東京都知事選(1)「報道する側の責任」・政界やぶにらみ臨時増刊号(1)

東京都知事選が告示され2月9日の投票へ向けて舌戦が繰り広げられている。今回は16人の候補者が立ち、1999年の19人に次いで2番目に多いということだ。ところが、報道を見る限り知名度の高い4人の政策が中心で、その他12名の主張は殆ど伝わってこない。新聞の論調をみると、一自治体の知事を選ぶ選挙といえども、原発・五輪を争点のトップに掲げ、「国政に直結した政策論戦は意義深い」と述べている。それならば、他の記事に優先して全候補の政策一覧を報道してしかるべきではないか。ところがそれが見当たらない。

東京都では詳しい政策が知らされているのであろうが、地方でも関心は高い。ましてや、新潟県は東京に電気を送っている「生産県」だ。原子力発電所立地自治体である柏崎市・刈羽村に住む者にとっては、他にも増して大きな関心事である。勿論、高度に発達した情報化社会の今日、新聞だけでなく他のツールから入手する方法もあろうが、不思議と16名全員の政策一覧は見つけにくいのである。くどいようだが、ここは一つマスコミに期待したい。我々の日常生活に深く根ざしている上に、国民世論に大きな影響力を持つ新聞にその役割を求めたい。それだけ東京都知事選は大きな国民的関心事なのだ。

ところで、聞くところによれば2月に4候補による「ネット討論会」が計画されているという。なんでも、ネット事業者7社共催によるものらしいが、これとても4候補者に限定されていると聞く。16人全員参加が実現しないのは、それなりの理由があるのかもしれないが、基本は全候補者に平等・共通の機会を設けるべきだし、有権者にもそれを聞く機会を提供することにあるだろう。紙面の制限や運営上の都合を理由に、平等を欠くことはやはりどう考えてもおかしい。改めて言うまでもない事だが、これでは既に土俵に上がる前から選別されていることになる。これ等のことに、素朴な疑問を抱いている国民は少なくないだろうと思う。報道する側や討論会を企画する側もよく考えてもろいたい。

週末おすすめまめ情報(19)

※  雪が少なくていい塩梅です。

※  今週末の除雪ボランティア活動は、お休みです!

◎ 音市場atアルフォーレ
2月8~9日に、開催されます。
チケットあります!みんなで満喫しましょう。
http://www.city.kashiwazaki.niigata.jp/iexcms/files/article/64259/201312171033053.pdf

週末おすすめまめ情報(19

平成26年2月

曜 日

時 間

項   目  等

総合体育館にて「柏崎室内陸上競技記録会」。
問合 21-3751

10:00~ 市民プラザにて「かしわざき子ども体験講座~包丁を使わない料理~」問合 20-7500

13:30~ エネルギーホールにて「食育フォーラム2014~ご飯はパワーとスタミナのもと!キッチンから賢い子どもを育てる~」
問合 21-2360

1~

西山ふるさと館にて「絵画クラブ作品展」。
問合 48-2839

10:00~ 高柳ガルルのスキー場にて「雪まつり」。
問合 41-3355

13:00~ 産業文化会館にて柏崎演劇フェスティバル「かしわざき語り部の会~越後のむかしばなし~」問合 24-7633

14:00~ アルフォーレにて「日本海太鼓新春公演 駆けル」。入場無料 問合 24-8688

15:00~と

19:00~

アルフォーレにて「劇団のあ ドラマ・リーディング ミセス・ガードナーへの手紙」。入場料500円問合 090-2915-0033

2~3

日~月

シーユース雷音にて「ケーキ・軽食バイキング」。事前予約が必要です。問合 22-5740

10:30~ 元気館にて「親子であ・そ・ぼ!~豆まき 心の中の鬼を追い出そう~」問合 21-1310

それではよい週末を。   まめ

<提供:まめちゃん>

比角ゴールデンファイヤー(少年野球教室)創立25周年ー(6)

今回も引き続き歴代監督と、子供達の声をご紹介したい。「野球だけではない。『礼儀』『挨拶』『人に対する態度』を指導してきた。」と、野球をする者は「人間の基本」を身につけることが大切という思いが込められている。

