「後悔と喜び」=生かされている意味さがし(83)

83 後悔と喜び=生かされている意味さがし(83)

テレビを観たり、仕事でいろいろ経験したり、自分以外の人達を見て、その生き方や活躍を目の当りにすると、「なんで俺は中学、高校と怠けて勉強しなかったんだろう」「ちゃんと将来の目標を持って大学へ進学したり、就職を考えなかったのだろう」と思うのです。

後悔しても始まりませんが、「今の自分の気持ちとか姿勢があって、もう一度タイムスリップできたとしたら……」と、思うこともしばしばあります。少なくとも今の自分を当時分かっていれば、もっと努力を惜しまなかったかもしれないと思うのです。

夕飯を食べながらテレビに向かって、そんなことボヤくことも度々あるのですが、そんなある日に、脇で食事をしている妻が、「あなたが勉強しなかったから今があるんじゃないの?!」「そうじゃなかったら私とこうして巡り会っていないし、あんな三人の子供達も出来なかったんだから……」と、なんとも変な励まし、説得力なのです。

そうそう、この本を書くきっかけもそこだったんです。

手前味噌になるけれど妻のおかげで三人の自慢の子供達がいます。性格が親父似で決して褒められるものではないけれど、結婚しても近くにいてくれる、何よりも可愛い孫も産んで我が夫婦に希望を与えてくれる長女。

東京で一人暮らしをしていて、結婚という言葉から遠のきつつありますが、日本一家族と姉弟思いで驚異の記憶力を持つ次女。

そして高校から博多に行って、博多に就職した日本一努力家の長男。妻がいなければこの三人の存在はなかったはずです。

妻も、家族愛が人一倍強く、時に「鬱陶しい」ときもありますが、そのお蔭で私や私の家族の今があるのです。しょっちゅう喧嘩もするし、「タイムスリップしたついでに、綾瀬はるかと出会っていたら……」などと妄想もするのですが、今の幸せを喜ばなければいけないし、そういう反省と自戒、父親の生き様を伝えるために本を書こうと思ったのです。

003「高校受験を失敗したことに、大学に行かなかったことに意味があった」と妻に諭される自分も、日本一幸せだと思わないと地獄に堕ちそうです。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

随想