ちょっと珍しいペット!【その五】

世界各国には珍しいペット、そして珍しいペットを飼っている人がたくさんいます。
人気が高い犬や猫は、古くから人と共に生きてきました。
しかし国や地域によっては凶暴な動物でさえ普通にペットとして飼っているところもあります。
どんなペットでも愛情を注げばきっと気持ちは通じます。

<一般的にあまり飼われていないペットの飼育に関する注意点>
珍しいペットを飼うに当たって注意することは周囲の環境が整っているかということです。
まずは飼いたいペットが快適な気温を維持できるか。
南米や砂漠の生き物なら冬の寒さ対策を、北国の生き物なら夏の暑さ対策は基本です。
これができないのなら飼うことは厳しいでしょう。
次に動物病院で診てもらえるかということ。
獣医=どんな動物も治せるなんて思わないでください。
獣医だって診たことのない生き物がかかった病気を治せるとは限りません。
まずは珍しい動物を診てもらえる獣医さんが近くにいるかを確認しましょう。
最後は家庭やご近所でのトラブル。
よく鳴く動物や外で飼う動物なら、ご近所迷惑になってしまうので注意しましょう。

では、今回のちょっと珍しいペット!【その五】でご紹介するのは!!!

こちらです!

●スキニーギニアピッグ
20091011_870336
スキニーギニアピッグはモルモットの品種のひとつで、体にほとんど毛が生えていないタイプのモルモット。
一見、ブタのようにも見える奇妙なモルモットで、手乗りブタの愛称で話題になっている。
人なつっこくて手触りが感がなんとも良くこの感触がクセになってしまう人も多いはず。

●特徴
スキニーギニアピッグはモルモットの中で無毛種という部類に属している。
その名前の通り”毛が無いモルモット”で、鼻・足先に多少毛が 残るタイプと、全身無毛のタイプがいる。
個体の色も多様で、ピンク色したものをいれば、黒、茶色や黒の斑模様の個体などもいつ。
毛の手入れは必要ありませんが、寒さに非常に弱いので、温度管理には十分気を付けてあげなくてはいけない。

●プロフィール
目属性:げっ歯目 テンジクネズミ科
分布:南アメリカ
体長:15~25cm
体重:0.6~1.4kg
寿命:約7年

●価格
2万円~5万円くらい。

●飼育ケース
モルモット用のゲージを代用できる。
床材を敷くのであれば、アレルギーの起こりにくいものに、スノコを使用するのであれば、足の裏に優しいものにする。

●快適な温度
スキニーギニアピッグは毛がなく寒さに弱いので冬場は小動物用のヒーターが必要。
冷え込む真夜中はケージに布を被せてあげるのも効果的。
皮膚を清潔に保つため、ぬるま湯で絞ったタオルなどで、体を拭いてあげるとよい。

●餌
ホームセンターなどで普通に売られているモルモットフードでよい。
食欲も旺盛でモリモリと食べてくれが排泄量も多いのでこまめに掃除が必要。
低血糖を起こしてしまうことがあるので甘いもの(リンゴや小動物用のゼリー・ドライフルーツ等)を入れてあげる。

●ふれあい
スキニーギニアピッグは鳴き声でコミュニケーションをとることのできる動物なので、飼い主がきちんと気にかけ接していけば、意外と早くなれてくれる個体が多い。
スキニーギニアピッグはとても臆病な面ももっているため、できる限り静かに飼育し、ストレスを与えないようにする。

*一部「珍しいペット大集合」より引用させて頂きました。

ちょっと珍しいペット!【その四】

世界各国には珍しいペット、そして珍しいペットを飼っている人がたくさんいます。
人気が高い犬や猫は、古くから人と共に生きてきました。
しかし国や地域によっては凶暴な動物でさえ普通にペットとして飼っているところもあります。
どんなペットでも愛情を注げばきっと気持ちは通じます。

