「トヨダ」から「トヨタ」へ

トヨタ自動車の「トヨタ」は、創業者豊田佐吉の苗字、「豊田(トヨダ)」に由来します。
じつは、初期の乗用車に添えられたエンブレムは、漢字の読みをそのままローマ字で表記した「TOYODA」でした。
しかし、この会社名であり、かつブランド名であった「トヨダ」は、1936年に行われた「トヨダ・マーク」の懸賞募集を経て「トヨタ」へと変わることになります。

この変更の理由は、まず「トヨダ」よりも「トヨタ」のほうが、濁音がなく、さわやかで言葉の調子もいいこと。
そして日本語で「トヨタ」と書いた場合、総画数が縁起がいいとされる「8画」になること。
さらに創業者の苗字である「トヨダ」から離れることで、個人の会社から社会的企業へと発展するという意味も込められていました。

トヨタマークが示す“トヨタらしさ”

トヨタマークは、1989年10月、トヨタの新たな最高級車として登場した「初代セルシオ」で初採用され、その後、他車種にも展開されました。
過去に類を見ない楕円形状と、左右対称でバックミラーを通しても「トヨタのクルマ」とはっきり認知できる形状は、いまではトヨタのシンボルとして広く認知されています。

楕円のトヨタマークに秘められた想い

現在のトヨタマークは、1989年10月、会社創立50周年を記念して発表されたものです。
このトヨタマークのデザインに費やした時間は、企画から約5年。
デザインを進めるにあたって考慮されたのは、当時海外でも知名度を上げつつあったトヨタにふさわしいマークを考えるというものでした。
とくに重視されたポイントは、遠くからでも「トヨタのクルマ」だとわかること、そして他メーカーのクルマと並んだときにいっそう輝いて見えるような強い個性があること、でした。

このトヨタマークは、3つの楕円を左右対称に組み合わせています。
楕円が持つふたつの中心点は、ひとつがクルマのユーザー、つまりお客様の心を、そしてもうひとつがクルマのメーカー、つまりトヨタの心を示しています。
そして楕円の輪郭が、ふたつの心をつなぐ世界を表現しているのです。

マーク内部のふたつの楕円の組み合わせはトヨタの「T」を表現すると同時に、ステアリングホイール、つまり自動車そのものも意味しています。
そして外の楕円はトヨタをとりまくお客様や世界を象徴するものです。
さらに、それぞれの楕円を形作る輪郭には、太さの異なった線を採用しました。
これは日本の文化である「毛筆」を参考にしたものです。

また、マーク背後の空間は、トヨタが「お客さまに伝えるべき価値」の無限の広がりを暗示しています。
その価値とは、「卓越した品質」「期待を超える価値」「クルマの歓び」「革新性」「安全、環境・社会への誠実さ」の5つです。

懐かしい車 その1

image
トヨタ セラ

日本の自動車工業の高い技術力は、ときとしてモーターショーに出展されたコンセプトカーやデザインスタディーを、ほぼそのままの形で製品化してしまう。
そうした「市販ショーカー」とでもいうべきモデルの1台が、1990年にデビューしたトヨタ・セラである。

世界の希少な車 その3

image
トヨタ 2000GT

2000GT(にせんじーてぃー)は、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、ヤマハ発動機への生産委託で1967年から1970年までトヨタブランドで生産されたスポーツカータイプの乗用車である。
型式は、「MF10」と「MF12L」。
極少数ながら廉価版として、OHCエンジンの2300ccモデルが製造された。

*wikipediaより引用させて頂きました。