政界やぶにらみ(11)「なぜ会派が多い?柏崎市議会-1」

◎ 会派が多い柏崎市議会を斬る!!

1 絶えない批判の声

(1) 8会派で平均3.1人

ご承知の向きも少なくないと思うが、柏崎市議会では現在会派が8団体あり、無会派を加えると9つのグループに分かれている。議員総数が26人で会派に所属する議員は25人だから、1会派平均3.1人となる。かねてより市民各位からは「会派の数が多すぎる」との声が絶えないし、そのことがそのまま「議会がわかりずらい」「政治行動がわからない」「まとまりがない」「対立の要因だ」等々の議会批判と一緒になって聞こえてくる。

市民の側から見れば国政レベルの政党の色分けと柏崎市議会のそれとが必ずしも一致しない事が余計にそう思わせている点もあろう。

(2) 党派別人数(後掲の会派・党派別名簿を参照)

例えば議員の党派別人数を見てみると、自由民主党7人、社会民主党3人、日本共産党2人、公明党2人、民主党1人、無所属11人である。この区分がそのまま市議会の会派区分になればまだ解り易いのだが、政党と会派が一致しているのは日本共産党と公明党だけで、他は夫々複数会派に分散しているからだ。

例えば、自由民主党所属の議員7人は整風会2人、自治研究会2人、市民クラブ1人、大志民友1人、無会派1人だし、社会民主党員3人は社会クラブ2人、柏崎のみらい1人という具合だ。また、政党に所属していない議員でも社会クラブや柏崎のみらいは、ほぼ国政における社会民主党と同じような活動をしているケースが多く見受けられる。何故このように分散しているのだろうか? それも、複雑に交差するような具合で。

2 交差・分散している理由

(1) 新人議員の行動

まず、その要因の1つとして挙げられる点が「新人議員の行動」である。4年毎の改選が済むと毎回数名の新人議員が当選してきて、新しく議員構成が変わることになる。市町村議員の場合は国や県と違って、「議員経験を持つ新人」が当選してくることは極めて少ない。(例えば国会議員の場合、新人と言えども県議会や市町村議会経験者が少なくない・・・というように)

従って嘗てはそれまでの諸々のつながり等もあり、既存の会派(先輩議員のいる会派)に所属し、先輩の指導を受けつつ勉強をしながら経験や実力を蓄積するというケースが殆どであった。いわゆる「雑巾がけ」である。ところが近年はそれに変化が出てきた。つまり、新人同士で会派を組むケースが増えているのだ。

(2) 会派「大志民友」に見る事例

例えば現在の「大志民友」を見てみよう。この会派は所属議員5人で、市議会最大会派である。その内訳は2期生(当選2回)が1人、1期生(当選1回、つまり新人)が4人である。また、党派別では自民党員1人、民主党員1人、無所属3人だが、その中でも労働組合系2人(民主党・無所属各1人)と交差し混在している。よく、政治通の市民の方に「なんで自民党と民主党が同じ会派なんだ?」と聞かれるが、当事者でない拙筆には答えられない質問である。

(3) 議員はみな同列

議員というのは当選回数により、「ベテランや新人」という呼び方や区分の仕方をするが、柏崎市議会議員としての義務や権利の行使等はみな同じである。だから、「数は力」ということで、まとまればそれなりの「存在感・発言力」を示すことができる。そんなことから「先輩に気を使うより、新人同士で伸びのびと活動したい」という気持ちが働いたとしても、解らない訳ではない。しかも、「古い考え方や悪しき習慣を変えて新風を吹き込もう」等の大義の下に結集し、それを「売り」にして会派を結成することも、市民有権者に歓迎されるという気持ちが働くことがあるであろう。

(4) 3期続いて見られる現象

このように既存の会派に所属することなく、新人議員が集まって新しい会派を結成するというケースは、直近の3期連続で見られる現象だ。具体的には柏崎のみらい、自治研究会、大志民友は選挙後新人議員中心に結成された新しい会派だ。このような新人議員の行動が、会派の多数化を招いている大きな要因の1つであろう。

さて、新人議員の動きを中心に縷々述べてきたが、今回はここまでにして次は来週火曜日の「政界やぶにらみ(12)」に譲ることにする。この稿はこの後2回に分けて述べる予定だ。尚、読者各位のご理解を得やすくするために、以下に党派別議員名簿を掲載したので、ご参照いただければ幸いである。

