犬は食べ物の味をあまり感じない

犬は鋭い嗅覚に対して味覚は未発達で、味を感知する能力は人間の1/5程度だと言われています。
その中でも特に鈍感などが塩味に対する味覚。
犬はほとんど塩味を感じないと言われているのです。
ドッグフードには味がついていないため、犬にとってあまり美味しくないのではないかと思われることもあるようですが、犬にとっては味覚より匂いの方が大切。犬に食欲がない場合は味より匂いをさせるようにすると良いでしょう。

「旬を味わう」=生かされている意味さがし(61)

61 旬を味わう=生かされている意味さがし(61)

体長が六十センチ以上もあろうかという「鰹」を太平洋側の知り合いから送って頂き、まな板に乗りきらない魚の処理(捌き)を久しぶりにやりました。

そうそう、北海道の生鮭を頂いた時以来でしょうか。元来、魚の捌きは自分でやるのですが、こういう大きい魚には手を焼いてしまいます。

日本海側では鰹を好んで食べる人は少ないように思います。魚の臭みをニンニクや生姜で消して食べるという習慣も一般家庭では珍しいことでしたでしょうし、新鮮な鰹そのものが流通していなかったということもあるでしょう。

酢で〆ることはあっても鯖や鰯も生で食べることはなく、煮付けにする!という家庭が多かったのではないでしょうか。

その鰹を捌きながら、我が家では食べきれない分をどう処分しようか、「あの家は鰹は嫌いだろうな」「あの家は今日中(新鮮なうち)に食べて貰えないかな」といろいろ思案しているうちに柵(ブロック状)まで完成。

その一つを刺身にして妻と試食。あれっ? まったく臭みもなく醤油をつけて食べると「鮪(まぐろ)の中トロ」と区別がつかないのです。夫婦でペロリとたいらげながら、「そうだ!この感じは……」と思い出しました。

食べ物で嫌いなものは沢山あるのですが、高級店での新鮮な牛肉、採りたての雲丹(ウニ)、九州のゴマサバ……。本物、旬の食材は本当に美味しいと思うことがあります。

「今まで(一番最初に)食べた食材はなんだったのだろう?」と思ったりもします。

野菜だって、果物だって同じです、長野のとうもろこしはフルーツでした。青森のゴールドラッシュの味はとうもろこしの概念を変えました。淡路島の玉ねぎも生で食べずに炒めたりすると「もったいない」気持ちになります。熊本の「はるか」という苺はスイーツを超えていました。

003 旬のものは美味しいということを改めて思い知らされます。今のコンビニやスーパーは一年中何でもあります。本当に美味しいものを私達は忘れてしまったような気がしています。

〈松谷範行氏著作:「生かされている意味さがし」より〉

この記事はブログ管理者からの無理な申し出を、筆者から受け入れて頂き掲載しているものです。

随想

タイヤはナゼ黒いのか?

車は様々な色があるのに、タイヤが黒一色なのはナゼなのか気になったことはありませんか?
そもそもタイヤはゴムでできていますが、ゴム自体は黒くありません。
しかし、重い車を支えて道路を走るという機能を要求されるため、タイヤのゴムには大量のカーボンが補強素材として混ぜられているのです。
カーボンは、黒いので必然的にタイヤの色も黒くなるワケです。

近年であればロードバイクのような高価な自転車に白いタイヤをつけている人もいるため、黒いタイヤが主流になった今、かえって白いタイヤの方がオシャレだと見るむきもあります。
しかし黒いタイヤが登場した当時は、最先端の性能を持つ黒いタイヤこそが富や名声のあかしであり、高級車がこぞって装着していたそうです。

犬もギネスに登録されている

さまざまな世界一が登録されているギネスブックの中には犬の世界一も記録されています。
例えば、29歳282日まで生きたテリアのMAXは世界一の長寿犬として登録されていますし、グレートデンのゼウスはつま先から肩までが1.12mもある大きな体で世界一背が高い犬に登録されています。

他にも前足だけで5m走行する競技に2.39秒の記録をもつパピオン、ジャックラッセル、チャウチャウの血を引くMIX犬のKonjo、ピアノを弾く、絵を書く、計算するなど469種類もの技を身につけているシャンダリアなど、後天的に磨いた能力で世界一を射止めた犬もたくさんいます。