森の忍者カメレオン

樹の上で暮らすトカゲの仲間カメレオンは、体の色をめまぐるしく変化させる名人でもある。

カメレオンの仲間は、多くの種類がサハラ以南のアフリカやマダガスカルに分布している。
そしてそこに暮らす人々は、この体色を変える特有の習性から、悪魔の使いだとしてその存在を気味悪がっていたようだ。  
体色だが、実は周囲の色彩を眼で見て変えるのではなく、光の強弱や温度に対して皮膚が直接反応しているようである。
したがってその体色は、必ずしも周囲の様子に連動していないこともある。
また、カメレオンの仲間は怯えや怒りなどの感情が体表に表れることが多く、感情によっても体の色が変わるのだ。  
彼らは同じ爬虫類の中でも、独特の面白い眼をもっている。
それは樹上で生活し、もっぱら虫を食べるのに適した構造といえる。
ゆっくりとした動きがもちまえのカメレオンだが、いざ獲物を見つけると電光石火のスピードで捕食する様子が見られる。
眼は頭の両側にある円錐形の出っ張りの上に位置しており、左右を別々に動かすことが可能だ。
文字通りキョロキョロとその目を動かしながら、昆虫を発見すると両方の眼でピントをあわせ、その距離を測る。
そして口の中に折りたたまれた、先のネバネバとした長い舌を一気に伸ばし、ターゲットを補足する。本当に一瞬のできごとで、目にも止まらぬ早業だ。

*PETPETより引用させて頂きました。

カメレオン

image
◉人気のカメレオン

カメレオンは、爬虫類系のペットの中でも特に人気が高い動物となっています。
カメレオンといっても数多くの種類があるのですが、実際にペットとされているのは「エボシカメレオン」という頭に烏帽子をかぶったような形状が特徴的な品種です。
私達がいわゆるカメレオンとしてイメージをするのもこの品種であり、ぎょろりと大きい目玉と愛嬌のある動きが大きな特徴となっています。

エボシカメレオンの頭部の尖った部分のことを「クレスト」というのですが、これはメスよりもオスの方がより立派に成長をします。
カメレオンがペットとして人気があるのは、やはり体の色が周囲の環境や湿度によって変わるという珍しい体質をしているからです。
またほとんどの時間を樹木の上で過ごすため、上り木の上につかまっておとなしくする可愛い様子を見ることができます。

◉カメレオンの魅力とは

爬虫類系のペットのよいところは、鳴き声もなく抜け毛などで部屋が汚れることがないということです。
臭いもカメレオンは他の爬虫類に比べて強くないので、観賞用のペットとしてはかなり優れた性質をしていると言えます。

ただし、もともとが熱帯で暮らす生き物であるため温度調節にはかなり気を使う必要があります。
ゲージに入れて飼う場合にはきちんとサーモスタットなど温度調節ができるようにしておき、日中なら25度くらいに設定します。

餌となるのは昆虫類であり、できれば生きたコオロギやバッタなどを与えるようにして、逃げないように箸を使って食べさせるようにしていきます。
カメレオンは長い舌を使って虫を捕獲するという性質を持っているので、食べるときの様子は大変見ていて楽しいものです。

カメレオンは意外に知恵のある動物であり、長く飼っていると次第に飼い主に慣れて手乗りをすることができたり、触れたりして可愛がることができるようになります。
エボシカメレオンの場合、カメレオンの中では大型種になるので、子供のときに購入をするといつの間にかとても巨大化してしまっているということもあります。

ゲージの大きさがカメレオンの体長に合わなくなってしまうと、自慢の頭のクレストに傷がついたり折れてしまったりすることもあるので注意が必要です。

繁殖も比較的簡単なので、慣れたらオスメスのつがいで飼うようにして卵を産ませるということもまたひとつの楽しみなります。
しかし卵は一度の出産で20~72個もの数になるので、繁殖をさせるときには子供をどうするかを考えて行いましょう。

*はべあぺとより引用させて頂きました。