習わなかった近代史

お盆の時期になると、8月15日が「終戦記念日」という事も有り、テレビで戦争関連の番組が増えますので、ご家族で『戦争』について話し合うこともあるのではないでしょうか。当時「大東亜戦争」と呼ばれ、後に「太平洋戦争」と改名された先の大戦に、ご先祖様、またはご親族の方が出征されたという方もいらっしゃると思います。

私たち”戦争を知らない世代”は、なぜか不思議なことに明治維新以後の近代史は「時間切れなので各自で教科書を読むように」と言われ、詳しく教えてもらえなかった方が多いと聞きます。

今回ご紹介する動画は近代史を知る1つの手段としてご覧下さい。

当時は人種差別も平然と行われており、白人国家がアフリカやアジア諸国を植民地支配していた時代でした。

 

日本は白人国家のように植民地を求めて侵略戦争をしたのでしょうか?もしそうだとすれば、なぜ多くのアジア諸国が今でも親日なのでしょうか?貴方はその理由を知っていますか?次にご紹介する動画はダイビングで有名な南国の島「パラオ共和国」と日本の物語です。

 

最後にご紹介する動画は、当時アムステルダム市長で、その後オランダの内務大臣に選ばれたエドゥアルト・ヴァン・テ­ィン(Eduard van Thijn)氏の言葉です。

 

以上の動画をご覧頂き、貴方は何を感じましたか?戦争に行ったご先祖様、お爺ちゃんは悪い人だったのでしょうか?

一般的に、お盆は「ご先祖様の精霊を我が家に迎え供養して、家族と亡き人が共に過ごす期間」と言われています。是非この機会に「戦争」について話し合ってみては如何でしょうか。

 

ちなみに、「靖国参拝」について問題視している風潮がありますが、多くの国が公式参拝しています。

靖国神社

動画

政界やぶにらみ(2) 「自分は市長与党だ」と言ってはばからない議員

◎ 「自分は市長与党だ」と言ってはばからない議員

1 二元代表制

地方議会の在り方について「二元代表制」という言葉が度々使われる。つまり、地方自治体では、首長(市町村長や知事)と議会議員をともに「住民が直接選挙で選ぶ」という制度をとっている。これを二元代表制と言う。

(※ 参考:国では、選挙された議員で組織された国会が指名する内閣総理大臣が内閣を組織し、国会に対して責任を負う、という議院内閣制である。)

二元代表制の特徴は、首長と議会がともに住民を代表するところにある。どちらも住民を代表するという立場の首長と議会が、お互いが市民にとって「良きは進め、悪しきは正す」役割を果たすことを言う。

従って、首長と議会が対等の立場で、基本的な方針を決定(議決)し、その執行を監視したり、積極的な政策提案を通して政策形成の舞台となることこそ、地方議会における二元代表制の本来の在り方であるといえる。

 

2 「我々は市長与党」と言う議員諸氏

柏崎市議会には「自分は市長与党だ」と言ってはばからない議員センセイがおいでになる。

もう少し具体的に言うと「市長の提案は『カラスが白い』と言われても賛成する議員先生」が堂々と胸を張って存在するということである。既にお気付きのように、これ等の議員諸氏は二元代表性の役割を果たしていないことになる。換言すれば、「議員としての責務を果たしていない」ことになる。

ところが、柏崎市議会ではこのような議員諸氏の方が「多数を構成」しているのである。その分かりやすい例が6月定例会議で出た。

「13t級除雪ドーザ(1,700万円余)」の購入契約の審議をした総務常任委員会での討論の中でのことである。(参考:本サイト6月28日掲載「存在しない会社と契約してしまう柏崎市役所の超常現象」にて概説)

委員会ではこの議案の賛成・反対は「4:4」に分かれた。その賛成をした4人の発言を紹介しよう。

「この契約は疑問が多い。」「この契約には問題がある。」「だけど、市当局がこれで良いというから賛成する。」と言うのである。ここでは4人が揃って(多少の表現の違いがあるものの)このような発言をして「賛成」したのである。

結局、この契約は
◎ 委員会では賛否同数により、委員長採決で「否決」・・・ところが、
◎ 最終日の本会議では、賛成多数で「可決」承認(契約は成立)
したのである。

議会では、委員会で否決された議案でも、最終日の本会議で覆ることがままある。これは、「最終決定は本会議の議決による。」からである。

くどいようだが再度申し上げるならば、委員会では本議案について是か非かの積極的な議論が交わされ、かろうじて「否決」・・・つまり、「市長提案を否決」したのである。ここでは、「市議会の良識」を守り、二元代表制の役割が果たされたのである。ところが議会最終日、本会議では「市長派議員の多数」により「白いカラス」が成立したのである。

これ等一連の審議経過や議論の様子は、報道では知らされない。従って市民各位にはごく一部を除いて殆ど届いていないと思われる。

本サイトではこれからも、このような市議会の知られざる実態をお伝えしていきたい。

今回のこの「市長与党議員」や「契約」の問題点が何処にあるのかは賢明なる読者各位のご判断に委ねたい。

また、二元代表制や市長与党議員のことについては、極めて大切なことであるので、これからも折に触れて掲載していく予定である。

H 25.8.12

政治

家族を癒し続ける「ロコくん」!

