カーシェアリングのメリットをレンタカーと比較する

カーシェアリングの最も大きなメリットは、「マイカーではないので駐車場料金がかからない」という点です。
もちろん税金や車検なども必要がないので、車にかかる費用を節約できます。
しかしレンタカーの場合、営業所の営業時間が終了していると一泊分の料金が発生します。
早朝に利用したい場合、前日に手続きをして車をどこかに保管しておかなければならず、駐車場が必要になります。カーシェアリングならば24時間営業所を通さずに利用が可能ですので、駐車場を確保する必要がありません。
また、レンタカーはガソリンを満タンにして返却する必要がありますが、カーシェアリングはガソリン代込みで利用することができますので、気楽に返却できます。
ガソリンが必要になった時には車内にあるクレジットカードを使用して給油ができます。

カーシェアリングとレンタカーの違いとは

都会に近いエリアに住んでいると、平日は車を運転する必要がないという人も多くいます。
最近ではその様な人はマイカーを持たずに、必要な時に業者から車を借りておられる方がたくさんおられます。
車を借りる方法として、カーシェアリングとレンタカーがあり、違いは以下の通りです。
まず、レンタカーは必要な時に業者に申し込むもので、運転免許があれば誰でも利用が可能です。
これに対してカーシェアリングは会員制となっていて、事前に一つの業者に会員登録をする必要があります。
また、レンタカーは営業車の営業時間内でしか手続きが行えず、夜間に急にレンタルすることはできません。
カーシェアリングはパソコンやスマ―とフォン等の携帯電話から予約ができて、24時間いつでも営業所を通さずに借りることができるのです。
レンタカーの場合はレンタルする時間が長く、最低6時間~となっているところもあります。
しかしカーシェアリングは短時間での利用が可能で、業者によっては15分単位で価格設定されているところもあり、短時間の送り迎えや買い物などに利用することができます。