犬の飼い方

犬を選ぶ時の注意点

自分たちの望むペットライフを想像して、それに合った犬を選ぶことが第一です。
例えば、ドッグスポーツを楽しみたいのならば、活動性の高い犬種を。
もちろん、飼い主側も犬に十分な運動させる時間と体力が必要になります。
また、集合住宅や住宅密集地で飼うのならば、テリトリー意識が強くなく、あまり吠えない犬種が良いかもしれません。
純血種は人間が目的をもって作りだしているので、犬種にそれぞれ特性があります。
ルックスだけにとらわれず、長所と短所を理解した上で犬種を決めましょう。
また、同じ犬種でも子犬によって支配的なタイプやひっこみ思案など性格はさまざま。
極端な性格でない方が初心者にはおすすめです。

犬の飼い方

犬を迎える心構え

犬の寿命は犬種によってもさまざまですが、健康で安全な環境だと比較的長く家族として暮らせる動物です。
犬を飼うということは、その犬の面倒を一生みるということ。
食事はもちろん、散歩や排せつ物の処理、しつけ、安全管理、病気の予防などすべてが命を預かる飼い主の責任です。
5年後、10年後の散歩などの生活シーンを想像してみてください。
犬と暮らす毎日はとても素敵なものですが、犬を理解せずに飼いはじめると悲劇がおこる場合があります。飼う前にきちんと情報を集めて検討してください。

犬の飼い方

犬に出会う方法

犬の入手には、ペットショップやブリーダーから購入する、一般家庭で産まれた子犬を譲り受ける、動物保護施設から引き取るなどの方法があります。
純血種の子犬を入手するのなら、信頼のおけるプロのブリーダーから購入し、親兄弟の犬たちとふれあいの時間をたっぷり持たせ、生後8週間(約2カ月)ぐらいの時期に引き取るのがおすすめです。
しかし、なかには犬を命ではなくモノとして扱う悪質な業者がいるのも事実。
衝動買いをせずにじっくり調べて、実際に足を運んで決めましょう。

犬の口の中の秘密

歯は、上アゴに20本下アゴに22本あります。
本数は、小型犬も大型犬も同じ本数ですよ。