トカゲの種類は?

一口にトカゲと言ってもその種類は様々で、日本国内で飼えるトカゲだけでも数えきれないほどいるといわれています。トカゲ愛好家であれば、その中から自分好みのものなどを選りすぐってペットショップに探しに行く人も多いかと思います。

猿って何を食べるの?

猿を飼うにあたって、必要となってくるのが餌やりです。ペットとしての猿の餌は、最近では猿の種類別に市販されており、ショップやインターネットでも購入できるようになっています。種類にあったモンキーフードと、色々な野菜や果物、肉や乳製品などのたんぱく質やヒト用のシリアル、オートミールなどを取り混ぜてバランス良く与えてやる必要があります。

また、おやつとしてサル用のビスケットや犬猫用のビスケット、ヒマワリの種やピーナッツ、その他の種子類やナッツ類、穀物類、爬虫類店などで売られている昆虫なども適切です。猿は、食べ散らかしが多いので、一日に必要な量を2~3回に分けて少し多めにあげるとよいでしょう。

猿の寿命はどのくらい?

ペットとして飼われる猿の寿命ですが、種類によって異なります。野生のニホンザルの平均寿命は約25年で、長生きするものでは30年くらいと言われていますが、リスザル(コモンリスザル)やコモン・ マーモセットと言った、ペットによく飼われる種類の猿は10年~15年くらいが多いと言われています。

ただ、病気になった時に対応してくれる病院などが少ないため、病気にかかってしまうと短命になってしまうケースも多く、健康管理に気を付けることと、いざというときの頼れる病院を見つけておくことが長く付き合えるコツと言えるでしょう。

ヨーロッパには、サルが1種類しかいない。しかもそれは、人為的に移入された種である

日本にも野生のサルはニホンザルの一種しかいませんが、日本よりずっと広いヨーロッパにもたった1種類しかいません。

そのサルはバーバリーマカクと言う名前で、主に北アフリカに生息していますが、唯一ヨーロッパにもいるサルです。
またヨーロッパの個体は全て、「ジブラルタルの岩」におり、すべてイギリス海軍が人為的に導入した種です。

導入された個体がジブラルタルで繁殖して、この場所に定着するようになったのです。
現在のところ、ジブラルタルの岩にいる個体はたった230匹です。

ちなみにアメリカやカナダ、ロシアなどには、野生のサル自体がいません。
逆に、ブラジル、マダガスカル、インドネシア、コンゴ共和国の4つの国では、合わせて150種以上が生息しています。