政界やぶにらみ(7) おかしいぞ反原発団体???

今回は、政界やぶにらみ(5)でお知らせした、柏崎・刈羽原子力発電所のフィルターベント設置の事前了解に対する、その後の動きについて、寄せられた声や報道を交えながら、考えてみたい。

(1)撤回の申し入れはパフォーマンスか???

8月19日原発反対地元三団体が、柏崎市長に対して「事前了解の撤回」を申し入れた。市長はこれを拒否した。

当然の事ながら、マスコミはこのことを一斉に報道した。テレビは勿論、新聞も写真入で大きく報じている。そのうち、8月20日の柏崎日報によると、“三団体は今月7日、市民団体「原発からいのちとふるさとを守る会」とともに、了解撤回を文書で市・村に申し入れていた。”と書いている。

これだけ見れば、この度の事前了解に関して反原発団体は、間髪を入れず行動を起こし、事前了解に抵抗し、反対運動を展開しているかのように思われる。・・・いつもこうだ。

ところが、事実は違っている。当ポータルの読者はだまされない。

(2)沈黙を貫いていたのは誰か?

つまり、政界やぶにらみ(5)でご紹介したように、事前了解前8月5日の市議会会派代表者会議の席で、「沈黙を貫いていたのは誰か?」 三団体共同代表と反原発会派代表は同一人物ではないか。勿論、代表だけではない。夫々の会派にも団体にも構成員がいて、同一行動を採っている。・・・ここのところが極めて重要である。

(3)「市民をあざむいている」の声

最も強く反対表明をし、体を張って阻止しなければならない場面では沈黙を貫き、2週間も経過してから、多くのマスコミに知らせて撤回を申し入れる。マスコミは大々的に報道する。会派代表者会議での実態は知らされないままに・・・。 当然市長が拒否することは折込済みであろう。「市長とは裏で話ができている」という声さえある。これに対して彼らは如何に弁明するのか? 一般市民は、これら一連の「行動の裏」を知らなければ、報道された部分だけ見ていると、だまされてしまう。

これがパフォーマンスでなくて、何であろうか?

「市民をあざむいている」との声が寄せられているが、至極当然である。

(4)ある医師の憤り

その一方で、8月8日の柏崎日報「響」欄に市内の開業医からの投書が掲載された。その中で「市長了解に憤り」と題して、「市長は再稼動につながるフィルターベント設備の事前了解を与えた。私は舵取りの難しいまちでの市政を、陰ながら支持してきた。しかし、今回の前のめりになったような市長の決定に強い憤りを覚えている。」と述べ、「一縷の望みだったのに見放された思いである。」と結んでいる。・・・これなら解る!!原発反対を唱える人の立場からすれば、これが真っ当な意見であろう。(因みに、拙筆の知る限りこの医師は、人望があり患者や医師仲間からも尊敬を集めていると聞く。)

ところが、前述した原発反対地元三団体の行動は明らかにおかしい。

市民各位が厳しい目で本質を見極めて頂くことが肝要ではなかろうか。

政治

特集!!今人気のペット!!no,1

いつも「我が家のペット」をご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
今回より、不定期にて、「今人気のペット!!」をご紹介して参りたいと思いますので、「ペットを飼おうかな?!」と思っている方等、是非ご覧下さいませ!

今回、第一回目にご紹介するのは、今一番人気の「トイプードル」です!
images
<<トイプードル>>

●ルーツ
紀元前30年ごろのローマ皇帝の記念碑に、プードルの彫刻があることから、非常に歴史の古い犬であることは事実のようだ。
ドイツの水猟犬が、フランスにもち込まれたものという説が有力で、その名前は「プーデル」というドイツ語で「水中でパチャパチャ音をたてる」からきているといわれている。
独特の毛の刈り込みは、この犬が水猟犬だったころ水中での活動をスムーズにさせるためになされたもので、心臓など保護すべき部分の毛を残してカットしたのが始まりだという。
16世紀頃、貴婦人たちに愛されるようになってから、優雅さを狙って工夫を重ね、今日のようなアレンジになったようだ。
加えて体も小型化の改良が進み、まずミニチュア・プードルが誕生し、18世紀になってさらに小型化したトイ・プードルが登場した。
19世紀には、宝石をちりばめた首輪の抱き犬として、大人気を得たといわれている。
今日も、三つのサイズともプードルには愛好家が多く、家庭犬、愛玩犬として、世界中の人々に愛されている。

