車のオートエアコンは入れっぱなしがいい?それともマメに切った方がいいのか?

最近のクルマはオートエアコンが主流になっています。

そのため、1年中エアコンのスイッチを入れっぱなしにしている人も少なくないでしょう。

オートエアコンの場合、自動で車内の温度を設定温度になるように調整をしてくれるので、エアコン用スイッチのオンオフをあまり気にする必要がありません。

エアコンのスイッチを入れっぱなしにするということは、1年中エアコンのコンプレッサーが回りっぱなしになるので、その分エンジンに負担がかかりますので燃費は悪化しそうです。

その一方で、エアコンのコンプレッサーは、常に回しておいた方が壊れにくいという意見もあります。

車のエアコンを使用すると燃費が悪化する?

誰しも聞いた事があるウワサだと思います。

実は、実際の検査の結果では、約10パーセント低下するとわかっています。

なぜ、低下するのでしようか?
それは、エアコンのコンプレッサーはエンジンの動力を使っているからです。

車の馬力の5~10馬力はコンプレッサーが使っているとされています!!

なので、暑い日なるべくクーラーではなく、窓を空けるほうがいいです。暑さはしばらくすると、案外慣れてきて感じなくなります。健康面でもクーラーはあまりよくないので、エコを考えてなるべく使わないようにしてはいかがでしょうか?

車のエアコンを使用すると燃費が悪化する?

「車のエアコンを使うと燃費が悪くなる」

誰しも聞いた事があるウワサだと思います。

実は、実際の検査の結果では、約10パーセント低下するとわかっています。

なぜ、低下するのでしようか?

それは、エアコンのコンプレッサーはエンジンの動力を使っているからです。

車の馬力の5~10馬力はコンプレッサーが使っているとされています!!

なので、暑い日なるべくクーラーではなく、窓を空けるほうがいいです。

暑さはしばらくすると、案外慣れてきて感じなくなります。

健康面でもクーラーはあまりよくないので、エコを考えてなるべく使わないようにしてはいかがでしょうか?

意外と知らない車の暖房の仕組み

突然ですが、インパネ周りについている「AC」ボタンってどんな意味があるか知っていますか。
車を何十年と運転しているベテランドライバーでも「AC」ボタンの意味を分からず運転している人が結構いますので、知らなくても落ち込まないでください。
「AC」ボタンとは、エアコンボタンになります。
今回は、車の冷暖房の仕組みをご紹介いたします。

一般的にはエアコンは電気代がかかる機器として有名です。
「冷たい空気」と「暖かい空気」が出るあれです。
最近の家庭ではエアコン一つで夏場も冬場も過ごす人がいますね。
車の場合、エアコンという言葉に惑わされている人が多いです。

実は車のエアコンは、冷たい空気を出すクーラー機能だけしか搭載されていません(電気自動車を除く)。
冷房を使用するとガソリンなどの燃料の減りが早いですね。
そういったイメージから暖房も燃料をたくさん使用する機能だと思っている人が多いです。

ですが、実は暖房機能は無料なのです。

車のエンジン熱は猛烈に熱を帯びています。
真冬でもその熱を車内に取り入れたら、車内にいる人は熱中症で死んでしまうほどの温度です。
その熱を利用して、車内を暖めているのです。
燃料が少なくなってきたから暖房を消して、ガソリンスタンドへ向かう人がいますが、実は全く無意味です。
だって、車の暖房は、ただのエンジン熱だからです。

皆さん、これからも暫く寒い日が続きますが、暖房は無料です。
燃料のことを気にせず、ガンガン使用しましょう。

ただし、電気自動車は暖房も電気を使用するので、暖房の使用によって航続距離ががくんと下がるので注意が必要です。