「我が家のペット」シリーズ!
今回は、柏崎市安田、Mさんからのご紹介です!

13

14

ご紹介する、今回の我が家のペットは「トイプードル」のロコくん、男の子です!
年齢は3歳!
人間に例えると、だいたい28歳前後です!
まだまだ元気!元気!です

好きな食べ物は「ササミ・レタス・スイカ」です!
なかなかヘルシーな食事に反して現在の体重は、凡そ8キロ・・・
普通のトイプードルよりちょびっと大きめです(笑)
けど、いつも元気に家族の一員として、暮らしています。

ご家族みなさんが、ロコくんに癒されて過ごしているそうです!!

いつまでも、家族のみんなを癒してあげてね!! ロコくん!!

12

11

柏崎市内のご自慢のペット大募集しています!
どんどんご応募下さいませ!!

今年の秋冬ファッションはチェック柄とパステルカラー

やっと梅雨が明けたと思ったら早々に秋冬ファッションの情報が入ってきました。

今年のトレンドは「チェック柄」「パステルカラー」です!

チェック柄gif
チェック柄はイギリスの伝統的な柄ですが、飽きがこなく長年使えるモノが多いですね。

 

 

 

 

 

パステルgif

秋冬にパステルカラーを着るのは斬新というか奇抜な感じもするので、着こなすには高度なテクニックが必要かもしれません。

中にはパステルカラーでチェック柄なんてハイブリットなファッションもあります。

 

 

 

 

今年の夏に流行った花柄のスリムパンツも、一歩間違えるとモンペに間違われるのが悲しいところ。適度に流行を取り入れてファッションを楽しんで下さい。

今年の冬もカラフルな色使いのファッションが主流になりそうです。

くるまの燃費を上げる方法(免許取りたての方向け)

自動車の中には、燃費の良いものから悪いものまでいろいろありますよね。
燃費が良い車は更に燃費を良くしたいですし、燃費の悪い車は、少しでも燃費を改善したいですね。
燃費を良くするためにはどうすればよいのか、下記にまとめてみました。
★初心者向けです!!

car01

◆アクセルはやさしく操作する!
静止状態から時速50kmまで加速させるのに、ギューッとアクセルを踏んで加速させるのと、優しくアクセルを踏んでスピードを上げていくのでは、優しくした方が、燃費が6~10%ほど改善されます。
急発進や急ブレーキはガソリンを無駄に消費しますので、出来るだけ「優しく」運転してみて下さいね。

◆アイドリングストップ!
アイドリングというのは、車は動いていないのににエンジンが動いている状態のことをいいます。
例えば信号待ちの状態がそうです。
車は走っていないのにガソリンを消費している状況は、無駄であることは明白です。
最近の車両には、燃費を良くする為に自動でアイドリングをストップさせる機能がついていますので、燃費向上には大きな要因ですね!

◆タイヤの空気圧は適正ですか!
タイヤの空気圧が適正でないと、路面を蹴る力が低下しますので、無駄にガソリンを使ってしまいます。
ガソリンスタンドの中には、無料で空気圧をチェックしてくれるところもありますので、定期的(2~3カ月に1回くらい)に点検しましょう!

◆暖機運転はあまり必要ではない(車両により必要な場合もあります!)
暖機運転というのは、その日初めてエンジンを始動して、エンジンが温まるまで5分~10分くらいアイドリング状態のことをいいます。
最近の自動車はとても性能がよくなっているので、それほど必要はありません(2~3分くらいで十分)。
ただし、エンジンをかけて直ぐに急発進など無茶な運転はエンジンを傷めてしまいますので、最初は優しく運転して下さいね!

◆無駄な荷物は積まない!
車の中に重たいものを積みっぱなしにしていませんか?
重い荷物を積むだけでも、車はけっこうパワーを使います。
燃費向上には、必要のないものはなるべく積まないようにしましょう!

◆エアコンをつけすぎていませんか?
夏はガンガンに車内を冷やして、冬は暑いくらいエアコンをつけていませんか?
車のエアコンは、ガソリンの力をつかって動いていますので、 実際エアコンを使用すると加速も鈍くなりますし、燃費も若干ダウンしてしまいます。
身体のことも考えて、エアコンはほどほどにした方が、お財布にも身体にも良いかもしれませんよ!