<一般的にあまり飼われていないペットの飼育に関する注意点>
珍しいペットを飼うに当たって注意することは周囲の環境が整っているかということです。
まずは飼いたいペットが快適な気温を維持できるか。
南米や砂漠の生き物なら冬の寒さ対策を、北国の生き物なら夏の暑さ対策は基本です。
これができないのなら飼うことは厳しいでしょう。
次に動物病院で診てもらえるかということ。
獣医=どんな動物も治せるなんて思わないでください。
獣医だって診たことのない生き物がかかった病気を治せるとは限りません。
まずは珍しい動物を診てもらえる獣医さんが近くにいるかを確認しましょう。
最後は家庭やご近所でのトラブル。
よく鳴く動物や外で飼う動物なら、ご近所迷惑になってしまうので注意しましょう。

では、今回のちょっと珍しいペット!【その四】でご紹介するのは!!!

こちらです!

●エボシカメレオン
d4103a47
エボシカメレオンは飼育が難しいといわれるカメレオンの中でも丈夫で飼育しやすい種類。
オスはメスより大きくなり60cm程度とかなりのサイズになる。
カメレオンの飼育のポイントは水分補充なのだが、エボシ・カメレオンは野菜を食べるので、野菜から水分を補充してくれる。

●特徴
エボシカメレオンの名前は、頭部にある突起が烏帽子(エボシ)の形に似ていることに由来する。
幼体の時期は、ほぼ全身が薄緑をしており、成長するにつれて赤褐色の班模様が出てくる。
オスは繁殖期になると薄い緑色の中に赤褐色から淡褐色の不規則な模様が入り、鮮やかで魅力的。
威嚇したり興奮したりすると、体色のコントラストをさまざまに変化させ、威嚇音を立てる。

●プロフィール
目属性:有鱗目 トカゲ亜目 イグアナ科目 カメレオン科 カメレオン属
分布:アラビア半島南西部
体長:オスは約65cm、メスは約45cm
寿命:5年前後

●価格
1万~3万円くらい。

●飼育ケース
ケージはガラス水槽、鳥かご、メッシュケージ等様々なものが使用できる。
メッシュケージであれば、通気性も良く、バラマキ給餌ができ、何より安価なので、初めての飼育にお勧めだが保温しにくいというデメリットがある。
大型のカメレオンなのである程度の大きさが必要。
狭いケージで飼育すると、頭のクレストが傷ついたり、折れたりすることがあるので注意。

●快適な温度
厚さや寒さに弱く昼夜の温度差がないといけない。
乾燥のし過ぎは成長不良につながるので1日2、3回霧吹き等で湿らせてあげる。

●餌
コオロギ、ミルワーム、蜘蛛、ハエなど昆虫を中心に与えると良い。
成体になるに連れて植物質も食べるようになる。
チェリー、レタス、イチゴ、みかんなどを好む。
動いている水しか認識しないのでドリップ式の給水方法がお勧め。

●ふれあい
基本的には観賞メインの動物だが、なれてくると徐々に警戒しなくなり、自ら手に乗ってくることもある。
また、人の顔を判別することができるようである。
体色変化は時間帯や温度、精神状態にも大きく左右されるのでお店や図鑑などでは見ることができない色彩も見れる可能性がある。
しっかりとした信頼関係を築けば手から餌をあげえることも出来る。

*一部「珍しいペット大集合」より引用させて頂きました。

ちょっと珍しいペット!【その参】

世界各国には珍しいペット、そして珍しいペットを飼っている人がたくさんいます。
人気が高い犬や猫は、古くから人と共に生きてきました。
しかし国や地域によっては凶暴な動物でさえ普通にペットとして飼っているところもあります。
どんなペットでも愛情を注げば気持ちは通じます。