3 柏崎市議会党派別議員名簿

柏崎市議会議員名簿(平成25年7月1日現在)
議席No 氏   名 会  派 政   党
1 斎木 裕司 市民クラブ 自民
2 片山 賢一 市民クラブ
3 笠原 晴彦 社会クラブ
4 若井 洋一 社会クラブ 社民
5 山本 博文 大 志 民 友
6 与口 善之 大 志 民 友 自民
7 星野 正仁 大 志 民 友
8 霜田  彰 市民クラブ
9 春川 敏浩 市民クラブ
10 宮崎 孝司 共産党議員団 共産
11 持田 繁義 共産党議員団 共産
12 加藤 武男 自治研究会 自民
13 砂塚 定広 自治研究会
14 村田 幸多朗 自治研究会 自民
15 高橋 新一 社会クラブ 社民
16 矢部 忠夫 社会クラブ
17 池田 千賀子 柏崎のみらい
18 飯塚 寿之 柏崎のみらい 社民
19 佐藤 敏彦 柏崎のみらい
20 荒城 彦一 整 風 会 自民
21 三井田 孝欧 自民
22 丸山 敏彦 整 風 会 自民
23 相澤 宗一 大 志 民 友
24 佐藤 和典 大 志 民 友 民主
25 若井 恵子 公 明 党 公明
26 真貝 維義 公 明 党 公明

 

政治

小話(2) 「ベント」

◎ 夫婦の会話 「ベント」

妻・・・「ねえ、お父さん。”ベント” って 何 ?」

車好きの夫・・・「ああそれは、ヨーロッパの高級車のことだよ。」

妻・・・「でも、フィルターベントって言ってるよ!!」

夫・・・「それはお前・・・、”古いタイプのベンツ” がナマッタんだよ。」

妻・・・「???かなり苦しくない???」

夫・・・「短縮して言ってみな! ”古いタイプのベンツ” を。」

妻・・・「・・・???」

夫・・・「今の若い衆は言葉を短縮するだろ? それだよ、これも!!」 :oops: :oops:

ジャンジャン!! :mrgreen:

 

 

小話

特集!!今人気のペット!!no,4

いつも「我が家のペット」をご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
今は、ペットブームで、様々なペットを家族の一員として飼育しているようです。
でも、やはり人気は「小型犬}なんです!
あなたも大切な家族の一員として、「小型犬」を迎え入れてみてはいかがでしょうか!

今回、第四回目にご紹介するのは、小型犬の「パピヨン」です!
02776x1
<<パピヨン>>

●ルーツ
フランス語で蝶を意味するパピヨンだが、祖先犬はスペインのスパニエルの1種だとされている。
16世紀フランスのルイ14世時代にマリー・アントワネットやポンパドール夫人をはじめ、宮廷の貴婦人たちに可愛がられた。
その人気ゆえ、イタリアのボローニャ地方で多く繁殖されて、高額で取り引きがなされたという記録もある。
この犬の耳が蝶の羽のように見えることから、この名前となった。
別名バタフライ・スパニエルとも呼ばれ、家庭犬、愛玩犬として世界的に高い人気を得ている。

●外見的特徴
パピヨンの名前は、優雅に直立した大きな耳の形にちなむ。
被毛は中くらいの長さで豊富だ。
まっすぐに伸び、絹のようなやわらかをもっており、下毛のないシングル・コートである。
耳や胸、四肢、尾などに飾り毛があり、毛色は白地にはっきりした色斑が入るパーティー・カラーである。
耳や目のまわりに模様があり、ブレーズが白く抜けるのがよいとされる。
目は大きめで色は暗色。
鼻は黒い。
耳は、ルイ14世の時代には垂れ耳だったとされるが、だんだんと立ち耳となった。
現在では垂れ耳の犬を「ファレーヌ」と呼び、ヨーロッパでは区別されて扱われている。
同じ親から、違うタイプの耳をもった子犬が生まれることもある。

●性格
性格は賢く順応性があり、活発。
貴婦人たちが好んだというだけあり、容姿は優雅で美しく、友好的である。
小型犬ながら大胆で勇敢な面をみせ、自己主張も強い。
反面繊細で甘え上手である。
小型ゆえ見かけは華奢だが、本来は丈夫で、どのような気候や環境にもすぐに適応する。
飼い主たちの態度には敏感に反応し、動作も機敏だ。

●飼育
被毛は絹糸状で、毎日クシでとかし、ブラッシングする必要がある。
ただし下毛がないので、手入れは比較的簡単だ。
入浴やドライシャンプーは必要なときに行い、目安としては月に2〜3回とする。
ベビーシャンプーを使い、ドライヤーで手際よくコートを乾かし、整えるようにする。
耳の毛がどんどん伸びるようなコンディション作りに留意し、トリミングは必要ない。

