日産自動車

1933年日本産業株式会社と戸畑鋳物株式会社の協同出資により、自動車製造株式会社として設立されたのが始まりです。最初は人気ブランドだったダットサンと、自動車部品の製造・販売を行っていました。翌年の1934年に、日本産業の全額出資になったことから、日本産業を省略した日産自動車株式会社へと社名が変更になりました。

ホンダ

“技術のホンダ“と呼ばれる本田技研工業の社名は、創業者である本田宗一郎氏の苗字が由来しています。会社の設立は1948年、自転車用補助エンジンの製造から会社は始まりました。当初はバイクが中心でしたが、1963年には四輪へ進出します。また1970年には、アメリカでの大気汚染対策として制定されたマスキー法をクリアするエンジンを開発し、ホンダの名前は世界へ広がりました。現在も、独自性のあるホンダイズムに基づくクルマは人気を集めていますね。

トヨタ自動車

国内販売数でトップシェアを誇るトヨタ自動車は、創業者の豊田喜一郎氏の名前にちなんでつけられています。実は創業当時は「トヨダ」だったそうですが、1936年に行われた「トヨダ・マーク」の応募がきっかけで「トヨタ」になりました。「トヨタのほうがさわやか」「画数の縁起がいい」なんて理由もあるそうですよ。
トヨタ自動車の始まりは、豊田自動織機製作所内の自動車製造部門から。1937年にトヨタ自動車工業株式会社として独立した際に、現在の愛知県豊田市に工場を設立しました。豊田市の発展に大きく貢献したことから、豊田喜一郎氏は2001年に豊田市の名誉市民となり、豊田市役所に銅像が建てられています。

自動車衝突試験に使う車は自腹で購入だった!

自動車の実車を使った衝突試験の映像を見たことがある方も多いと思いますが、日本では独立行政法人の自動車事故対策機構が行っています。

たくさんの車を衝突させるためメーカーが提供したものを使うと思っていましたが、衝突試験を行うことは伝えず、一般人を装って普通のディーラーから車を購入しているそうです。

確かにメーカーが提供したものだと特別に細工されている可能性もあり、公平な試験にならないですよね。
一車種で複数の衝突試験を行うため、同一車種を3台購入するそうです。
買ってもらったディーラーはラッキーですね。

Mercedes Benzのエンブレム

スリーポインテッドスターという名前で知られるのが、メルセデス・ベンツのエンブレムです。

メルセデス・ベンツの前身であるベンツ&カンパニーは、1926年にダイムラー モトーレンと合併を行います。両社のエンブレムは、ベンツ&カンパニーが月桂樹の葉を配したもの、ダイムラーは環のないスリーポインテッドスターで、その2つを組み合わせた新しいエンブレムも考案されました。

スリーポインテッドスターは、世界で初めて内燃機関(エンジン)を製作したゴットリープ ダイムラーが、みずからのエンジンの飛躍を夢見て「陸・海・空」すべてにおける頂点をあらわしたマークだといわれています。

現在は、環にスリーポインテッドスターを合わせたエンブレムと、月桂樹の葉を配したエンブレムが、車種はボディ形状によって使い分けられています。