手習い・目習い・耳習い - その1

1 そこまで来ている「秋」の気配 

暑さは依然厳しいものの、お盆を過ぎると陽の光や風の流れに秋の気配を感じさせるようになる。躍動感溢れる夏から一変し、野も山も実りの季節を迎え、喧騒の蝉の声から癒しの虫の声へと変わる。人々の動きの中にも何処となく静寂が表れ、目も耳も内面へと注がれる。

世に習い事は多いが、その成果を発表するのも評価するのも、秋という季節が似合っている。

 

2 一芸は身を助ける

「一芸は身を助ける」と言うが、追求した「芸」を持つ人は魅力的でもある。「芸とか技の域」に達するには相当の「行」が必要であるが、その前々段階にあるのが「習い事」であろうか?

だが、習い事と言えども軽んずることは出来ない。そこには踏まえるべき定石もあれば、勘どころもある。「手習い・目習い・耳習い」もその一つだ。

例えば「書道」がある。いや、そこまで行かなくても「習字」でも同じことが言える。手習い・目習い・耳習いの3つをしっかり学習すると確実に上達する。この段階で基本をしっかりと身につけるということである。

何事によらず名人の域に達すると「我流」が高い評価を受けるようになるが、それまでは基本が大事だ。特に初心者はここの処が肝要で、その先に繋がる上達の礎ということになる。ここでは「手習い・目習い・耳習い」について、書道を想定しながら考えてみたい。

 

3 手習い

これは手本を見て臨書することだ。その上で先生から直してもらう。そして又臨書して直してもらう・・・、この繰り返しだ。

ここで大切なことは以下のとおり、

① よい先生につくこと。
② よい筆を選ぶこと。
③ よい手本を選ぶこと。

となる。

 

何でも「よい手本」とは中国“唐の4代大家”が基本ということだが、要は“超一流に学べ”ということであろう。これだけ情報化が進んでいる今日であるから、この超一流に学ぶことはその気になれば出来ない話しではなかろう。その意味では①のよい先生につくことも、求めて開かない話ではないと思う。

その一方で、「弘法は筆を選ばず」というが、これだけはどうやら我々凡人には当てはまらないらしい。筆が悪いとろくな字が書けないし、上達もしないということのようである。最初から大家の真似をしたところで、所詮無理な話であることは、先刻承知しているが、改めて納得である。

次回からは、「目習い・耳習い」をもう少し掘り下げて考えてみたい。

随想

夏祭りー4 (増刊号)

草生水祭りは明日(8/17)、西山ふるさと公苑をメーン会場にして開催される。お盆の最後を祀る西山町の一大イベントだ。良くここまで育てていただいたと、関係各位のご尽力に敬意を表したい。

ところで、これまで創設の経緯を「夏祭り(1)~(3)」の中で紹介してきたが、速いもので今年が26回目となる。やはり4分の1世紀以上も時間が経つとその内容も変化してくる。今ではミニ消防車の体験乗車に始まり、リズム遊戯や小中学生のマーチングバンド、ブラスバンド演奏等々と盛りだくさんだ。
3本柱の一つであった仮想盆踊り大会はその姿を消したようだ。これも時代の要請かも知れないが、一抹の寂しさを禁じえない。

この話題のまとめに当たり、その他の創設のエピソードを幾つか振り返ってこの項を終わりたい。

創設の有志は商工会青年部・七日会のメンバーだ。(参考:「七日会」とは、青年部OBを中心に組織され、青年部と連携しながら、諸々のまちづくり活動に取り組んできたグループのこと。)彼らは総勢24名、各自がポケットマネー1万円を持ち寄り総予算24万円でスタートした。勿論、これで足りるものではない。物品と労力は総て自前だ。

松明(たいまつ)は造園屋、音響は電気屋、櫓(やぐら)は工務店等々・・・、という具合だ。言うまでもなく、商工会青年部は皆地元中小企業者、その道のプロ集団だ。彼らの力が遺憾なく発揮されたことはもちろんである。

さて、準備万端整えても大勢の人達に参加してもらわなければ祭りにならない。創立の頃は「草生祭り」と言ってもメンバー以外誰も知らない。チラシ・ポスター・口コミで宣伝に努めた。宣伝カーでの呼びかけは、メンバーのお嬢さん(5歳)が担当したと聞く。可愛い声が町内を駆け巡った。盆踊りも「輪」が出来なければ失敗だ。ここで強力な助っ人が現れた。今は亡き笠原政子さんをリーダーとする民謡クラブの面々だ。そうこうして、ゼロからは始めた「手づくりの祭り」が出来あがったのだ。

