子猫を迎える準備をしよう!

昔は放し飼いが多くみられましたが、交通事故や伝染病など危険が多い現代では室内飼いがおすすめです。
猫が快適に暮らせる環境を整えることができれば、室内だけでも充分心地よく暮らせます。
外の景色が見える窓、高いところで休めるスペース、ひとりで隠れることができるスペースなどを想定して部屋作りをしましょう。
子猫は好奇心旺盛でとても身軽ですから、走り回ったり、ジャンプしたり、いろんなところに登ったりします。
あらかじめ、壊れやすいものは片付け、倒れやすいものは固定して、事故のないように対策をとっておきましょう。

*Petioより引用させて頂きました。

猫を選ぶ時の注意点

純血種の場合はそれぞれ特性があり、性格に違いがあります。
活発なタイプや温和でのんびりとしたタイプもいるので、あらかじめそれぞれの特性を参考にして選ぶようにしてください。
特に長毛種の場合はきちんとしたグルーミングが必要ですから、毎日その時間を持てるのかどうかも選ぶポイントとなります。
また、捨て猫の場合は病気や虚弱体質の可能性もあるので、保護した捨て猫を新しい家族として迎える場合は、早めに動物病院の診察を受けて、必要な場合は治療を施してもらいましょう。

*Petioより引用させて頂きました。

猫に出会う方法

新しい家族となる猫と出会うには複数の方法があります。
購入する場合は動物取り扱い業の登録がされ、きちんと動物に配慮した管理をしているところを選びましょう。
純血種ならばペットショップや動物の繁殖を行っているプロであるブリーターから購入できます。
猫種にこだわらないのであれば、動物保護施設や民間の動物愛護団体などから入手する方法もあります。
このような施設から入手する場合は室内飼いや去勢・避妊処置などが条件になっている場合も多くなっています。
さらに知人などから入手し里親になるケースや、捨て猫を拾うというケースも多くあります。

*Petioより引用させて頂きました。

猫を迎える心構え

猫は健康で安全な環境だと比較的長く生きる動物で、なかには20年前後生きる長寿の猫もいるため、飼うには一生の面倒をみる覚悟が必要になります。
食事はもちろん、排せつ物の処理、安全管理、病気の予防、避妊・去勢など、すべてが命を預かる飼い主の責任です。
猫との暮らしはとても素敵なものですが、安易な気持ちで飼い始めると悲劇がおこる場合があります。
飼う前にきちんと情報を集めて、 検討することをおすすめします。
また、放し飼いにしてしまうと近所で排せつするなど迷惑になるので、 室内飼いにするなど、トラブルにならない飼育を心掛けましょう。

*Petioより引用させて頂きました。

多頭飼いの場合は注意が必要

猫を多頭飼いしている場合には、一匹の猫が猫風邪をひいてしまうと、その猫の鼻水や唾液にほかの猫が触れて感染する可能性があります。そのため、一匹でも猫風邪をひいてしまった猫がいる時には、猫風邪の症状が治まるまではケージから出さないなどして隔離し、治療に専念させてあげてください。

このように、猫が鼻水の症状にならないようにするためには、猫の生活環境を適切な温度・湿度に保つことが大切です。また、空気清浄機を利用したり、こまめに換気を行ったりするなど、空気をきれいにしておくことを心掛けましょう。恒常的な鼻水が出ている場合には、水分を多めに補給させます。同時に、鼻水の状態やそのほかの症状が出ていないかをチェックしましょう。食欲の低下がある時は、何かしらの病気を患っているサインですので、症状が悪化する前に獣医師に診てもらいましょう。

*PECOより引用させて頂きました。