犬のトリミング料金の目安

トリミングの料金は、犬の大きさなどによって大きく異なります。サロンによって料金はまちまちですが、小さな犬ほど料金が安い傾向があり、大きな犬種になればなるほど料金は高額になります。

チワワやポメラニアン、シーズーなどの小型犬は4,000円~6,000円、中型犬で7,000円~9,000円、大型犬では10,000円以上かかる場合もあります。行く予定のペットサロンの公式サイトなどを事前にチェックし、自分の犬の犬種の場合はどれくらいの料金がかかるかを把握しておきましょう。

PETPET様より引用させていただきました。

犬のトリミングでしてくれること

トリミング自体は伸びてしまった犬の毛をカットすることを指しますが、多くのペットサロンではカットの他にもさまざまなサービスを行っており、セットコースとして飼い主さんに提供しているところが多いです。トリミングを行うペットサロンでできることについて詳しくお伝えします。

●トリミング
トリミングでは、全体的に被毛をカットして見た目を整えます。また、足の裏の毛を短くカットしてフローリングの上を歩いても滑らないようにしたり、肛門周りの毛を短くカットして排泄の時に汚れにくくしたりするなど、毛が伸びていることが原因で犬の日常生活を妨げることがないようにすることもトリミングの大切な役割です。

●シャンプー
ペットサロンでは、トリミングと一緒にシャンプーなどのグルーミングを行ってくれるセットコースがあるところも多いです。自宅でシャンプーをすると準備から乾かす作業までをすべて自分で行わなければならないのでかなり大変ですが、そうした作業をすべてお任せできるので非常に楽です。

プロが丁寧にチェックしながらシャンプーしてくれるので、ノミやダニなどの早期発見につながる場合もあります。経済的に余裕がある方は、シャンプーまでやってもらえるコースを選ぶのがおすすめです。

●爪切り
自宅で行う犬の体のお手入れの中でもかなり苦戦するポイントは、爪切りではないでしょうか。子犬のころから爪切りに慣れさせている犬であればそれほど怖がらずに身を委ねてくれますが、犬によっては暴れて爪を切らせてくれないこともあります。どうしても自分で爪切りが上手にできないという場合は、サロンのサービスを利用してプロの方にお願いしましょう。

●肛門腺絞り
犬の肛門付近には、肛門腺や肛門嚢といった器官があります。これは、犬が人に飼われることなく野生で暮らしていた頃に、肛門から悪臭を噴射することで外敵から身を守ったり、自分のテリトリーを示すときに使われていた器官です。

通常は排便時に自然と排出されるものですが、犬種や年齢によっては自力で肛門腺からの分泌液を排出できない犬もいます。分泌液が排出されないままになっていると肛門嚢が炎症を起こしてしまうこともあるので、定期的に肛門腺絞りを行って分泌液を排出する必要があるのです。

サロンによってはこの肛門腺絞りまで行ってくれるところもありますので、トリミングのついでに頼んでみてはいかがでしょうか。

この他にも、耳掃除や歯磨き、スパサービスなどを行ってくれるペットサロンもあります。自分ではなかなかできなかった犬の体のケアをしてもらう絶好の機会ですので、有効に活用しましょう。

PETPET様より引用させていただきました。

カメレオンを飼う

マニアの間で人気なのがカメレオンです。様々な種類がいますが、特にエボシカメレオンという種類がペットとして人気です。
ご飯はコオロギやハエなどの生きている虫を食べます。とても警戒心が強く、少しのことでストレスが強くかかることがあるので注意が必要です。
見た目の色が変わるので楽しめるのと、そののんびりした動きと独特の表情がたまりません。1匹1万円台で購入することができます。
飼育に必要なものは大きめの水槽、温度管理できる器具、登り木など。登り木に掴まってじっと目を閉じているのを見ると、こちらまで時間が止まったようなゆったりとした気持ちになれます。

フェレットを飼う

大きさが手ごろでつぶらな瞳が可愛いということからペットにしている人が多いフェレット。運動が大好きなので、普段はお部屋の中を自由に動き回れる環境が必要です。
秋から冬にかけて人間界で流行するインフルエンザに感染してしまうことがあるので注意が必要です。
ワクチンと予防接種を受ければ、リードを付けて外をお散歩することもできます。
飼育に必要なものはゲージ、トイレ、トイレ用の砂、食器、飲み水用の給水機など。1匹5万円程度で購入することができます。
ニンニク、たまねぎ、ネギなどのネギ系の植物はフェレットにとってとても毒になるので絶対に与えないようにしてください。
フェレット用の専用フードがペットショップやホームセンターに置いてあるのでご飯にしてください。

カワウソを飼う

猫カフェ犬カフェと並んで人気のカワウソカフェ。カフェでそのあまりの可愛さにメロメロになり、自宅でも飼ってみたいと思う人は多いのではないでしょうか。
動物園や水族館でも見ることができますが、自分だけのペットにできたら嬉しいですよね。カワウソは毎日水遊びをさせてあげなくてはいけません。
少し大きめのゲージ、食器、飲み水用の食器、水遊び用のタライなど、トイレ、おもちゃなどが必要です。
カワウソは他の動物と比べても知能が高いので、トイレを覚えてくれます。とても綺麗好きなので、ゲージの中やトイレはいつも清潔に保ってあげないとストレスが溜まって具合が悪くなってしまうこともあります。
綺麗好きで掃除がマメにできないと飼育は難しいかもしれません。1匹70万円程度で購入することができます。ご飯はキャットフードや魚などを食べます。毎日の水浴びでかなりの水道代がかかることを覚悟しましょう。