猿ってどんな動物?

まるで人間のタレントのような、演技や技でテレビなどでもお茶の間を沸かせている猿。一般的にはサル目(霊長目)から、ヒトを除外したものを言い、野生動物の中では一番人間に近いと言われています。歴史を遡ると、5000年前の南米のインディオでは、人が猿をペットとして飼っていたことが記されており、昔から人間にペットとして親しまれていた動物であったようです。

見た目、コミカルな動き、賢さ、豊かな表情などから近年ペットとして人気が出てきています。基本的に雑食の猿は、植物の他にも昆虫などを食べることが多く、食事は人とは少し異なっています。なにより豊かな表情や感情が見られることが魅力で、まるで人間の子供のようでもあります。しっかりと飼育することで深い絆を築けるのも魅力です。

歩道のマウントアップはなぜ?

通常、歩道は車道に比べて高くなっていること、みなさんご存知でしたか?
歩道等が車道に比べて高く(マウントアップ)なっているのは以下のような理由によるものです。

歩道と車道の区別が明確になる
歩行者の視線が高くなり、車両と歩行者の相互の確認がしやすくなる
雨水が住区内に浸入しないようにする
進行方向を誤り車道外に逸脱した車の進行方向を復元し、又は車の速度を低下させる
また歩道の横断勾配については、路面に降った雨水を排水するため、一般的には2%の横断勾配を付けることとしています。

ウサギの飼い方

飼育環境

最近は、室内飼育が主流です。
庭やベランダで飼育することもできますが、暑さ・寒さ対策、脱走対策、外敵の侵入など検討することが多いためおすすめできません。
室内飼育では、ケージを置く場所、運動する場所が必要です。
床に置いてあるものやケーブルなどを齧る恐れがあるため、整理整頓を心がけます。
ケージの位置は、直射日光が当たる場所を必ず避け、部屋のドアからできるだけ離れた壁際が基本となります。
ただし、エアコンや窓の位置も考えてケージの位置を決めてあげます。

高速道路は、道路上に水がたまらないよう、道路脇に向かって道が傾いている。○か×か?

高速道路上に水たまりがあるとよりすべりやすく、前方を走るクルマの水しぶきで、視界が見えにくくなり危険です。そこで、雨が道路にしみこむ「高機能舗装」を採用。普通の道路で使われている舗装よりすき間を多く作り、このすき間に水が入るようになっています。さらに、空気がすき間を抜けて音を吸収するため、騒音を減らす効果もあります。

ウサギの飼い方

生活サイクル

うさぎを飼い始めてからの生活サイクルは次のとおりです。
実際の生活をイメージできればと思います。
昼間に働かれている一人暮らしの方をモデルにしています。
食事はできるだけ同じ時間が望ましく、食事以外については都合に合わせて変更できます。

●朝
朝食、お水の交換。

●昼間
飼主が帰宅するまでケージの中でのんびり過ごします。

●夜
夕食、運動、トイレ掃除、ケージ掃除、ブラッシング、健康チェック。

●深夜
就寝前にケージに戻します。飼主が起床するまでケージで過ごします。