<一般的にあまり飼われていないペットの飼育に関する注意点>
珍しいペットを飼うに当たって注意することは周囲の環境が整っているかということです。
まずは飼いたいペットが快適な気温を維持できるか。
南米や砂漠の生き物なら冬の寒さ対策を、北国の生き物なら夏の暑さ対策は基本です。
これができないのなら飼うことは厳しいでしょう。
次に動物病院で診てもらえるかということ。
獣医=どんな動物も治せるなんて思わないでください。
獣医だって診たことのない生き物がかかった病気を治せるとは限りません。
まずは珍しい動物を診てもらえる獣医さんが近くにいるかを確認しましょう。
最後は家庭やご近所でのトラブル。
よく鳴く動物や外で飼う動物なら、ご近所迷惑になってしまうので注意しましょう。

では、今回のちょっと珍しいペット!【その参】でご紹介するのは!!!

こちらです!

●フクロモモンガ
tkb_6898
大きな黒目に豚っ鼻、クルリとした長いしっぽがなんともかわいい。
離乳前後の子供の頃から育てたフクロモモンガは飼い主にたいへんよくなつくため、近年ではペットとしての人気を集めている。
名前に「モモンガ」とついているがコアラやカンガルーと同じ有袋類の仲間。

●特徴
フクロモモンガは基本的に夜行性。
前足と後ろ足を繋ぐように伸縮性のあるひだ(飛膜)があり、このひだを使って樹から樹へと飛び移る。
全部で28本の歯を持ち、下の歯2本が切歯として大きく前に突き出している。
有袋目であり、メスは腹部に育児嚢を持つ。

●プロフィール
目属性:有袋目フクロモモンガ科フクロモモンガ属
分布:オーストラリア大陸・ニューギニア諸島
体長:約12.7~15.2cm(尻尾を含めると24~27cm位)
体重:平均115g~140g
寿命:約8~10年

●価格
1万~3万円くらい。

●飼育ケース
フクロモモンガは樹上性の動物なので、成長してからのケージは高さのあるものが適しているといえます。1辺が40cm以上、高さが50cm以上はあるものがおすすめ。
秋冬に網目ゲージで過ごす場合は、ダンボール箱で周囲を覆ったり、タオルやブランケットで覆うなどして、冷気がはいらないように工夫が必要。
ケージ内には適当な長さ、太さの木の枝を入れてあげる。
巣箱の中にはティッシュペーパーやキッチンペーパーなどを丸めたものをいれてあげると隠れることができストレス解消になる。

●快適な温度
保温は7月~9月頃の夏季を除き、幼年期には必須。
梅雨時、急に気温が下がってしまっただけでも体調を崩すベビーも少なくないので最低気温が20℃以下なら保温が必要と考える。また湿度は50%くらいが快適。
大人のフクロモモンガでも冬の最低気温は18~20℃です。パネルヒーターなどを使って温度を維持するように調整する。
また、直射日光と湿度に弱いので、ゲージを置く場所はよく考える。
過ごしやすい温度は室温が24~25℃。風通しがよい場所ということなら28度くらいが適温です。

●餌
いくつかの器を用意して、「タネ類・乾物」「果実・野菜」「ゼリー」「ワームなど昆虫」に分ける。
フクロモモンガはエサに頑固なところがあり偏食の強い動物なので、1つの物をたくさん与えるより、少量づつ、いろいろな食材を与えてみる。
エサの交換時期は基本的に朝夕ですが、フクロモモンガの行動は夜なので、昼間は少量にして、夜の与えるエサの量は多くする。

●ふれあい
フクロモモンガを外に出す時には、ゲージを床に置いた状態(低い位置)で外に出し、手のひらで包み込むように抱く。油断するとすぐに飛び出してしまうので注意が必要。
環境になれないうちに遊ばせ過ぎたり、かまい過ぎると、疲れて衰弱してしまうので徐々に遊ぶ時間を伸ばしていく。
夜上着のポケットなどにティッシュペーパーと一緒に入れてあげて、ポケットの中のフクロモモンガに好物の食べ物を与えるなどして触れ合うと懐きやすい。

