新潟県への要望(4)=新潟県立こども自然王国の管理及び運営について=政界やぶにらみ(87)

3、新潟県立こども自然王国の管理及び運営について

1、新潟県立こども自然王国の安定した管理運営を継続していくために、管理運営費の県負担として、本市が負担している新潟県立こども自然王国の指定管理代行料の1/2 の負担をお願いします。 

                                                          

 2、新潟県立こども自然王国の大規模修繕に係る県負担基準について、次のとおり県の負担範囲の基準見直しをお願いします。

(1)施設・設備については「500万円以上」を「100万円以上」に見直す。

(2)備品については、「50万円以上」を「20万円以上」に見直す。

<提案・要望理由>

新潟県立こども自然王国は、新潟県が旧高柳町に山間、過疎地の地域振興策の一環として、児童福祉法による「児童厚生施設大型児童施設B型」として、平成7年に整備されたものです。その後、平成17年7月に開館して以来、県内はもとより全国各地から多くの方々の利用をいただき、累計で宿泊者15万人、来館者は143万人で合計158万人(H25年度末)を超える利用をいただいております。

しかしながら、開館から19年が経過し、社会経済状況も大きく変化する中、施設の経年劣化も進みつつあります。開館以来、経費削減に努めながら管理運営をしてきましたが、新潟県との委託契約に該当しない設備、大型遊具等の修繕工事が近年多くなっています。

加えて、豪雪による施設設備補修費もかさみ、管理運営費が多額となってきていることから、新潟県と柏崎市との新潟県立こども自然王国の管理及び運営に関する事務の委託契約の見直しをお願いします。

以上です。

新潟県への要望(3)=原子力発電施設等緊急時安全対策交付金の予算配分について=政界やぶにらみ(86)

2、原子力発電施設等緊急時安全対策交付金の予算配分について

 原子力災害時における防災活動に対応する資機材の配備について、原子力発電所所在自治体に対しては、特別な予算配分を考慮いただきますようお願いします。

<提案・要望理由>

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故によりUPZが拡大され、「原子力発電施設等緊急時安全対策交付金」による防災活動資機材整備や緊急被ばく医療施設等整備の対象自治体も広範になり、当市に対する十分な配備は今後一層困難になると考えられます。

原子力発電所所在自治体は、他の自治体より様々なリスクを抱えていることから、引き続き特別な屋さん配分のご配慮をお願いします。

「からむし街道」よっくら・らっくら市

越後柏崎七街道のの一つ、からむし街道の風土市「よっくら・らっくら市」です。高柳町石黒地区の秋の味覚とブナ林探検、古民家茶屋めぐりなどをお楽しみください。

IMG_0378<概要>

◎と き:平成26年11月9日(日)午前9時~午後3時

◎ところ:石黒活動拠点施設 「縁の館(柏崎市高柳町石黒1685番地)」周辺

◎内容: ①ブナ林探検(縁の館で当日受付)②古民家茶屋めぐり③野菜や農産加工品などの販売④「新米おにぎり」と「きのこ汁」の販売

※問い合わせ:ギャラリーからむしTel・Fax 0257(41)2162 柏崎市観光交流課 Tel0257(21)2334 Fax (24)7714

1,800人が参加=北鯖石地区総合防災訓練(柏崎市)

柏崎市総合防災訓練が、去る10月26日(日)北鯖石小学校をメイン開場にして実施された。当日は汗ばむような秋晴れに恵まれ、バケツリレーや消火訓練、降雨体験、地震体験や消防隊によるはしご車も参加しての放水消火訓練、県消火防災ヘリコプターによる要救助者の救出訓練等々、住民参加の訓練が実施された。

以下に、当日の様子を写真により紹介したい。

031028041048042063083089101108072

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スズキ、インドネシアにおいて「隼」など中・大型二輪車4機種を発売

image
スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社は、中型二輪車および大型二輪車4機種を今後順次発売すると発表した。

インドネシアでは所得の向上に伴い、ツーリングなどのレジャー用途に中・大型二輪車の需要が高まってきており、一昨年に投入した250ccのスポーツモデル「イナズマ」に加え、中・大型機種のラインアップを拡充することでスズキブランドの訴求と拡販を図る。

今回発売するのはロードスポーツバイク「ハヤブサ(隼)」、「GSR750」、スポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom650 ABS」、中型スクーター「バーグマン200」の4機種。「ハヤブサ」、「GSR750」、「V-Strom650 ABS」の3機種は日本から輸入し、「バーグマン200」はタイのタイスズキ社より輸入して9月より順次発売する。

なお、「バーグマン200」はタイスズキで生産され、日本、欧州、北米、大洋州など世界市場向けに輸出されている。