2030年の「販売台数」の9割はガソリン車という予測

世界全体では先進国で不要とされた古い車も含め、昔ながらのガソリンエンジン車が数多く走っています。

それだけならば、2030年でもまだほとんどの車がガソリン車というのもわかりますが、予測では「新車販売台数」の約9割が、依然として通常のガソリン車と言われているのです。

話題になったのは2013年のNHKの報道で、その際にはHV(ハイブリッド)、PHV(プラグインハイブリッド)、EV(電気自動車)などが2030年には世界の販売台数の11%を占める一方で、残り89%のほとんどは通常のガソリン車だろう、というものでした。

その後2014年から2015年にかけて民間の経済コンサルタントから発表された予測では、HV、PHV、EVにFCV(燃料電池車)を加えても2030年の販売台数は13%程度で、残り87%は通常のガソリン車となっています。

*Ancar Channel より引用させて頂きました。

●車の給油機マークの「△」は何の目印?

ガソリンスタンドに入る際、乗り慣れていない車の場合は「給油口はどっちだっけ?」と迷ってしまいがち。そんなときは慌てずにメーターパネルの「ガソリンメーター」を見ましょう。給油機のマークに右か左向きの三角形のマークがあると思います。

これは「給油口がどちらにあるか」を示すマーク。右向きなら右側に給油口があるということです。ちなみに、給油口はマフラーの配管を避ける位置に取り付けられるので、車によって左右違ったりするのです。