ホンダN-BOXの名前の由来

ホンダの軽自動車のなかでも名車として語り継がれる「N360」の「N」にこめた新時代を築く四輪車という想いを受け継ぎ、新しい次の日本の乗り物を創るという強い想いを、NEW、NEXT、NIPPON、NORIMONOの頭文字から「N」を共通のネーミングワードとし、ホンダの軽ブランド復権を強く意志表明したそうです。N BOXは登場後大ヒットとなり、名前に込められた新しい次の日本の乗り物として認知されつつあります。往年の名車「N360」に負けない名車になる予感がします。

ホンダのエンブレムの由来

そのまま「HONDA」の頭文字から「H」を採用しています。
しかし良く見ると「H」の上方が横に広がった特徴的なロゴマークをしており、これは自動車のハンドルを意味しているとされています。また、ホンダは四輪車と二輪車でロゴマークを使い分けており、二輪部門では翼をあしらったマークを採用しています。どちらも赤の英語表記で「HONDA」と表記されています。

ホンダN-BOX

ホンダの軽自動車のなかでも名車として語り継がれる「N360」の「N」にこめた新時代を築く四輪車という想いを受け継ぎ、新しい次の日本の乗り物を創るという強い想いを、NEW、NEXT、NIPPON、NORIMONOの頭文字から「N」を共通のネーミングワードとし、ホンダの軽ブランド復権を強く意志表明したそうです。N BOXは登場後大ヒットとなり、名前に込められた新しい次の日本の乗り物として認知されつつあります。往年の名車「N360」に負けない名車になる予感がします。

ホンダ

“技術のホンダ“と呼ばれる本田技研工業の社名は、創業者である本田宗一郎氏の苗字が由来しています。会社の設立は1948年、自転車用補助エンジンの製造から会社は始まりました。当初はバイクが中心でしたが、1963年には四輪へ進出します。また1970年には、アメリカでの大気汚染対策として制定されたマスキー法をクリアするエンジンを開発し、ホンダの名前は世界へ広がりました。現在も、独自性のあるホンダイズムに基づくクルマは人気を集めていますね。

ホンダ 新型 Baby NSX S2000 後継車 2.0L直4VTECガソリンターボ 最高出力350ps 創業70周年記念車 2018年発売!!

image
S2000は、ホンダの創業50周年記念車として1998年に発表したモデル。

2シーターのFRオープンスポーツカーで、2.0L直列4気筒ガソリンエンジンは、当時の自然吸気エンジンとしては
驚異的な最大出力250ps。
後期型はトルク重視の2.2Lとなり、最大出力は242ps。

2009年8月に生産を終了した。

そして2014年5月27日に米国特許庁に謎のスポーツカーと思われるモデルのデザインを登録!
S2000の可能性が非常に高い。

新型のS2000のエンジンは『シビックタイプR』用の2.0L直列4気筒ガソリンターボを、
最高出力350psレベルまでパワーアップして搭載するのではないかと言われている。

2.0L 直列4気筒ターボエンジン+モーターのSH-AWD(Super Handling All-Wheel Drive)搭載モデル
最高出力は400psとなる仕様も発売されると言われている。

発売が決まっている新型NSXの小型モデルともいわれており

名前も「Baby NSX」と言われている。

もちろん駆動方式はFRでオープン2シーターである。

S2000の価格は400万円前後ではないかと言われている。

新型NSXが2015年初頃でS660が2015年後半

S2000の発売は生産中止になってから7年後となる2016年後半頃から2017年初頭になるだろう。

また、スバルのSTIシリーズの用に各車種にタイプRモデル構想がある様子で、新型S2000 タイプRモデルの噂もある!!

ライバルは日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016 ワールド・カー・アワード2016 (世界・カー・オブ・ザ・イヤー) を受賞した
マツダ ロードスターだ!!

ホンダはS660もベスト10に選ばれていたが、得点で差が開き2位となった・・・

S2000を販売し、是非ホンダの1位を目指してもらいたい。

*最新自動車情報2016より引用させて頂きました。