犬の飼い方1

新しい環境に慣れさせるのが第一

犬を飼い始めた直後は、家族のかまい過ぎで子犬が睡眠不足になってしまうことがあります。
特に子犬を飼い始めてしばらくの間は環境が変わり、精神的・肉体的ストレスが重なって最も体調を崩しやすい時期。
単純な疲れが原因であった場合も、対応が不充分だと重症に陥ることもあるので注意が必要です。
犬を迎えてしばらくは、環境に慣れさせることを第一に考えて、寝ている時は邪魔をせずたっぷり眠らせてあげましょう。
子犬が自分から寄ってきた時は優しくなでて、安心させてください。

*Petioより引用させて頂きました。

犬の飼い方(犬を飼える環境かどうか)

まず必要なのが、経済的な余裕。
犬を飼うのもタダではありません。
まず考えられるのが日々のフード代から各種予防接種、必要な犬種であればトリミングなどのお手入れ、そして万が一の場合の医療費。
考えられるだけでもこれだけの費用が必要になってきます。
愛情だけでは解決できない部分もありますので、ここは現実的にしっかりと考えたいところです。

次に住宅環境。犬を飼っても良いお住まいでしょうか?
飼育したい犬のサイズに対し、飼育スペースは見合っているでしょうか?
引越しの予定はありませんか?
時々、賃貸物件などでこっそりと飼育してみたものの、結局はバレてしまい犬を不幸にしてしまう結果になった…なんていう話を聞きます。
こういったことのないように、ご自身の住宅環境もしっかりと見つめ直してみてください。
そして、飼い犬のために自分の時間を割くことはできますか?

犬は、長時間ほったらかしにしておくことができない生き物です。
お留守番の限界は7〜8時間という説もあり、仕事などでほぼ家に人がいないお宅での犬の飼育は不向きといえます。
犬のお世話をするためにお仕事の後の夜遊びも控えなければいけないかもしれませんし、気軽に外泊することもできなくなるかもしれません。
急な病気でその日の予定が変わってしまうことも。
こういったことが可能でしょうか?
これは犬の成長過程で不可欠な人間との信頼関係にも関わってきますので、留守がちなお宅では犬の飼育はしないほうがお互いのためとも言えるでしょう。

また、犬を飼うことについて家族全員の同意があるかどうかも大切です。
特に世話をすることになる可能性が高い人はもちろんのこと、誰かが乗り気でない場合愛犬がトラブルのきっかけになって家族の不和を招くことも少なくありません。
誰か一人の「飼いたい」という気持ちを大切にすることもいいですが、強引に推し進めることはせず全員が納得する形で犬を迎え入れるようにしましょう。

*わんちゃんホンポより引用させて頂きました。

犬の飼い方(犬をお迎えする前に)

新しい家族=犬をお迎えする時は、新しい出会いに誰でもワクワクするものですね。
どんな子がいいか、様々な理想や憧れはあるかと思いますが、まず大切なのは「自身が犬を飼育できる環境にあるかどうか」を見つめ直すことです。
犬を飼育するのもタダではできませんし、一緒に生活するためには様々な条件や覚悟が必要です。

*わんちゃんホンポより引用させて頂きました。

くるまでの節約上手は環境にとっても優しいんです!

<<節約と環境に優しいことは両立できるのでしょうか?>>
くるまで環境にいいことを少しづつコツコツ続けると、経済的にもとってもお得です。
くるまの運転の仕方しだいで、CO2の排出量と燃費が変化します。
一人ひとりのちょっとした心がけで、節約にも繋がり環境にも優しくなれるのです。

では・・・

<<どれくらい節約できるのでしょうか?>>
くるまの車種などによって異なりますが、例えば、1ヵ月のガソリン代が15,000円で1リットルあたりのガソリン代が150円、平均燃費が10km/Lと仮定します。
この条件で1ヵ月あたり燃費を1km/L向上させるとすると、月々のガソリン代が約1,000円も節約できることになります。
これを1年に換算すると、凡そですが10,000円以上もお得になり、文字通りお財布にも環境にも優しいと言えるでしょう。

YKXA006600

<<CO2を削減して燃費を向上させよう!>>
走行中のCO2排出量を減らせば、お金の節約ができることに加え、環境にも優しくなれます。
くるまの運転中は、発進・停止など走行パターンや道路状況に応じた運転を心がけましょう。

222222

<<運転のアドバイス>>
●くるまの発進時
急発進は避け、アクセルは出来るだけゆっくり踏み込みましょう。
急発進は、燃費が悪いだけではなく危険です。

●くるまの停止時
予め止まる位置を予測しながら、足を早めにアクセルから離しブレーキ操作に移行しましょう。
エンジンブレーキを使用することで、無駄な燃料消費を削減できます。

★★ドライブを楽しみながら、お財布にも環境にも優しいエコドライバーでありたいですよね!!★★

333333