ハイオク(プレミアム)仕様の車にレギュラーガソリンを入れて走ったらエンジンは壊れるのか?

車にはハイオク仕様とレギュラー仕様があるのは、ご存知の通りです。

ハイオクガソリンはレギュラーガソリンにくらべて10円程度高いことが多く、満タンにすると300円~500円程度の料金差が発生します。

ハイオク仕様のクルマに乗っている人は、給油のたびに次のような疑問が頭に浮かぶと思います。

「これ、レギュラーでもいけるんじゃね?」

はたして、本当にハイオク仕様のクルマにレギュラーガソリンを入れても問題ないのでしょうか?

そもそもガソリンの種類が2種類あるために、ハイオク仕様に乗っている人は損をした気分になってしまうわけです。

なぜ、すべてのガソリンを1種類に統一できないのでしょうか?

実はガソリンが2種類ある理由は、エンジンの高性能化にあるのです。

ガソリンエンジンというのは、ピストンで圧縮した空気とガソリンの混合気にプラグで着火をして、爆発させています。

このとき、混合気の圧縮比を高くすればするほど、パワーが出やすくなります。

それならば、どんどん圧縮比をあげていけば高出力のエンジンが簡単に作れると思うでしょうが、そう単純にはいかないのです。

なぜなら、圧縮比をどんどんあげていくと、ノッキングという現象が発生してしまうからです。

ノッキングというのは混合気の自然発火によって起こる現象で、圧縮された混合気がプラグで着火をする前に勝手に爆発をしてしまうことによって起こります。

ディーゼルエンジンの「カラカラカラ」という音を聞いたことがあると思いますが、あの「カラカラカラ」という音がまさにノッキングを起こしている音なのです。

ディーゼルエンジンにはプラグがなく、高圧縮比によって自然着火させる仕組みになっているので、ノッキング音がするのは当然のことです。

エンジンの圧縮比をあげることで高出力を得やすくなるのですが、その結果としてノッキングが発生しやすくなるという問題が生じるわけです。

ノッキングを起こしてしまうとパワーが出にくくなるばかりか、エンジンに悪い影響をおよぼす可能性があります。

圧縮比を高くしたエンジンがノッキングを起こさないように、オクタン価を高めて製造されたガソリンがハイオクということになります。

ハイオクはよく燃えるは間違い!

ガソリンスタンドに行った時に、レギュラーとハイオクがありますが、一体何が違うのでしょうか。
ハイオクの方が値段が高いから良いガソリンという事ではないのです。

ガソリンというのは非常に発火しやすい物で、火をつけなくとも、高温になると燃える場合があります。
このガソリンの火の点きにくさを表す数字が「オクタン価」という物です。

ハイオクというのはハイ(高)オクタン価ガソリンの事で、レギュラーガソリンよりも発火しにくいという事なんです。

ガソリンを爆発させるエンジン内の燃焼室は非常に高温・高圧になります。
排気量が大きくパワーのある車ほど、ガソリンの燃焼室がより高圧になるので温度も高くなります。
その時、意図しない時に勝手にガソリンに火がついてしまわないように、ハイオクが指定されているという訳です。

ちなみにですが、ディーゼルエンジンに使われる軽油が一番発火しにくいです。
その為、船などでは火災になりにくいよう、船内機にはディーゼルエンジンが使われており、船外機には普通のエンジンが使われていたりするそうです。

ハイオクガソリンの正式名称

『ハイオク』は英語の「high-octane number gasoline(高オクタン価ガソリン)」が語源で、日本語の正式名称は「無鉛プレミアムガソリン」なのだそうです。

もともと、ガソリンの成分に含まれれている成分のうち、オクタン価が高いと、燃えにくい状態になります。
燃えにくいということは、エンジンの圧縮比を高めることができる=レギュラーガソリンに比べ、同じ量でも高い爆発力を発揮し、エンジンを駆動させることができる=燃費が良い、という図式が成り立つのです。

ハイオクガソリンはこのオクタン価を人工的に高めたもので、レギュラーガソリンよりも高い馬力を期待することができます。

国産車はハイオクもレギュラーもいずれも対応できるような車が多いのですが、輸入車だとそもそもハイオクガソリンしか入れられないというタイプの車が多いので、覚えておくと良いでしょう。

なお、レギュラーとハイオクは混ぜることもできるそうですが、エンジンによっては部品が痛んでしまう可能性もあるので、自己判断で混ぜるのは止めておきましょう。

長く安全に車に乗りたいのであれば、その車に適したガソリンを正しく利用することが必要です。

ハイオクガソリンの正式名称

『ハイオク』は英語の「high-octane number gasoline(高オクタン価ガソリン)」が語源で、日本語の正式名称は「無鉛プレミアムガソリン」なのだそうです。

もともと、ガソリンの成分に含まれれている成分のうち、オクタン価が高いと、燃えにくい状態になります。
燃えにくいということは、エンジンの圧縮比を高めることができる=レギュラーガソリンに比べ、同じ量でも高い爆発力を発揮し、エンジンを駆動させることができる=燃費が良い、という図式が成り立つのです。

ハイオクガソリンはこのオクタン価を人工的に高めたもので、レギュラーガソリンよりも高い馬力を期待することができます。

国産車はハイオクもレギュラーもいずれも対応できるような車が多いのですが、輸入車だとそもそもハイオクガソリンしか入れられないというタイプの車が多いので、覚えておくと良いでしょう。

なお、レギュラーとハイオクは混ぜることもできるそうですが、エンジンによっては部品が痛んでしまう可能性もあるので、自己判断で混ぜるのは止めておきましょう。

長く安全に車に乗りたいのであれば、その車に適したガソリンを正しく利用することが必要です。

自動車の雑学

『ハイオク』は英語の「high-octane number gasoline(高オクタン価ガソリン)」が語源で、日本語の正式名称は「無鉛プレミアムガソリン」なのだそうです。

もともと、ガソリンの成分に含まれれている成分のうち、オクタン価が高いと、燃えにくい状態になります。
燃えにくいということは、エンジンの圧縮比を高めることができる=レギュラーガソリンに比べ、同じ量でも高い爆発力を発揮し、エンジンを駆動させることができる=燃費が良い、という図式が成り立つのです。

ハイオクガソリンはこのオクタン価を人工的に高めたもので、レギュラーガソリンよりも高い馬力を期待することができます。

国産車はハイオクもレギュラーもいずれも対応できるような車が多いのですが、輸入車だとそもそもハイオクガソリンしか入れられないというタイプの車が多いので、覚えておくと良いでしょう。

なお、レギュラーとハイオクは混ぜることもできるそうですが、エンジンによっては部品が痛んでしまう可能性もあるので、自己判断で混ぜるのは止めておきましょう。

長く安全に車に乗りたいのであれば、その車に適したガソリンを正しく利用することが必要です。