水球競技選手権大会「かしわざき潮風カップ」

水球競技選手権大会「かしわざき潮風カップ」

 第5回目となる水球ジュニア日本一を決定する「かしわざき潮風カップ」が開催されます。大会には、男子16チーム、女子12チームが参加します。柏崎からはブルボンウォーターポロクラブ柏崎が参加します。

 今大会は、昨年12月に国際水泳連盟(FINA)が改訂した新ルールを適用する初の国内公式大会です。

「無料イラスト ...」の画像検索結果大会日程 3月17日(日)~21日(木・祝)

[開会式] 3月17日(日) 午後6時~7時  会場:市民プラザ波のホール

[競技会] 3月18日(月) 午前8時30分開始 会場:柏崎アクアパーク

ブルボンウォーターポロクラブ柏崎 試合日程

[女子] 対 千葉県選抜 3月18日(月) 午前10時30分~

[男子] 対 岩手県選抜 3月18日(月) 午後4時50分~

行事

柏崎にドナルド・キーン記念館 9月に開設 新潟

日本文学研究者で米コロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさん(91)の魅力を伝える記念館「ドナルド・キーン・センター柏崎」が、9月21日に新潟県柏崎市に開館することが決まった。米ニューヨークにあった書斎を復元展示し、作品や業績などを紹介する。

同センターは、菓子メーカー、ブルボン(柏崎市)の統合研修センターの一部を改修して開設。公益財団法人ブルボン吉田記念財団(理事長・吉田康ブルボン社長)が運営する。入館料は大人500円、中高生200円。JR越後線東柏崎駅から徒歩約5分。

センター開設は、中越沖地震の際、キーンさんが「復興の力になる」として柏崎を舞台にした人形浄瑠璃を約300年ぶりに復活させることを提案したのが縁となった。

ドナルド・キーン・センター柏崎

ブルボン/旧柏崎駅前工場跡に本社ビル/延べ1万㎡、30億投資

20130603_172010_20336P640px飲食品の製造、販売を手掛けるブルボン(本社・新潟県柏崎市、吉田康社長)は、2014年に迎える創業90周年事業として、旧柏崎駅前工場跡地に本社ビルを建設し、機能を移転、集約させる計画を発表した。
規模は、CFT(コンクリート充填鋼管)造13階建て延べ約9966㎡を想定。受変電や通信などの主要設備は高層階に設けるほか、下層階を共有スペースとし、洪水や津波などの災害に強い施設を目指す。また、発災時には食堂を市民に開放し、地域に寄与していく。
環境面では自然通気、採光を有効活用しながら、エアーフローウィンドシステム、複層ガラス、省電力型照明などを取り入れ、省エネ化を推進する。
設計担当は遠藤秀平建築研究所。施工者は未定で、同社では「今後、選定作業に入る」としている。着工は10月ごろを予定している。15年3月の完成を目指す。総投資額は約30億円を見込んでいる。
建設地は同市駅前1-3-2。建築面積は約818㎡。
現在の本社工場(同市松波地区)については、設備を更新し、生産性の向上を図るとしている。
このほか、五泉工場(新潟県五泉市)の建築、既存施設などの増築を含む生産工場群の再構築計画にも取り組む。