市販の車のタイヤには黒以外は存在しない。

世の中で、カラーつきタイヤを見かけたことはほとんど無いと思いませんか?
実は、タイヤにはその強度および耐久性を高める目的でカーボンブラック(炭素の微粒子)が配合されているため、必然的に黒色になってしまうそうです。
そのうえコスト面、性能面でカーボンが圧倒的に有利なため、それ以外の色は存在しないのだとか。
しかし、一部産業用のフォークリフトには、床が黒く汚されないように、特別に黒以外のタイヤを装着して床を保護することもあるようですよ。

タイヤはナゼ黒いのか?

車は様々な色があるのに、タイヤが黒一色なのはナゼなのか気になったことはありませんか?
そもそもタイヤはゴムでできていますが、ゴム自体は黒くありません。
しかし、重い車を支えて道路を走るという機能を要求されるため、タイヤのゴムには大量のカーボンが補強素材として混ぜられているのです。
カーボンは、黒いので必然的にタイヤの色も黒くなるワケです。

近年であればロードバイクのような高価な自転車に白いタイヤをつけている人もいるため、黒いタイヤが主流になった今、かえって白いタイヤの方がオシャレだと見るむきもあります。
しかし黒いタイヤが登場した当時は、最先端の性能を持つ黒いタイヤこそが富や名声のあかしであり、高級車がこぞって装着していたそうです。

タイヤはナゼ黒いのか?

車は様々な色があるのに、タイヤが黒一色なのはナゼなのか気になったことはありませんか?
そもそもタイヤはゴムでできていますが、ゴム自体は黒くありません。
しかし、重い車を支えて道路を走るという機能を要求されるため、タイヤのゴムには大量のカーボンが補強素材として混ぜられているのです。
カーボンは、黒いので必然的にタイヤの色も黒くなるワケです。

近年であればロードバイクのような高価な自転車に白いタイヤをつけている人もいるため、黒いタイヤが主流になった今、かえって白いタイヤの方がオシャレだと見るむきもあります。
しかし黒いタイヤが登場した当時は、最先端の性能を持つ黒いタイヤこそが富や名声のあかしであり、高級車がこぞって装着していたそうです。

エコタイヤは滑るも、今では非常識に

かつては、「エコタイヤは滑る」というのが常識でした。
というのも、燃費志向のタイヤの開発は、転がり抵抗を低減することからはじまります。
転がり抵抗が低減は、グリップ力の低下ということなので、エコタイヤ(低転がり抵抗タイヤ)はグリップ力が劣る=雨の日に滑りやすくなるということなんです。
さらに、ウエット路面は温度が低いです。
初期の低転がり抵抗タイヤ(エコタイヤ)は、タイヤゴムの変形による発熱を抑えることで、転がり抵抗の低減をはかっていました。
なので、ウエット路面のように路面温度が上がらないところでは、ますますグリップ力が下がってしまい、低燃費タイヤは雨ですべるという「常識」ができてしまったんです。

けれど、現在は、エコタイヤ=雨の日に滑るは、「非常識」となっています。(雨の日でもエコタイヤは滑りにくくなっています)
「A-a」(Aは転がり抵抗性能、aはウエットグリップ性能を表しています)などと示されるタイヤラベリング制度が制定されると、各タイヤメーカーは、低転がり抵抗とウエットグリップ性能という相反する性能の両立に力を入れ、新技術を次々と開発しました。
その結果、低転がり抵抗と高いウエットグリップを両立して、雨の日でも滑りにくいエコタイヤが生まれたんです。
このように車の世界にも、昔は常識だったことが、今では非常識となったことがたくさんあります。

なぜ、新しい問題のないタイヤでも空気が減っていくのか?

タイヤは、どのような物でも月日が立つと空気が抜けていきますよね。

ところで、なぜ空気が抜けるのか?

これは、タイヤのゴムにある小さな穴が関係しています。

ミクロサイズではありますが、たくさんの穴が開いているんです!

また、「確実に空気は減っているのに、なぜ空気圧が減ったりしないのか?」と、疑問に思われたことがあるかもしれません。

これは、気温の影響です!

空気は温度が上昇すると膨張します。

例えば、春にきちんと空気を入れたタイヤがあるとします。

1.ミクロサイズの穴から1ヶ月で5パーセントの空気が排出されていると、言われています。
2.春から夏にかけて、気温はどんどん上がっていきます。
3.だから、毎月5パーセント減っているはずなのに、タイヤの空気圧がさほど減らないのです。

※空気が減っていないようなら、逆に空気圧がもの凄く高くなるので危険とも言えます。

暖かくなっていく時期はいいですが、寒い時期になると、今度は膨張していた空気が元に戻ります。

毎月減っていた分を合わせると、大きく空気圧が減ってしまうことになりますね。

この性質を理解すると、夏が終わり涼しくなってきたら、空気圧をしっかり確かめる事が大切だと分かります。