イタリアングレーハウンドの特徴

イタリアングレーハウンドはFCI分類10グループのサイトハウンドの中で、最小の犬種です。
首を伸ばして頭を上げ、まるで小鹿が跳ねるように前肢を高く上げて下ろすという、気品ある歩様です。
しかし走る時は、グレーハウンド譲りのスタイルで両手両足を揃えて飛ぶように走ります。
耳の形は、前ではなく横に垂れる形が標準とされていますが、子犬の頃から終生立ち耳の個体も多くいるようです。
標準のサイズは体高32~38cm、体重は5kgまでとされています。

メルセデスベンツのエンブレムの由来

3つの頂点を持つエンブレムを「スリー・ポインテッド・スター」と称しており、開発者のダイムラーが、「陸・空・海」あらゆる分野で自社のエンジンが搭載されることを夢見て、その繁栄を表現したエンブレムを採用したとされています。

インコの飼育に必要な環境

温度は適切に管理しましょう

インコを含めた小鳥は本来体温が非常に高く、約42℃前後もあるため、寒さに弱い動物です。

若くて元気一杯の時は、かなり寒い気温でも耐えられるようですが、少しでも体力が落ちたり、食欲が減ったりすると、低体温に陥り弱ってしまいます。

冬は電球型の保温器等を用意した方が無難です。

調子が悪そうだなと思ったらまず保温

たとえ夏場でも、保温器が必要になることがあります。

ケージを置く場所は冷房の風が直接当たらない場所に設置するなど、温度が極度に変化しないように気を遣いましょう。

もちろん、高体温症にも注意が必要なので、保温器をセットしたケージの半分はタオル等をかけて暖かくして、反対側は温度が逃げるようにしておくと小鳥が自由に選べるので、保温と高体温症予防の両方に対応出来ます。

掃除は出来れば毎日行いましょう

床面の糞掃除は毎日あるいは2日おきには行いましょう。

また、餌入れや水入れもこまめにきれいにしてあげてください。

餌は減り具合を毎日チェックし、また床の清掃をする際には、糞便の状態と数を大まかに確認して、何かきになることがあれば病院に相談しましょう。

放鳥をしましょう

放鳥とはインコを籠から出し、運動不足やストレスを解消させることです。

また、放鳥を行うことで飼い主とのコミュニケーションを図ることができます。

インコに取っても飼い主にとっても大切な時間ですね。

ただし、時間も決めずにダラダラと放鳥しているのは適切とは言えません。

思わぬ事故を避けるためにも、放鳥する時間は1日に1時間程度にしておきましょう。

以下が放鳥をする際の注意点になります。

インコが窓から飛び出してしまわないよう、放鳥の間は窓を閉めておく

部屋のドアも閉じ、ほかの家族がドアを知らずに開けてしまわないよう、前もって放鳥することを知らせておきましょう。

また、誤って窓にぶつかってしまったときのために、レースのカーテンを引いておくと安心です。

放鳥の間、部屋の中にフンを落とすことがある

鳥は体の中にフンをためておくことができず、食べたらすぐに排泄する動物です。

フンを出さないようにする方法はありませんが、ケージから出している間はインコをよく観察し、フンをしたらすぐに片付けましょう。

家の中のものを齧ってしまうこともある

保護カバーを付けるほか、インコがかじって遊ぶおもちゃを用意し、そちらに興味を持っていかせるのも対策のひとつです。

また、家の中にはインコにとっては危険なものも沢山あります。

例えば、とがった鉛筆や冷えていないアイロン、炊飯器の蒸気、観葉植物にもインコに有毒なものがあります。

こういったものは予め片付けてから放鳥を行うようにしましょう。

ダイハツのエンブレムの由来

ダイハツのエンブレムは英語表記の「DAIHATSU」の頭文字である「D」を象ったものを採用しています。
元々大阪の発動機会社としてスタートを切ったダイハツの社名は、大阪の「大(ダイ)」と発動機の「発(ハツ)」を掛け合わせたことを由来としています。
頭文字の「D」を囲んでいる円は車種によってサイズが違っており、これはトヨタ車へのOEM提供の際に台座を共有するためとされています。

インコを飼うために必要な費用は?

インコを飼うためには一体いくら必要なのかをご紹介します。

便宜上、費用はセキセイインコを飼う場合の参考価格になります。

インコを飼い始める前にかかる費用

飼育ケージ 20,000円

巣箱 3,000円

エサ入れ、水入れ 1,000円

おもちゃ 2,000円

ヒーター 1,000円

餌 2,000円

プラケース 1,000円

※最初にヒナをつれてくるためのものです

――――――――――

合計 29,000円

インコを飼い始めた後にかかる費用(月単位)

餌 2,000円

おもちゃ 1,000円

――――――――――

合計 3,000円

上記を見ても分かるとおり、犬や猫を飼育するのに比べて大分安く抑えられられます。

なお、理由としては以下があげられます。

身体が小さいため食費がそこまでかからない
感染症などの予防接種というものがない

ただし、病気やけがの治療費は高額です。

地域や病院によっても異なりますが、だいたい初診料として1,000~1,500円くらい。

フンの検査が500~1,500円ほど、そ嚢液の検査が800~1,500円ほど、健康診断をするだけでも2,000~3,000円ほどの出費は覚悟しましょう。

何か病気が見つかって、さらに細かい検査が必要になったり、深刻な病気で手術や入金が必要になると、高額の料金を支払わなければならなくなります。

手術の内容にもよりますが、手術代は数万円から十万円、入院費は1日あたり2,000~5,000円ほどかかります。