「トヨダ」から「トヨタ」へ

トヨタ自動車の「トヨタ」は、創業者豊田佐吉の苗字、「豊田(トヨダ)」に由来します。
じつは、初期の乗用車に添えられたエンブレムは、漢字の読みをそのままローマ字で表記した「TOYODA」でした。
しかし、この会社名であり、かつブランド名であった「トヨダ」は、1936年に行われた「トヨダ・マーク」の懸賞募集を経て「トヨタ」へと変わることになります。

この変更の理由は、まず「トヨダ」よりも「トヨタ」のほうが、濁音がなく、さわやかで言葉の調子もいいこと。
そして日本語で「トヨタ」と書いた場合、総画数が縁起がいいとされる「8画」になること。
さらに創業者の苗字である「トヨダ」から離れることで、個人の会社から社会的企業へと発展するという意味も込められていました。

トヨタとトヨダ

国内最大手の自動車メーカーの社名「トヨタ」とは、創業者の豊田喜一郎さんの「豊田」からとったものですが、本来は「トヨダ」が正しい読み方。

当初は「トヨダ自動車」でしたが、デザイナーが「ダ」の濁点を取って「タ」にしてしまったために「トヨタ自動車」となったそうです。

ちなみに、本社のある豊田市はもともとは挙母市だったのですが、トヨタが有名になったので市名を変えました。

また、「トヨタ」にすると字画が八になって末広がりで縁起がいいからという説あります。