フェネックを飼う

ズートピアというディズニー映画でも注目を浴びたフェネック。狐のような大きな耳が特徴的な愛らしい動物です。
動物園でも見ることができますが、まさか自宅でペットにすることができることを知っている人は少ないのではないでしょうか。
犬や猫を飼う時と同じように、ケージ、食器、飲み水用の食器、トイレを用意すれば大丈夫なのであまり大掛かりなことは何もありません。
動きが活発で毎日かかさず運動させる必要があるので、比較的時間に余裕がある人にオススメです。
また、警戒心がとても強いので懐いてくれるまでに時間がかかります。食事はドックフードで大丈夫。
おやつは野菜や果物です。1匹100万円程度で購入することができますが、動物病院などでもフェネック専門で診てくれるところが少ないので、飼う前に下調べをしておくと安心です。

珍しいペット その9

image
アフリカヤマネ

基本的に日本にいる種類のヤマネは天然記念物とされているため、飼育をすることはできない。
現在はこのアフリカヤマネをはじめ、数種類のヤマネが輸入されており、こちらがペットとして飼育されている。
飼育は難しくなく、ペアで飼育すると簡単に繁殖する場合が多い。

*珍しいペット大集合より引用させて頂きました。

珍しいペット その8

image
パンダマウス

パンダマウスは元々江戸時代に愛玩用として飼育されていた品種である。
改良された段階で、普通のマウスよりさらに小型化している。
ペットとしてはハムスターなどには知名度では遠く及ばないが、小型で愛らしので人気がある。

*珍しいペット大集合より引用させて頂きました。

珍しいペット その7

image
ピグミージェルボア

ピグミージェルボアは、一般的に”バルチスタンコミミトビネズミ”を指す。
ユニークな見た目と可愛らしさから、ペットとして輸入されるようになった。
流通してからまだ浅いこともあり、詳しい生態や飼育方法などが、はっきり確立されていない。

*珍しいペット大集合より引用させて頂きました。

懐かしい車 その2

image
スバル アルシオーネSVX

「国際水準の本格グランドツアラー」を目指したスバルのフラッグシップで、1991年にデビュー。
スバル初のスペシャルティーカーとして登場した先代が、個性的ではあるが質感に乏しいボディーをまとっていた反省から、スタイリングはジウジアーロに委ねられた。