自転車が右側通行を出来るのは歩道だけ?

自転車が車道を走る際は左側通行です。そして、路側帯(白線1本)がある場合には路側帯を通行出来ます。この路側帯でも左側通行になります。
違反者には罰則もあり3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となります。

しかし、歩道では右側通行も可能ですが、道路標識で自転車も通行して良いとなっている場合のみ通行可能です。
ちなみに歩行者専用路側帯(白線2本)では自転車は通行出来ません。

車を運転していると未だに路側帯を逆走している自転車がいて怖い思いをする事がありますが、次第に少なくなっていくでしょう。

歩道のマウントアップはなぜ?

通常、歩道は車道に比べて高くなっていること、みなさんご存知でしたか?
歩道等が車道に比べて高く(マウントアップ)なっているのは以下のような理由によるものです。

歩道と車道の区別が明確になる
歩行者の視線が高くなり、車両と歩行者の相互の確認がしやすくなる
雨水が住区内に浸入しないようにする
進行方向を誤り車道外に逸脱した車の進行方向を復元し、又は車の速度を低下させる
また歩道の横断勾配については、路面に降った雨水を排水するため、一般的には2%の横断勾配を付けることとしています。

歩道のマウントアップはなぜ?

通常、歩道は車道に比べて高くなっていること、みなさんご存知でしたか?
歩道等が車道に比べて高く(マウントアップ)なっているのは以下のような理由によるものです。

・歩道と車道の区別が明確になる
・歩行者の視線が高くなり、車両と歩行者の相互の確認がしやすくなる
・雨水が住区内に浸入しないようにする
・進行方向を誤り車道外に逸脱した車の進行方向を復元し、又は車の速度を低下させる

また歩道の横断勾配については、路面に降った雨水を排水するため、一般的には2%の横断勾配を付けることとしています。