自動車の未来予想

エネルギーを売る自動車メーカー

自動車メーカーは、もはやメーカーと呼ばれることを望んでいない。
「モビリティ企業」あるいは「エネルギー企業」が新しい呼び名だ。
なかでも、以前からグリーンエネルギーの推進に熱心なテスラは、ロサンゼルスオートショーの展示ブースで電気自動車(EV)だけでなく、同社のソーラーパネルや家庭用バッテリーも紹介していた。

この分野では、メルセデス・ベンツもホームバッテリーを展示した。
大きめの電子レンジをいくつか重ねたくらいのサイズで、光沢のあるプラスティックケースにバッテリーを収めてある。
太陽が出ている間にエネルギーを蓄え、夜間に利用するためのものだ。

自動車の未来予想

自分で所有せずに乗るクルマ

将来は、一般消費者がクルマを買う方法も変わってくる。
長期的には自分で所有せず、必要なときに街路で自動運転タクシーを拾うだけになるかもしれない。
だが、もう少し近い将来の話として、自動車メーカーは消費者が契約書にサインしやすくなる売り方を考えている。
ボルボは、小型SUVである2019年型「XC40」の発売に合わせて、このクルマのリースプログラム「ケア・バイ・ボルボ」も導入した。

毎月定額(約600ドル)の支払いをするだけで、あとは自動車メーカーが車両代金、保険、保守、整備と、ガソリン代以外のあらゆる出費をカヴァーするというこのサーヴィスは、まさに「ケアリング(面倒見がいい)」と言えるだろう。
また、Fairというスタートアップは、同社の自動車リースアプリを宣伝している。その特徴は、消費者がリース契約に36カ月間縛られることなく、いつでも契約を終了できることだ。

自動車の保管場所

車庫証明(自動車保管場所証明)は「保管場所法」という法律で義務づけられています。

手続きは保管場所がある地域を管轄する警察署で行いますが、車庫証明を取得するには、次の条件を満たしている必要があります。

・保管場所までの距離が車の保管場所(個人の場合は住所地又は居所、法人の場合は事務所の所在地)から直線距離で2km以内であること。
・道路からの出入りに支障が無いこと。
・保管場所に自動車の全てが収まること。
・保管場所を使用する権限があること。
・道路以外の場所であること(私有地であっても道路の用に供しているものは認められない)。

なぜ車庫証明が必要かというと、道路上にむやみに車両が駐車して、交通の妨げになることが無いようにするためなんだそうです。

また、なぜ2km以内なのかというと、登録地と実際の保管場所を偽る「車庫飛ばし」を防ぐ目的や、路上駐車を防ぐ目的などがあるんだそうです。

車庫証明を申請した後に、担当の方が確認にくることもあります。
その時に申請内容と異なる場合は処罰されますので、注意しましょう。

自動車の誕生 (1769~1886)

自動車が誕生したのは1769年。
日本はまだ江戸時代。
ヨーロッパでは馬車が人や荷物を運ぶ主な道具であった時代に、フランスで、ニコラ・ジョセフ・キュニョーにより、蒸気で走る自動車が発明された。
この初めての自動車 は、軍隊で使われる大砲運搬のために造られた重くて大きな車体で、スピードは10km/h以下だったといわれている。
このクルマは、走行実験中にハンドルを切り損ねて壁に激突してしまった。
言わば、世界初の交通事故を起こした自動車でもある。

その後、ワットが新方式の蒸気機関を開発するなどして技術が向上し、徐々に馬車の牙城を崩していく。
一方で、既得権を守ろうとする馬車業者などからの抵抗は大きく、イギリスで蒸気自動車を規制する“赤旗法”が制定されるなどの動きもあった。

電気自動車の歴史も、ガソリンエンジン車より古い。電池は1777年、モーターは1823年に発明されており、1873年にイギリスで電気式四輪トラックが実用化されている。
史上初の時速100㎞超えを達成したのは、なんと電気自動車だった。1899年にジャメ・コンタント号が105.9㎞/hを達成している。

蒸気で走る、自動車の誕生

自動車が誕生したのは1769年です。
その頃日本はと言えば、まだ江戸時代でした。

世界初の車は蒸気で走るタイプのもの。
さらに、世界初の「交通事故」を起こした車でもありました。