◎十遍(じゅっぺん)読むより一遍(いっぺん)写せ=今日のことば(212)=H30.1.27(土)

◎十遍(じゅっぺん)読むより一遍(いっぺん)写せ=今日のことば(212)=H30.1.27(土)

日本のことば

ただ読むだけではなく筆写すると、よくわかり、よく覚えられるということ。読んだ時気がつかなかった細かい点なども、視覚だけによる記憶よりも、強い印象となるからであろう。

 

うさぎの飼い方 その2

image
うさぎの五感

◉視覚:目の見える範囲

ウサギの目は片方で180度前後が見えます。
両目を合わせるとほぼ360度見渡す事が可能です。
また光があまり無くても見えるようです。視力はあまり良くなく近くのものでもあまり見えてないようです。

◉聴覚:耳の聞こえ方

ウサギの耳は見た目も大きいですが、聞こえる範囲も広く遠くの音も聞き取る事が出来ます。
また左右の耳は別々に動かす事が出来るので小さい音でも聞く事が出来ます。
耳が良いため近くで大きな音を立てられると驚きます。ウサギの近くでは大きな音や声を出さないようにしましょう。

◉嗅覚:鼻のにおいの感じ方

ウサギの鼻は仲間のにおいや敵のにおいも感じれる程敏感な器官です。
鼻をヒクヒクさせて自分のにおいなどを判断します。ウサギの嗅覚は鋭いので、刺激の激しいにおいのするものは避けておきましょう。

◉味覚:舌の味の感じ方

ウサギは好きな食べ物嫌いな食べ物と判断する事が出来ます。舌が味を判断する事が出来る種類は8000種類あると言われています。
好きか嫌いかは判断できるのですが、食べてはイケナイ物までは判断できないようです。与えてはイケナイ危険な食物を与えないようにしましょう。

◉触覚:ヒゲで確認

ウサギのヒゲは暗い所を移動するときや通り道を判断する時に活躍します。
ウサギにとってヒゲはとても大事な物なので切ったり引っ張ったりしないようにしましょう。また体の表面は感じ方が鈍いようです。

*初心者のウサギ飼育法より引用させて頂きました。