因みに、採油式も献上場も献上行列も青年部・七日会のオリジナルだ。

◎ “献上場”は「けんじょうば」ではない、「おんじょうば」と読む。従って、
◎ “献上行列”も「おんじょうぎょうれつ」と読む。

これ等の読み方の名付け親は勿論、青年部・七日会だ。いずれも日本書紀に由来する立派な裏づけに基づいている。

まちづくりの情熱に燃えていた彼らも、今では髪が少なくなったり、白くなったりしている。帰らぬ人となったメンバーもいる。お盆で迎えられ、草葉の陰から見守っていることだろう。「草生水の火が永久に燃え盛り繁栄せよ」と。

以上でこの項を閉じたい。ご愛読有難うございました。

随想

夏祭り-3

そして、もう一つの柱が仮装盆踊り大会だ。石油は火、火はかまど、かまどは家庭の繁栄の証だ。町中の全家庭が、消すことなくかまどの火を燃やし続け、栄えることを祈りながら、草生水の炎の輪の中で全町民が参加し、お盆の一夜を踊り楽しもうというものだ。

少し前までは各地で行われていた盆踊りだ。懐かしい盆踊り歌が流れる。太鼓が打たれ、笛が吹かれる。カケ声が出る。仮装が出る。男も女も、お年寄りも若者も、足を上げ手を振って踊る。踊りの輪は町民の輪、町の輪となって広がる。やがて佳境に入って来る。クライマックスは甚句だ。少々エッチでウイットのきいた歌詞、軽快なテンポのこの踊りは、誰でも踊れてみんなで楽しめる。

そう言えばかなり以前の事になるが、みちのく青森のねぶた祭に参加した事があった。「ラッセラ~ラッセラ~ラッセラッセラッセラ~」と跳ねるあのテンポと、甚句のリズムの間に、共通のものを感じる。地域が違い表現は違っていても、日本人の生活・風習・文化はどれも相通じているような、底流に流れる民族の同じ血を思わせるのが不思議だ。

櫓の上の音頭取り、回りを囲む踊り手の面々。皆一体となり踊り興じた火祭も、やがて終わりの時が来る。心良い疲れと満足感、いい汗いい顔がいっぱいの夏の夜が更けて行く。今年もこの燃える祭は催される。かなり形を変えつつも、但し若き有志の情熱はひきつぎながら。

随想

夏祭り-2

若き有志の手により始められたこの祭は3本の柱から構成されている。その一つが献上行列だ。これは天智天皇へ燃える水を献上した模様を再現したもので、妙法寺献上場より草生水を採油する場面から始まる。その後行列隊が全町内を行進し、最後はお祭り広場に設けられた宮殿に到着、燃える水(草生水)への点火式がおこなわれる。続いて厳かに献上の儀式が執り行われ、神楽舞・大和舞が奉納さるという展開だ。

商工会青年部・七日会の有志が、手作りで始めたこの草生水祭、最初の年の参加者は三百人、二年めが五百人と、努力の割には参加者が増えなかったと聞く。

ところが、石の上にも三年であろうか・・・? 年を追うごとに増え始め、一千人、二千人、三千人、最近はその数、四千人超と言われている。人口七千人弱の町の最大イベントとして、町外から訪れる人も増えている。何時の時代も若者の情熱は人を動かす。

随想

夏祭り-1

四季のはっきりしている我が国では、夏の風物詩も数多い。夏祭りもその一つで熱い話題が耳に入って来る。

柏崎市西山町にもお盆のイベントである「草生水祭」がある。この耳慣れない名前の草生水とは、石油の原油のこと。黒くドロドロした油そのもので、燃える水として不思議がられていたことや、原油独特の匂いが強い水と言うようなところから「くそうず」と呼ばれていたのかも知れない。
西山町はこの「草生水」こと「燃える水」が日本で最初に発掘されたところとして有名で、今でも妙法寺の献上場へ行くと「草生水」が湧き出ている。
日本書紀によると、「天智天皇に越の国から燃える水が献上された」とあるから、今から一千三百年以上昔のことで、大変古い歴史があることになる。

その後明治から大正にかけて、西山油田が活況を呈したことや、日本石油の創始者の内藤久寛さんが西山町石地の出身であることなど、西山町は石油と係りの深い町である。
「これらのことを町づくりに生かそう」ということで、商工会青年部・七日会の若き有志の手により始められたのがこの草生水祭と聞く。
何時も何処でも、その地域に活力を生み出すのは「若いエネルギー」の力だ。

過疎化が進み、地方の元気が失われてきている今日であればこそ、今回から何回かに分けて、この時の話を振り返ってみたい。もう一度まちづくりの情熱を思い出す意味でも。

随想