SUVとRVって違うの?

アウトドアや休暇で乗るような車というと、RV車という言葉を思い浮かべる方も多いのでは無いのでしょうか?
レジャーを楽しむことに重きをおいた車という意味で捉えるとSUVにも分類されるのですが、RVはアウトドア用の車の意味合いが大きいです。
具体的にはトヨタのランドクルーザーや、三菱パジェロなどがあって、「Recreational Vehicle( レクレーショナル・ビークル)」つまり遊びに使える車を指しています。
特にアウトドアで使うことを想定していて、車でキャンプサイトまで行って車のすぐそばでキャンプやバーベキューができるような車というイメージで売り出されていました。
荷室もシートも大きめに設計されていますので、室内空間が広々としていて快適であることも、こうしたRVの条件となっています。
SUVはそうしたRV車も、街乗り仕様の車も含めたものを指します。
具体的には各メーカーで、以下のものがSUV車として発売されています。

人気ペットランキング

第3位 ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスター (Mesocricetus auratus) は、哺乳綱齧歯目キヌゲネズミ科ゴールデンハムスター属に分類される齧歯類。別名シリアンハムスター。

SUVって何?

自動車のタイプにはセダン、バン、ワゴンなどいくつもありますが、日本での人気はもちろん、世界的にも日本車ではSUV車と呼ばれるタイプの人気が高いそうです。
車高が高くて大きめの車、というようななんとなくのイメージがあるものの、実際のところSUVってどういう意味なのでしょうか。
SUVとは「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略称で、「多目的スポーツ車」という意味があります。
そのため、SUVの意味はかなり広く考えることができ、いろいろなシーンで使える実用的な車であればなんでも良いということになります。
実際にSUVと呼ばれている車をみると、アウトドアや悪路でも走ることができるタイプのものが多く見られます。
また、室内が大きめで荷物が運びやすいというもの・タイヤサイズが大きめの車が多いです。

人気ペットランキング

第4位 カワウソ

カワウソ(獺、川獺)は、食肉目イタチ科カワウソ亜科(カワウソあか、Lutrinae)に分類される構成種の総称。

クルマのドア、「バー型」が増えたワケ 利便性やデザインだけでない、その背景

クルマのドアハンドルには大きくわけて、下から(あるいは横から)手をかけて引き上げる「フラップタイプ」と、バーを握って引っ張る「バータイプ」があります。
従来の国産車はフラップタイプを採用することが多く、バータイプを採用しているフォルクスワーゲンではこのことを、同社のクルマを購入前の人に向けたウェブページで「国産車とのちがい」のひとつとして紹介しています。

しかし現在、国内主要メーカーの乗用車ラインアップを見ると、多くのクルマがバータイプになっています。

たとえばホンダ「フィット」のドアハンドルは、2007(平成19)年発売の2代目まではフラップタイプでしたが、2013(平成25)年発売で現行の3代目は、バータイプに変わっています。

●バータイプのドアハンドルにはどのような利点があるのでしょうか?

フラップタイプは、ハンドルの下に手を入れて引き上げるため、特に身長の低い子どもなどは、ハンドル位置が高いと操作しにくくなります。
これに対し、バータイプはハンドルの内側に手を下からも上からも入れることができ、バーを引いて操作するので、ハンドル位置が高くても扱いやすいのです。
また、ハンドルが大きく、意匠性の高いものが多いのも特徴です。

●以前からバータイプは存在していたと思いますが、なぜ増加傾向にあるのでしょうか。

軽自動車のいわゆるハイト化(全高および室内高が大きくなる傾向)や、ミニバンの増加により、ドアハンドルの位置が高いクルマが増えているためです。
より多くの人の使い勝手を考え、利便性の高いバータイプが主流になったと考えられます。