●外見の特徴
バランスのとれたスクエアな体形のもち主で、適度に力強い筋肉をもっている。
気品の漂う容姿は、慣例のクリップによって、より洗練された美しさが表現される。
頭蓋は適度に丸く、頬骨と頬の筋肉は平ら。
鼻吻部はまっすぐで長く、目の下にはわずかな彫りが見られ、唇は引き締まる。
目はアーモンド型で、適度に離れている。豊富な飾り毛に隠れた耳は肉厚で、長くまた幅広く、付け根は目の高さかそれよりやや低めで垂れている。
つく位置の高い根元の太い尾は、上向きに立っており、1/2程度の長さに断尾される。
被毛は非常に豊富で、比較的硬い巻き毛。
縮れた毛はよく密生している。
毛色は一色毛が理想とされ、黒、白、ブルー、ブラウン、アプリコット、クリーム(オレンジ)、シルバー、シルバー・ベージュなどのほか、同じ色で濃淡をもつものがある。

●性格
非常に賢い犬種といえるだろう。
しつけや訓練も楽しみながら、教えられたことを積極的に吸収していく。
従順で忠実。
飼い主の家族にもよくなつき、来客に対する態度は、愛想も振りまかないが威嚇することもない。
ほかの犬に対しても寛容で、トラブルを起こすようなことはまずない。
ただし利口な分だけいたずらも好きな面もあるので、その点には注意が必要。
活発で散歩好きで、訓練が行き届いていれば、広場でリードを外しても、どこかにいってしまうようなことはない。
呼べばきちんと戻ってくる。

●飼育
比較的硬い巻き毛が豊富に密生するため、入念な手入れが必要な犬種である。
この犬特有の優美な姿を維持するには、月1回のトリミングが必要となるが、家庭犬の場合は短い刈り込みにしておく方が、当然手入れは楽になる。
日常的にはブラッシングとコーミングを丁寧に行い、その際クリップで露出した皮膚を傷めないように、十分注意する。
ツメは常に短く保ち、週に1度は歯ブラシで歯を磨き、綿棒などで耳掃除するなど、被毛の管理以外の手入れも必要である。
細かな手入れに関しては、専門家から直接手ほどきを受けるのが、望ましいといえるだろう。
優雅な姿を保つためのトリミングのコストは多少かかるが、それをして余りある魅力的なパートナーになるはずだ。

●健康上の注意点
運動量としては室内や庭先での運動だけでも十分だが、散歩に出かけることを好む。
そのため1日1回はできれば外に連れ出し、周辺を散歩させたり、安全な場所で自由に運動させてあげたい。
遊び好きなので、一緒に遊べば喜ぶし、辛抱強く教えれば、芸を覚えさせることも可能だ。
食事は若犬から成犬なら朝夕2回与え、新鮮な水を常備する。
内容に関しては、栄養バランスのとれた小型犬用ドライフードだけで十分だ。
嗜好性を加味したいならば、ドライフードを基本に、全体量の2割程度の缶詰フードを混ぜた混合食が手軽でお勧めである。
味が濃い人間の食べものや偏食は、不健康のもとになる。
また常に健康状態を観察して、下痢や肥満の兆候がみられたら、すみやかに対処する。
膝蓋骨の脱臼に注意するほか、遺伝的な眼病などにも気を配る。

*「ペット情報総合サイト PETPET」より引用させて頂きました。

今日の川柳(2) 孫 5 題

◎ 「こうやるの」  孫に教わる  アイパッド

◎ 三歳の  孫の言葉は  「おするばん」

◎ 孫の手を つかう姿に 孫笑う

◎ 「違うでしょ!」 言われた言葉で 返す孫

◎ 孫帰省 振りまわされて 一週間

 

川柳