。

犬の飼い方(犬をお迎えする前に)

新しい家族=犬をお迎えする時は、新しい出会いに誰でもワクワクするものですね。
どんな子がいいか、様々な理想や憧れはあるかと思いますが、まず大切なのは「自身が犬を飼育できる環境にあるかどうか」を見つめ直すことです。
犬を飼育するのもタダではできませんし、一緒に生活するためには様々な条件や覚悟が必要です。

*わんちゃんホンポより引用させて頂きました。

犬の飼育ポイント

現在飼われている主なペットについて、情報を整理していきたいと思います。
まずは哺乳類です。
哺乳類の中でも、もっとも古い家畜であり、そして現在もペットの代表格として存在するのが犬です。

世界で飼われている犬の犬種は350以上もあるといわれていて、日本だけでも150犬種以上が飼われていると推定されています。
またその大きさや外観も変化に富んでいて、体重が1キロに満たないような超小型犬種もいれば、50キロを超えるような超大型犬種までいます。

外観だけではなく、犬種によって性格や行動もさまざまで、家庭で飼育されるだけではなく、それぞれの能力を活かして、
警察犬、災害救助犬、猟犬、盲導犬としても社会に大きく貢献しているのです。
犬の寿命は、近年どんどんと延びているようです。
一昔前までは、犬種や個体差があるものの、総じて10年といわれていた犬の平均寿命ですが、最近では飼育環境や餌の向上、また感染症に対するワクチン接種などによって、15歳、20歳と長生きする犬も珍しくなくなりました。

犬がいることによる制約

犬と暮らすということは少なからず人の生活に影響を与え、制約がかかることもあります。
海外旅行などの長期的な旅行や、気の向くままにノープランでの旅行などは行きにくくなってしまうでしょう。
また、食費や生活用品、医療費などの経済的な負担も出てきます。
犬だって生きている動物ですので、排泄物の処理や食事の用意、散歩などの運動、健康を保つためのケアと、必要な世話があります。

ただ、可愛いからといって安易に犬を飼育すると、後々「こんな予定じゃなかった」と、大変な目にあうかもしれませんので気をつけましょう。