蛇の種類は?

蛇は、世界で見れば3000種類もおり、南極大陸以外には生息するかなりメジャーな生き物になっています。また、日本の中には、36種類ほどの蛇が生息していると言われています。毒をもつものは、全体の25%と言われており、その他は比較的安全と言えます。蛇をペットとして飼うのであれば、比較的小さくておとなしい品種がおすすめになっています。

蛇をペットショップで買う値段は?

いざ、蛇を飼うとなると、ペットショップでの購入となるのですが、どれくらいの値段で売っているのでしょう。ペットとしておすすめの蛇は、大体1万円から2万円くらいで売られていることが多く、他のペットなどと比較してみても、比較的手ごろに購入できます。ただし、同じ品種であっても柄などが珍しいものなどになると20万円などという値段がつけられていることもあり、幅は広いと言えます。ペットスネークにはそれぞれに見た目・性格ともに個性があるので、値段だけではなくその蛇の特徴が自分と合っているのかを考えて購入することが、その後の長い生活を良いものにする秘訣と言えるでしょう。

蛇の寿命はどれくらい?

初めてヘビを飼ってみようと考えている人は、コーンスネークやポールパイソンなど小さな蛇がおすすめです。コーンスネークは、10~15年、ポールパイソンは20年と言われています。また、アオダイショウなど短いもので10年前後、ニシキヘビにおいては、25年~30年と非常に長く、ペットとして飼うのなら、一緒に生活する期間が長いものがいいでしょう。ただし、蛇には、治療法が確立されていない病気がたくさんあります。変温動物のヘビにとっては、気温の変化に体温がついていけないので、湿度や温度の管理などに気を付けることや、脱皮不全に気を付けることで病気を防ぐことができます。

蛇ってどんな動物?

古代エジプトでは王権のシンボルでもあった蛇。蛇は、生物学上は、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目に分類される爬虫類の総称で、南極大陸を除く全大陸に生息しています。目と耳は悪いのですが、皮膚感覚が敏感で、味覚が鋭く、舌はにおいも察知できます。エサはネズミなどを好み、丸呑みするのが特徴です。蛇は丸くてつぶらな瞳と、寿命は15~30年と長く一緒に生活できる年月が長いこと、無臭・無音であることから、最近ではペットとして蛇を飼う人が増えています。1度食事を摂れば、数日間食べ物いらずで食費もあまりかからないのも魅力の一つです。

蛇が人気!

古くから神秘的な動物とされてきた蛇。毒蛇など怖いイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、実は近年、ペットブームの中、蛇をペットとして飼う人が増えてきました。実は蛇は、犬や猫と違って鳴かないため、静かな動物です。散歩などの手間もかからないことや、餌も頻繁には食べないので餌代などもあまりかかりません。そして長生きなので、一緒に過ごす時間が長いことなど、ペットとしての魅力が多い生き物でもあります。よく見るとつぶらで可愛らしい目をしていたり、じっくりと付き合うことで飼い主になついてくれたりと可愛い一面もあり、蛇の魅力に引き付けられる人もたくさん出てきています。