シボレー エンブレムの由来

シボレーの名は創設者ルイス・シボレーにちなんだもの。レーシングドライバーとして、またレーシングチームのマネージメントにも優れた才能を発揮していた彼は、 小型車設計の依頼を受け、完成したクルマにシボレーと命名したのが始まり。1908年、デュラント社長は旅行先のフランスでホテルの壁紙を見て、これは使える!と思い、それをシボレーのエンブレムにしたのが由来。 その形が蝶ネクタイに似てることから、ボウタイと呼ばれるようになったとのこと。ちなみにボウタイとは英語で「蝶ネクタイ」のこと。

蛇の寿命はどれくらい?

初めてヘビを飼ってみようと考えている人は、コーンスネークやポールパイソンなど小さな蛇がおすすめです。コーンスネークは、10~15年、ポールパイソンは20年と言われています。また、アオダイショウなど短いもので10年前後、ニシキヘビにおいては、25年~30年と非常に長く、ペットとして飼うのなら、一緒に生活する期間が長いものがいいでしょう。ただし、蛇には、治療法が確立されていない病気がたくさんあります。変温動物のヘビにとっては、気温の変化に体温がついていけないので、湿度や温度の管理などに気を付けることや、脱皮不全に気を付けることで病気を防ぐことができます。

クライスラー エンブレムの由来

ウイングバッチは1924年にウォルター・P・クライスラーが世に送り出したクライスラーブランド初の自動車に使用された「ゴールドシール」のエンブレムと、 翼(ウイング)の印のある当時のラジエターキャップを組み合わせたもので、パワーと飛翔のイメージのシンボルである。クライスラーの五角形のロゴは「五芒星(ごぼうせい)=ペンタスター」を表したもの。

蛇ってどんな動物?

古代エジプトでは王権のシンボルでもあった蛇。蛇は、生物学上は、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目に分類される爬虫類の総称で、南極大陸を除く全大陸に生息しています。目と耳は悪いのですが、皮膚感覚が敏感で、味覚が鋭く、舌はにおいも察知できます。エサはネズミなどを好み、丸呑みするのが特徴です。蛇は丸くてつぶらな瞳と、寿命は15~30年と長く一緒に生活できる年月が長いこと、無臭・無音であることから、最近ではペットとして蛇を飼う人が増えています。1度食事を摂れば、数日間食べ物いらずで食費もあまりかからないのも魅力の一つです。

キャデラック エンブレムの由来

アメリカの開拓時代、デトロイトの町を開いたフランスの探検家「アントワーヌ・ド・ラ・モス・キャデラック」。デトロイトの父として親しまれている彼に敬意を表し、 高級乗用車に彼の名前が付けられたのがネームの由来。エンブレムは、伯爵家であるキャデラックの家の紋章を基に、ヨーロッパのアーティスト、ピートモンドリアンによってアレンジされたもの。