国産スポーツカーのルーツは戦後からである。

いまでは若者よりもシニアに人気とも言われるスポーツカー。

スポーツカーとは、運転そのものを楽しむ(スポーツドライビング)目的で、運転の性能や高速走行の実現を追求を目的に設計・製造された自動車を指します。

世界で初めてスポーツカーと呼ばれたのは、1915年に製造されたスペインの「イスパノ・スイザ3.5L」と言われています。
その後、数多くの国、メーカーでスポーツカーが開発されたのだそうです。

ところで、日本でスポーツカーが本格的に開発されていったのは1980年代に入ってからだそうです。
その前にもスポーツカー自体は存在していて、戦後から1970年代までに開発された代表的なスポーツカーは、ダットサンスポーツDC-3(フェアレディZの源流)(1952年)、ホンダS600(1964年)、トヨタスポーツ800(通称”ヨタハチ”、「86」の源流)(1965年)などがあるそうです。

リスの寿命はどれくらい?

ペットとはいえ一度一緒に住んだら家族同然ですから、寿命も気になるところです。ペットで一番人気のシマリスの場合は6年から10年と言われています。寿命に幅がありますが、それは飼われていた環境によるもの。
リスはもともと野生の動物で野山を駆けめぐり運動をしていたのでケージ飼いだけでは運動不足が重なりストレスが溜まります。人間とおなじでストレスは寿命を短くします。

皮膚病にかかりやすいので皮膚病の症状と原因を挙げますね。しっぽの毛が抜け落ちたらそれは症状の始まりです。原因にはストレスだったり、餌の栄養の偏りだったりカビや菌の感染の場合もあります。よく観察して少しの変化も見逃さないのが鉄則です。

エンジンオイルは使用条件に合わせて選ぶことができる。

エンジンオイルに表記されている「5W-30」のような英数字。
これはSAE(米国自動車技術者協会)粘度番号でオイルの粘度を表す番号でエンジン内部の温度が低温の時と高温の時の粘度を表しています。
「5W-30」であれば左側の「5W」は低温時のオイル粘度、右側の「30」は高温時のオイル粘度をあらわしており、 この数字の差が大きければ大きいほどオイルの粘度を保てる温度域が広くなります。

エンジン内部の温度は速度に影響されますので 近所の買い物にしか使わない方は低温時の粘度が大きいオイルを 高速道路をよく使う方は高温時の粘度が大きいオイルを選ぶなど 使用条件に合わせて選んでみては、いかがでしょうか。

リスってどんな動物?生態を紹介!

一般的に「リス」と言えば思い出すのが背中にラインの入った「シマリス」ではないでしょうか。テレビCMなどにも登場し馴染深いリスの1種ですね。でもリスの種類はとても多く全258種もあり小型の「アフリカコビトリス(10g)」から「アルプスマーモット(5~8kg)」の大型リスまで姿かたちも様々です。

リスは「栗鼠」と書きますが、それはネズミ目(齧歯目)リス科に属するからです。漢語では「リッス(栗鼠)」と発音していたのが促音の脱落により「リス」になったそうです。

リスの小さな口の中の門歯は伸び続けるので餌を食べる時はこすり合わせて伸びきらないように調節をしています。ほとんどのリスは草食系で、野生のリスに至っては木の実、種子、果実、キノコ、草などの多様多種な植物で食事をしています。
木の上に住処を作る樹上性リスはしっぽがふわふわしていて長く、地上性のリス(ジリス)は毛並みがなめらかでしっぽが短いのが特徴です。手先が器用なので物を持って食事する姿がキュートですね。

なぜ法定速度以上の速度が出る車を作るのか?

日本では高速道路でも制限速度が時速100㎞なのに、なぜ日本車でも時速180㎞まで出るようになっているかご存知でしょうか。
良く考えてみると、外国ではアウトバーンなど、速度制限がない道路もあるので納得ですが、日本ではちょっと不思議ですよね。

調べてみたところ、どうやら危険を回避するためのバッファーのようです。また、日本車で多い時速180㎞の科学的な根拠として、高速道路の最大勾配である6%勾配を走行した場合の走行性能を平坦走行性能に換算した数値が180kmということのようです。