<歴代監督の声>

ー前略ー毎週末に子供達の笑顔を見るのがとても楽しみでした。今思うとそれを励みにやっていたようにも思います。子供達には野球も大事だが、日常生活の「礼儀」「あいさつ」「人に対する態度」これができる人に指導してきました。野球だけが強いチームよりも、それができるチームになってくれたことに、優勝以上の喜びを感じました。-後略-

ーH24年ど監督 本間 昌幸 氏ー

<子供達の声>

◎ ぼくはキャプテンとして、みんなをまとめていきたいです。試合では、バッティングを良くしていくために、毎日素振りをがんばります。守備では、ゴロを確実に取って、内野も外野も守れるようになりたいです。

ー5年 柳田 誠人 君ー

◎ ぼくはお兄ちゃんのえいきょうで、3年生の冬に入部しました。努力したことは、毎日バットを握ることです。1勝でも多く勝ちたいと思いましたが、全日本では2勝した後、連続コールド負けで、4位はくやしかったです。5年生たちには、強くなってほしいです。最後にかんとく、コーチ、保護者の方々に感謝しています。ありがとうございました。

ー6年 阿部 彬将 君ー

◎ ぼくは中学へ行っても野球をやります。だからこの冬に肩を治し、走ります。そして中学へ行ったらレギュラーに入り、活やくしたいと思います。

ー6年 内山 諒 君ー

2013秋季新人大会

<次回に続く>

お弓はじめ

今年の冬は例年より寒さが厳しいようだ。北極圏から南下してくる寒気団が、いつもより多く発生し、日本列島を覆っているらしいが、その影響が多方面に現れているという話を聞く。最近あちこちで水揚げされているダイオウイカなどもその一つで、海底に流れ込む冷たい海水を逃れて浮上したところで網にかかってしまうのだそうだ。いずれにしても、ジワジワと地球の環境が変化する中で、生態系にも影響が出てきているのかもしれない。

1 厳寒の中を走る矢

ところが、環境も時代も変化する中で、変わらず伝えられていることもある。その一つが西山町二田の物部神社で、古くから伝えられ守られてきた「お弓はじめ」だ。県内では弥彦神社に同様の行事があるそうだが、他にはあまり聞かない。このお弓はじめは氏子の人達が毎年2月7日に集まって弓を射て、1年間の無病息災・五穀豊穣を祈願する祭りだ。当日、鳥居をくぐった順番で参加者の一人ひとりが弓を引く。その時の緊張感と静寂はなかなかいいもので、観ている人まで背筋が伸びるし、味わい深いものがある。そして、放たれた矢が閃光のように走り的に命中するとドッと歓声が沸く。それまでの凛とした空気が解ける瞬間で、和やかなムードが漂う。当然のことながら、命中した人は今年1年いいことに恵まれると、喜びに浸るのである。

2 由緒ある神社

そもそもこの二田物部神社はその名の「物部」が示す通り、歴史は古く式内社であるばかりでなく、江戸時代には3代将軍徳川家光公の朱印状を賜ったり、明治時代は県社にも指定されていたそうである。この神社で延々と引き継がれてきた行事が、このお弓はじめだ。因みに、商工会青年部・七日会(青年部OB会)の手によって始められた草生水祭りも、ここ物部神社が発祥である。

3 お弓はじめの謂(い)われ

このお弓はじめの由来・来歴はいろいろあるようだが、要約すると以下のとおりだとか。①古くから正月の武芸始めの行事であったものが、今日まで伝わっていること。②徳川時代には将軍の上覧もあって盛大だったが、時代とともに宗教的儀式に姿を変えてきたこと。③そもそも弓を射ることは、天地四方の悪魔を射る破魔の意味があり、正月の魔除けの矢を戴く習わしもこんなところから来ているということ。等々と聞いている。

このように、今日では1年間の幸せ祈願のお祭りであることから、誰でも参加できる。見学は勿論弓を射ることもできる。新しい年に神様の前にでて、神聖な気持ちで精神を統一し、頬を刺す厳寒の空気の中で、キリリと弓を引くのもいいかもしれない。

随想