煽り(あおり)運転の定義とは?

あおり運転(煽り運転)とは、他の車に対する嫌がらせ運転のことです。
例として、以下の行為があおり運転に該当します。

・前方車両に対して、衝突するような距離まで車間詰め、道を譲るよう強要する。
・前方車両を猛スピードで追い回す。
・ハイビームやパッシング、クラクション、幅寄せ等の行為で他車を威嚇する。

以上のような脅し行為のほか、慰謝料などの賠償金を狙って故意に事故を起こす「当たり屋」も煽り運転と一括りにされています。
ドライバーが軽率にこのような行動を取ったことにより、煽られた車が事故に遭うことはもちろん、第三者が巻き込まれ二次災害となっているケースも多々見られています。

煽り(あおり)運転は迷惑極まりない危険行為!

みなさんは、煽り(あおり)運転を受けたことはありますか?

法定速度を守るスピードが比較的遅い車などに対し、執拗に車間距離を詰めるなどして嫌がらせをする「煽り運転」は、死亡事故にも繋がる「迷惑極まりない危険行為」であり、同時に法律違反です。

凍ったフロントガラス、熱湯かけると危険? 効果的な除去方法は

真冬の朝などには、屋外に停めていたクルマのフロントガラスに霜がびっしりつくことがあります。
お湯をかけて溶かそうと考える人もいるかもしれません。
しかし、この方法は危険だといいます。

フロントガラスにお湯をかけてはいけないのはなぜでしょうか?

割れる可能性があります。
すぐに溶かしたいと熱湯をかける人もいるかもしれませんが、ガラスは急激な温度変化に弱いものです。
なかでもクルマのフロントガラスは面が大きく厚みがないので、割れやすいといえます。
たとえば、飛び石などで少しダメージを受けているようなガラスに熱湯をかければ、そこからピキピキと、ひび割れが全体に広がる可能性があります。

効果的な除去方法はどのようなものでしょうか?

液体やスプレータイプの解氷剤を使って落とすことでしょう。
スクレイパー(へら)を使ってこそげ取っていくのも一般的です。
この方法は、傷がつくなどの理由で避ける人もいますが、最近ではメガホン型のスクレイパーなど、やりやすさを考慮したものもあります。

リモートコントロール犬とは?

最近は、危険な状況の捜索犬として、活躍する場面が多いですが、リモートコントロールされた犬とはどんな犬?
GPSを用いた犬を遠隔操作するためのハーネスを装着した犬です。