*一部「珍しいペット大集合」より引用させて頂きました。

ちょっと珍しいペット!【その弐】

世界各国には珍しいペット、そして珍しいペットを飼っている人がたくさんいます。
人気が高い犬や猫は、古くから人と共に生きてきました。
しかし国や地域によっては凶暴な動物でさえ普通にペットとして飼っているところもあります。
どんなペットでも愛情を注げば気持ちは通じます。
さて、先週よりスタート致しました「ちょっと珍しいペット!」
いかがでございましたか?
人気のペットとは一味違う愛情が注げそうですよね!

<一般的にあまり飼われていないペットの飼育に関する注意点>
珍しいペットを飼うに当たって注意することは周囲の環境が整っているかということです。
まずは飼いたいペットが快適な気温を維持できるか。
南米や砂漠の生き物なら冬の寒さ対策を、北国の生き物なら夏の暑さ対策は基本です。
これができないのなら飼うことは厳しいでしょう。
次に動物病院で診てもらえるかということ。
獣医=どんな動物も治せるなんて思わないでください。
獣医だって診たことのない生き物がかかった病気を治せるとは限りません。
まずは珍しい動物を診てもらえる獣医さんが近くにいるかを確認しましょう。
最後は家庭やご近所でのトラブル。
よく鳴く動物や外で飼う動物なら、ご近所迷惑になってしまうので注意しましょう。

では、今回のちょっと珍しいペット!【その弐】でご紹介するのは!!!

こちらです!

●フェネック
2240836940_b05af1e652
フェネックは大きな耳が特徴的で愛らしい顔のな小さなキツネ。
ペットとして充分な数が飼育されており、犬と同じような方法で飼うことができる。
穴掘りを得意とするため囲いは地下何メートルもの深さがなくてはならない。

●特徴
フェネックはイヌ科の動物の中で最小の動物で、非常に臆病で神経質。
キツネのように、とがった鼻先でもなく鋭い目つきでもなく小さい目でもないので、どちらかというと猫か小型犬のようですが、立派な尻尾だけはキツネらしさがある。
日中の暑い時期は寝て過ごすことが多く、夜に行動を起こす。

●プロフィール
目属性:食肉目・イヌ科
分布:北アフリカのサハラからアラビア半島、エジプト、クェートなどの砂漠地帯
体長:35~40cm しっぽの長さ18~30㎝
体重:1~1.5kg
寿命:5~10年

●価格
50万~100万円くらい。

●飼育ケース
なるべく大型のケージを選ぶ。
フェレット用やチンチラ用のものが使える。イヌ用のサークルでも飼うことができるが、天井がないと、ジャンプして、飛びだしてしまうので、天井付きサークルや、犬舎を選ぶようにする。
屋外の囲いで飼う場合逃げ出さぬように、囲いは地下何メートルもの深さがなくてはならない。

●快適な温度
フェネックは砂漠地帯に生存している為、日本の気候には適していない。
寒さに弱いのでエアコン、プレートヒーターなどの保温器具は絶対必要になる。
暑さには比較的強が、夏に窓を閉め切って過ごさせるのは熱中症を招く恐れがある。

●餌
フェネックは、イヌ科の動物ですが、昆虫も食べるため、エサは、ネコの缶詰などと、缶詰になっているコオロギを与えるとよい。
水は、それほど多く飲まないが、給水器で、毎日新鮮な飲み水を用意すると良い。

●ふれあい
小さなころから、首輪にならしておく。
小型犬用の首輪を付け、リードをつければ、屋外に散歩にも出かけられる。
また、小さなころから、スキンシップをたっぷりとれば、イヌ以上になれる。

*一部「珍しいペット大集合」より引用させて頂きました。

ちょっと珍しいペット!【その壱】

世界各国には珍しいペット、そして珍しいペットを飼っている人がたくさんいます。
人気が高い犬や猫は、古くから人と共に生きてきました。
しかし国や地域によっては凶暴な動物でさえ普通にペットとして飼っているところもあります。
どんなペットでも愛情を注げば気持ちは通じます。
人気のペットとは一風変わった珍しいペットをご覧下さいませ!

