犬の飼い方(どこから犬を迎えるか)

どこから犬をお迎えすればよいのでしょうか?
まず思いつくのがペットショップやブリーダーさんからのお迎えではないでしょうか。
すでに希望する犬種が決まっていたり、絶対に仔犬がいい!などの理由がある場合には、ほとんどの場合このどちらかからのお迎えになるかと思います。
ですが、もし様々な事情と気持ちが許すなら…里親として、新しい家族との出会いを待っている犬たちをお迎えすることを考えてみてはいかがでしょうか?

*わんちゃんホンポより引用させて頂きました。

子猫を迎える準備をしよう!

昔は放し飼いが多くみられましたが、交通事故や伝染病など危険が多い現代では室内飼いがおすすめです。
猫が快適に暮らせる環境を整えることができれば、室内だけでも充分心地よく暮らせます。
外の景色が見える窓、高いところで休めるスペース、ひとりで隠れることができるスペースなどを想定して部屋作りをしましょう。
子猫は好奇心旺盛でとても身軽ですから、走り回ったり、ジャンプしたり、いろんなところに登ったりします。
あらかじめ、壊れやすいものは片付け、倒れやすいものは固定して、事故のないように対策をとっておきましょう。

*Petioより引用させて頂きました。

犬の飼い方(その4)

image
子犬を迎える準備をしよう

新しい家族になる犬が決定したら、家に迎える日までに生活できるようにペット用品を揃えておきましょう。
犬の成長は早いので、あらかじめ成犬になった場合も使えるサイズのものを用意しておくと経済的ですが、首輪やハウス(クレート)などは、その時の大きさに合ったものを使用するのがオススメです。
犬はなるべく家族(=人間)といっしょにいたい動物なので、家族が集まるリビングなど自由にさせる部屋を限定して、ペット用品をセットおくと便利です。
また、犬は落ち着いた環境で眠り、出口に近いところで排せつする傾向があるので、その部屋の奥に寝る場所となるハウスを設置し、入口近くにトイレを用意するのがおすすめです。

*petioより引用させて頂きました。

犬の飼い方(その1)

178-179A-A-B16K
犬を迎える心構え

犬の寿命は犬種によってもさまざまですが、健康で安全な環境だと比較的長く家族として暮らせる動物です。
犬を飼うということは、その犬の面倒を一生みるということ。
食事はもちろん、散歩や排せつ物の処理、しつけ、安全管理、病気の予防などすべてが命を預かる飼い主の責任です。
5年後、10年後の散歩などの生活シーンを想像してみてください。
犬と暮らす毎日はとても素敵なものですが、犬を理解せずに飼いはじめると悲劇がおこる場合があります。飼う前にきちんと情報を集めて検討してください。

*petioより引用させて頂きました。