●健康上での注意点
小柄で華奢にみえるが、とても遊び好きでほかのペットとよくじゃれ合うので、運動不足の心配はない。室内で遊ばせる程度で運動量は確保できるが、ときには屋外での運動も実行したい。
素直でしつけやすいが、神経質に叱ったり、家庭に争いごとが多いと、犬自体がストレスをためたり、性格が歪んだりする。
その結果シャイな犬になったり、むやみにキャンキャン鳴くようになる。
ルールに関してきちんと訓練し、過保護にしないことも大切だ。
食事の内容としては、栄養バランスのとれた小型犬用のドッグフードで問題ない。
ドライフードと缶詰フードの混合食が、一般的で手軽だろう。
回数は若犬から成犬の場合、1日1回でもいいが、冬場は体温保持のためにも、1日2回にするのがいいだろう。
目や膝の故障に注意する。

*「ペット情報総合サイト PETPET」より引用させて頂きました。

建物24棟・無償譲渡(旧高柳町)

◎ 建物24棟無償譲渡の内容(平成25年9月20日柏崎市議会9月定例会議)

1 財産の譲与22件が議決される

柏崎市議会9月定例会議で「財産の譲与22件について」が議決された。(※内2件の契約で2棟の建物を契約している為、譲与建物合計は24棟となる。)

これは旧高柳地区の集会施設等を、同地区地縁団体(自治会や振興会のこと、※1参照)へ無償にて譲渡するというものだ。これだけまとまった譲与も珍しいが、その理由は以下のとおりだ。

(1)これまで、同地域内で町内会・自治会等が使用してきた施設(集落センター等)であること。

(2)平成17年の合併当事の懸案事項であったが、この度準備が整ってきたこと。

(3)これらの施設は行政財産として、柏崎市の所有であったが、使用・維持管理は地域の自治会等が担ってきていた。

(4)各施設とも地域の活動拠点として、かけがえのない物である事と、今後も高い必要性を有している。

等々である。

2 譲与される建物等の内訳

(1)集落センター等・・・20棟

(2)譲与先自治会等・・・岡田振興会、岡野町振興会(2棟)、高尾区、坪野自治振興会、磯之辺区、漆島自治振興会、荻ノ島自治振興会、門出自治協議会(2)、栃ヶ原自治協議会、山中地区自治会、高柳町塩沢地区自治振興協議会、板畑自治会、高柳町大野区、上石黒自治会、下石黒区、落合自治会、寄合自治会、田代自治協議会

(3)物置・車庫等4棟と譲与先・・・じろべえ物置、板畑農村加工センター、山中除雪機械格納庫、田代除雪機械格納庫

3 採決までの経過と議論

これまでの経緯と現状を考慮すると、充分に理解でき妥当と判断できることから、全会一致で議決した。議論の過程では、高齢化の進展や小規模集落(構成員10世帯以下が6集落)が、施設を支えきれるか等を心配する声が多く聞かれた。確かに、高柳地域におけるこの問題(高齢化と人口減少)は、このたびに限らず、大きな課題であり、今後とも常に検討・対策が必要である。

※ 参考(高柳地区人口及び高齢化率 H25.3.31 現在

◎ 人口:1,736 人  世帯数:799 世帯 

◎ 65歳以上人口:905 人 (52.1 %)

◎ 75歳以上人口:629 人 (36.2 %)

この高齢化と人口減少問題は、高柳地区で特に顕著であるが、柏崎全体の問題としても、重大且つ深刻な課題である。いずれ当サイトにおいても稿を改め考えてみたい。

※1 地縁団体とは・・・・地縁による団体は、「町又は字の区域その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体」(法第260条の2第1項)と定義され、区域に住所を有することのみを構成員の資格としている。したがって、団体の区域に住所を有する人は誰でも構成員となることができる。これを「地縁による団体」という。

これまで町内会や自治会などは、PTAや青年団などと同じく法的には通常「権利能力なき社団」と位置付けられ、団体名義では不動産登記等ができなかった。しかし、自治会、町内会などでは不動産等の資産を保有している場合も多く、これらの自治会などでは会長名義などで不動産の登記等を行っていた。ところが、こうした個人名義の登記は、名義人が転居や死亡などにより町内会、自治会の構成員でなくなった場合に、名義の変更や相続などの問題を生じる危険性を伴うものであった。こうした問題に対処するために、平成3年4月2日公布施行の「地方自治法の一部を改正する法律」において、町内会や自治会が、一定の手続きの下に法人格を取得できる規定が盛り込まれ、団体名で不動産などを登記する道が開かれることとなった。

以上です。

政治