犬があくびをする理由は「眠い」以外にもある

人間と犬のあくびの違いに関する雑学をご存知ですか?人間は眠いときにあくびをしますが、犬があくびをするのは「ストレスや不安を抱いているから」ともされています。
特に、見知らぬ犬や人に出会ったとき、いつもと違う環境に置かれたときなどに、緊張をほぐすために行うそうです。
また、叱られているときや他の犬に吠えられたときにするあくびは「カーミングシグナル」と呼ばれ、敵意がないことを相手に伝えるサインとされています。

最初に人間が犬を飼うようになったのはいつのこと?

人間が犬を家畜として飼うようになったのは今から約1万年前~3万円前の石器時代だと言われています。
このころはまだ犬というより狼でしたが人間は狼を飼いならし狩に同行していたようです。
石器時代の遺跡には家畜化した狼、つまり犬の祖先のお墓も残っていて、仲間として大切に扱われていたことが分かります。

人と動物の関わり

私たち人間の生活は今も昔も、多くの動物たちの暮らしと関わってきました。
人と動物との関係を考えるとき、動物は大きく2つにわけることができます。
1つ目は、自然に山野で生育する野生動物です。
そして2つ目は、繁殖、給餌などを人間の完全な支配下におかれた家畜です。
さらに家畜のなかでは、人の共同社会の経済的利潤を目的として飼養されてきた牛、豚、鶏といった産業動物と、家庭で飼育される愛玩動物(ペット)とに分類できます。

<共生の始まり>
人と動物の共生で最も古いのは、犬の祖先であるオオカミとの共生で、約3万年前にはじまったと考えられています。
これは、オオカミが人から食物をもらい、人の住居に近づく他の猛獣に対し吠えるという、お互いにほぼ対等に利益のある共生関係でした。
この関係は、その後家畜化された犬が人の狩猟を助けることでさらに強まっていきます。
人間の身近な動物は、羊は1万2000年前、山羊は1万年前、牛や豚は9000年前、馬、鶏は5000年前、ロバ、ラクダもそれに近い頃、それぞれ家畜化が始まったとされています。

<犬の歴史>
なかでも犬は家畜として長い歴史を持ち、旧石器時代末期の北イスラエルの遺跡で発見された犬の遺骨は、約1万2000年前にさかのぼるものだといわれてきました。
ここでは、人と犬がともに埋葬された形跡があり、両者の絆を物語るように、人の腕が犬の肩に置かれていました。
その後も、より古い化石が次々と発見されています。
イエイヌ(Canis Familiaris)となった犬の遺骨は、ロシアやアメリカ、ヨーロッパなどから発見されていますが、西アジア周辺から発見されたものが多いので、犬の家畜化はこのあたりで始まったものと考えられています。
その後、人間が選択的繁殖を行い、現在では400種以上にのぼる品種が作られており、猟犬、牧羊犬、番犬、軍用犬、警察犬、盲導犬など、多くの用途に使われています。
日本における動物との関わりにおいては、約1万年前の縄文時代に犬が唯一の家畜として、縄文人と共に広く生存していたのが始まりと考えられています。
その後、6〜7世紀には支配階級の猟犬、番犬の役割を担っています。
徳川政権成立期頃、諸大名で西洋種大型犬を飼育する例がよく見うけられたのは、猟犬として、番犬として、あるいは権威を誇示するためでした。
江戸時代中期、5代将軍綱吉の『生類憐れみの令』は歴史上有名なものです。
これは1685年(貞享2年)7月14日、「将軍御成の際 犬猫を繋ぐには及ばず…」と出されたものが始まりといわれ、その後20余年にわたり、次々と法令が出されていきます(表のとおり)。
1697年(元禄10年)当時、幕府が設置した中野・大久保の犬小屋に収容された犬は、4万8000頭程度で、その他野犬なども含めると100万近い人口の江戸で、犬の数は1割を超えていたといわれています。
また江戸時代後期には、小型犬の狆(チン)が室内犬として珍重され、江戸の町では狆専門の獣医もいたといいます。

<猫の歴史>
犬と並んで愛玩動物として代表的な猫は、家畜化されたのは約4000年前のエジプト時代にさかのぼりますが、それがエジプト以外の地域に流出したのは紀元後のことです。
日本に入ってきたのは、奈良時代初期か、その少し前のことであろうとされています。
その後、支配者層の、とくに女性たちの間で、愛玩動物として飼育され、次第に繁殖するにつれ、一般へと広がっていきました。

<その他の動物>
金魚、小鳥、鈴虫といった他の小動物も、近世の日本ではひろく飼育されています。
金魚は室町時代に中国より渡来し、当初は貴重で高価であったため、支配階級や富裕層で観賞される対象でしたが、江戸中期の元禄時代になると上方や江戸といった都市では、一般大衆の間で飼育が大流行しています。

<日本の動物観>
戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、布教のため来日していた、イエズス会宣教師のルイス・フロイスは1585年、当時の日本の風俗とヨーロッパの風俗とを比較した『ヨーロッパ文化と日本文化』を著しました。
そのなかで、「われわれの間では人を殺すことは怖ろしいことであるが、牛や牝鶏または犬を殺すことは怖ろしいことではない。
日本人は動物を殺すのをみると仰天するが、人殺しは普通のことである。」と、日本とヨーロッパの文化の違いを克明に指摘しているように、多神教、仏教思想や農耕生活の影響から、日本では独特の動物観が形成されてきました。

<愛玩動物の飼育>
愛玩動物の飼育とは、先進国の人々の生活が豊かになることによってもたらされた新しい現象ではなく、貧富の差、年齢、性別、人種や社会の発展とは関係なく、あらゆる人間に人気のある広範囲にみられる、人間社会に深く根ざした現象といえるでしょう。
しかし、珍しい愛玩動物に費用をかけるというのは、基本的には一部の富裕層にすぎませんでした。
人と動物の関係は、時代により違いはありましたが、日本では欧米文化が入ってきた明治時代以降、一般の人々が飼育するというスタイルが生まれたといえます。
動物と暮らす長い歴史を持ってきたことは、そこに生活の必要と価値を見出してきたからであるといえます。
現代の日本における動物の飼養は、食用などのための畜産動物として、伴侶動物として、使役動物として、ステイタスシンボルとして、投機的財産として、医学等の研究のため、観光、興行等のため、社会福祉などのため、とさまざまな目的があります。
動物を飼育するという動機は、以前は明らかに、人間に実益をもらたすことであったのが、現在では精神面からの欲求からという場合が増えており、いろいろな理由から動物と暮らすことが生活の中に非常に求められる時代となってきています。

*「ペット研究会」様より引用させて頂きました。