BMWの歴史

1916年に端を発し、車好きの方はよくご存じのように、航空機エンジンメーカーとしてその第一歩を踏み出した。触りだけ知っているとよく勘違いされてしまうのだが、戦闘機用エンジンを作っていたわけではなく、戦時中に作ろうとはしたものの大した成果を残せずに終わっている。また、富士重工業(現SUBARU)のように、戦後自動車メーカーとしての歴史を踏み出したと思われがちだが、実際には戦前から自動車製造を行っていた。

トカゲをペットショップで買うときの値段は?

いざ、ペットショップにトカゲを買いに行くとなると気になるのが値段です。トカゲは種類によって値段も異なってきますが、手軽に購入できるもので、5000円ぐらい、高いもので20000円くらいとなっています。いろいろなペットの中ではお手軽な部類と言えるでしょう。

車のウインカー

ウインカーは『方向指示器』とも言い、「車が左(右)に動きます」ということを対向車や後ろのドライバーに知らせるものです。

車を運転していると、ふと前の車のウインカーへ視線が向きます。

「点滅しているから当たり前だ」と思ってしまいがちですが、実はこれ……『点滅回数』に工夫がされているんですよ。

道路運送車両法の『保安基準』では、ウインカーは毎分60~120回、また常に一定の速度で点滅することと決められています。

このスピードは、人間が緊張気味のときの脈拍と同じリズムなんだそうな。

道路を走っていると、ドライバーはどうしても運転に慣れてきてしまいます。

だから右左折や車線変更など、普段と違った動きをする場合には、それまでの運転に慣れたドライバーに注意を促しているわけです。

「注意を促すならもっと早くてもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、あまりにも点滅が速いとドライバーはかえって焦ってしまいます。

「心臓バックバクの状態」と同じリズムが目に飛び込んできたら、落ち着いて運転できませんからね。

もちろん点滅が遅いと、逆に緊張感が無くなってしまいます。

そこで「緊張気味の心拍数」という、少しだけ速めのスピードに設定されているわけです。

トカゲの寿命はどのくらい?

最初に紹介するトカゲの情報は「寿命」。トカゲを飼おうと考えるのなら知っておきたいのが寿命です。トカゲの寿命は、種類によってもかなりの違いがあるといわれており、5年ほどのものから40年以上生きるものまでいるようです。自然界でのニホントカゲの平均寿命は、生息地域や環境で変わってはきますが、5年〜7年程度といわれています。外国産のトカゲではさらに寿命の長いものが多く、ペットとして人気の種類のものでは、10年~20年くらいにもなるとのことです。野生の中で生きるよりも、環境を整えてあげることで長生きできる可能性が高く、犬や猫と比べても引けを取らないくらい長く付き合うことができるようです。

メルセデス・ベンツの「メルセデス」の意味ってわかりますか?

「メルセデス」とは、1899年当時、ダイムラー車のディーラー(販売代理店)を経営していたオーストリア=ハンガリー帝国の領事でありユダヤ系ドイツ人の富豪であるエミール・イェリネック(Emil Jellinek )の娘の名前である。イェリネックは自らが販売する自動車に、「ダイムラー」という硬い響きを避け当時流行していたスペイン風の響きを持つ名を冠した。