珍しいペット(ウーパールーパー)

ウーパールーパーは、水槽で飼育することが可能な両生類で、最大サイズは25 センチほどです。
日本では、1985年頃のテレビCMでその姿が放送されて一躍人気になりました。

寿命
ウーパールーパーの寿命は意外に長く、飼育環境の場合だと5~8年ほど生きます。
水槽で飼育できる生物としては、かなりの長命な生物だと言えるでしょう。

値段
ウーパールーパーの相場料金は、1,000~3,000円です。
ウーパールーパーは、意外に高いと思われがちですが、安価で購入できるペットになります。
購入する場合は、ホームセンターや熱帯魚などを取集蹴っているペットショップを訪れてみるといいでしょう。

育てやすさ
ウーパールーパーの飼育は非常に簡単です。
基本的には、水槽とウーパールーパー専用の餌があれば飼育することが可能で、気をつける点としては、水温を10~25度に保つ必要があるところでしょう。
そのため、夏場などは直射日光の当たらない場所での飼育が必須です。

軽自動車のナンバー色

軽自動車は、ボディが小さいために買い物などで駐車場に止めるときにはとても重宝します。
ボディが小さいといっても最近の軽自動車の室内はかなり広くなっており、まったく窮屈さを感じません。
また、コンパクトさだけではなく、普通車にくらべて維持費が安いことも軽自動車の大きな魅力の1つといえるでしょう。
そんなたくさんのメリットがある軽自動車ですが、オーナーの多くが何とかしてほしいと思っているのがナンバープレートの色です。
普通車のナンバープレートが白なのに対して、軽自動車は黄色です。
もともと黄色は目立ちやすい色のため、軽自動車はナンバーのところだけが異様に目立ってしまうのです。
また、軽自動車だけナンバーが黄色いことで、なんだか普通車と差別されているようで引け目を感じてしまうという人も少なくありません。
このようにあまり評判のよろしくない軽自動車のナンバープレートですが、期間限定で「白」が許可されていたりご当地ナンバー等があります。
2020年に日本で開催される予定だったオリンピックを記念して、2017年10月3日から2020年9月末までの期間限定で、特別仕様のナンバーが交付されています。
(現在コロナの影響でオリンピックは2021年に延期されましたので今後どうなるかはまだ未定となっているようです)
基本的には普通車も軽自動車も同じデザインで、ベースの色は白になります。
期間限定とはいえ、軽自動車オーナーに不評だった黄色のナンバーをつけなくて済むことになったのです。
出雲市ではご当地ナンバーなどで軽自動車はナンバーの外回りだけ黄色で後はオロチ絵が書いてる図柄ナンバーなどもあります。

人気ペットランキング

第1位 イヌ

イヌ(犬、狗、学名:Canis lupus familiaris、ラテン語名:canis、英語名[国際通用名]:dog、domestic dog)は、ネコ目(食肉目)- イヌ科- イヌ属に分類される哺乳類の一種である。

現代の車と過去の車の重さ

最近のクルマはどんどん重くなってきています。
軽自動車でさえ、車両重量が1tにもなるような車種が少なくありません。
こうなると、はたして「軽」と呼んでもいいのかと思いたくなる重量級ぶりです。
たとえば、1970年代~1980年代に若者を中心に人気のあった、トヨタのセリカやカリーナといった排気量が1600ccクラスのクルマの車両重量が、まさに1t程度でした。
排気量がわずか660ccの軽自動車が、かつての1600ccクラスのクルマと同じ重さになってしまったのです。
いったいなぜ、最近のクルマはこうも重くなってしまったのでしょうか?
また、車重が重くなっているにもかかわらず、現在のクルマは当時のクルマにくらべて速く走れて燃費もよくなっているのはなぜなのでしょうか?

人気ペットランキング

第2位 ネコ

ネコ(猫)は、狭義には食肉目ネコ科ネコ属に分類されるリビアヤマネコ(ヨーロッパヤマネコ)が家畜化されたイエネコ(家猫、Felis silvestris catus)に対する通称である 。イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして日本を含め世界中で広く飼われている。