人気ペットランキング

第2位 ネコ

ネコ(猫)は、狭義には食肉目ネコ科ネコ属に分類されるリビアヤマネコ(ヨーロッパヤマネコ)が家畜化されたイエネコ(家猫、Felis silvestris catus)に対する通称である 。イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして日本を含め世界中で広く飼われている。

ネコの飼い方

食事

猫は完全な肉食動物なので、健康を維持するために必要な栄養のバランスが、ヒトとも犬とも異なります。猫にとって必要な栄養がバランス良く含まれた食事を与えましょう。たいていの飼い主は、猫に必要な栄養素が含まれている市販の総合栄養食(キャットフード)などをライフステージ(成長段階)に合わせて与えています。

新鮮なお水は猫の健康維持にとって、とても重要なので、いつでも飲めるように用意してあげましょう。

食器は、フード用と飲み水用の、2種類の食器を用意します。猫がフードや水をこぼしてしまわないように、食器は安定感のあるものを選びましょう。また、食器の下にランチョンマットを敷くと、食べこぼしてもすぐに片付けられて便利です。

ネコの飼い方

初日までの準備 -お部屋編-

一緒に暮らす猫が快適に過ごせるよう、室内の環境を整えてあげましょう。何気ないものが猫にとってはとても危険だったりします。猫を守るための対策をご紹介します。また、猫の習性でもある爪とぎ対策についてもお話します。お気に入りの家具など、傷つけられたくないものは事前に工夫をしてきましょう。

危ないものを置かない

猫は思ってもいないものをおもちゃにして遊んだり、口にしたりします。たとえば電源コードは、猫がかじって遊ぶことが多いもののひとつです。かじっているうちに感電する危険があるので、コードカバーなどでコードを覆ってしまうなど、工夫をしましょう。

ビニール袋が好きな子もいます。かじっているうちに、食べてしまうこともあります。消化できないものを食べると、腸を傷つけることがあるので、口にして危ないと思う物は、棚の中にしまうなど、猫の生活圏に放置しないことが大切です。

ネコの飼い方

そろえておきたいもの

キャリーバッグ
病院に行くときや一緒に外出をするときにはキャリーバッグに入れて移動します。猫の身体の大きさに合ったサイズのキャリーバッグを選んであげましょう。万が一、災害にあった場合でも、避難をする際に必要となるので、ひとつは用意しておきましょう。

また、猫にも性格の違いがあり、人なつこい子もいれば、人見知りな子もいます。人見知りな子は、知らない人に会うことがストレスになるので、自宅に来客があるときは、あらかじめキャリーバッグにいれておいてあげるとよいでしょう。

グルーミング用品
グルーミングは、猫の毛球症や皮膚病予防のために行いたいケアのひとつ。小さな頃からグルーミングに慣れさせておくことが大切なので、まずはブラシやコームを用意して、遊びの中で慣れさせてあげましょう。

爪とぎ
爪とぎには、カーペット、ダンボール、麻、木など、いろいろな種類があるので好みのものを見つけてあげましょう。市販のものを購入してもよいですし、飼い主が手作りしてもよいかもしれません。

おもちゃ
好奇心旺盛で遊び好きの猫は、遊び道具のおもちゃが必需品です。追いかけたり、噛んだり、さまざまな種類のおもちゃが市販されているので、好みのおもちゃをいくつか選んであげましょう。

キャットタワー
また、猫は上下運動を好むので、必要に応じてキャットタワーを用意してあげるのもいいでしょう。ただ、キャットタワーを用意してあげるのは、ある程度高いところに安心して上り下りできるようになってからにしましょう。高いところに登れても、落下する危険性があると思われる時期には、キャットタワーの設置は控えるようにしましょう。

ネコの飼い方

寝床の準備

次に寝床についてですが、生後2ヶ月未満の子猫は、ケージの中で過ごさせるのがいちばん安全です。ケージの中に猫用ベッドを設置してあげましょう。
生後2ヶ月以上経っても、ひとりにさせるのが心配な場合は、飼い主が就寝中のときだけ、ケージの中に入れてあげるとよいでしょう。

大きくなると、猫によっては飼い主と一緒に寝る子もいます。冬はお互いがゆたんぽ代わりになるので、寒さも忘れてしまうしあわせなひとときが味わえます。ひとりで寝るのが好きな子には、落ち着いて休めるよう、明るすぎない場所にベッドを用意してあげましょう。