<一般的にあまり飼われていないペットの飼育に関する注意点>
珍しいペットを飼うに当たって注意することは周囲の環境が整っているかということです。
まずは飼いたいペットが快適な気温を維持できるか。
南米や砂漠の生き物なら冬の寒さ対策を、北国の生き物なら夏の暑さ対策は基本です。
これができないのなら飼うことは厳しいでしょう。
次に動物病院で診てもらえるかということ。
獣医=どんな動物も治せるなんて思わないでください。
獣医だって診たことのない生き物がかかった病気を治せるとは限りません。
まずは珍しい動物を診てもらえる獣医さんが近くにいるかを確認しましょう。
最後は家庭やご近所でのトラブル。
よく鳴く動物や外で飼う動物なら、ご近所迷惑になってしまうので注意しましょう。

では、ちょっと珍しいペット!【その壱】でご紹介するのは!!!

こちらです!

●ヨツユビハリネズミ
o0520037410483805279
ハリネズミはアメリカやヨーロッパでは古くから愛玩動物として親しまれている。
かわいらしい顔立ちのハリネズミは脅かさずに優しく接すれば、とても良くなれてくれる。間違いのない飼育をしていれば素手で抱き上げることもできる。

●特徴
ヨツユビハリネズミは、ほかのハリネズミには5本ある指が、名の通り後ろ足の指が4本しかない。
別名”ピグミーヘッジホッグ”と呼ばれていて、現在日本で販売が許可されている唯一の種類。
カラーバリエーションは、ノーマル(スタンダードとも言われるソルトアンドペッパー)、シナモン、アルビノなどさまざま。

●プロフィール
目属性:食虫目 ハリネズミ科 ハリネズミ亜科 アフリカハリネズミ属
分布:アフリカ(セネガル~ザンベジ)のサバンナ
体長:14~21cm(尻尾の長さ:11~19mm)
体重:500g~700g
寿命:6~10年

●価格
10,000円~35,000円程度

●飼育ケース
ヨツユビハリネズミの飼育ケースはウサギ用ゲージや、水槽など大きめの物が適している。
生活の大半をゲージの中で過ごすことになるので、広めのものを用意してあげると良い。
ヨツユビハリネズミはのんびりとしたイメージがありますが、夜は割合に動き回ることも多いので、エサ入れ・水入れを置いても動き回れるようなスペースが必要。
また、安心して過ごせるように隠れ家も必要。

●快適な温度
ヨツユビハリネズミは、気温30℃を上回ると食欲が落ちたり体長を崩すことがあるので適温25℃~28℃前後を保つように心がける。
冬場20℃を下回ることは、ヨツユビハリネズミの体にとても負担をかけ、肺炎等を引き起こす原因となる。
大人のヨツユビハリネズミでも、冬場はパネルヒーターなどを使って保温が必要。

●餌
ヨツユビハリネズミの専用フードはなかなか入手が難しいため、フェレットフードや犬用フードを用いるのが一般的。
たんぱく質を補給するために昆虫類やミルワームなども与える。
新鮮なお水は常時飲めるようにしておく。
エサは1日2回(朝夕)と交換し、夜行性なので夜の分はしっかりとした量を与える。

●ふれあい
ヨツユビハリネズミは警戒心の強い動物で警戒すると針を立てて威嚇をする性質がありますから、焦らずに少しずつスキンシップを図っていく。
ストレスを過度に感じると、さまざまな病気や体調を崩す原因になりうるため、乱暴な触り方や無理強いは絶対に避ける。
環境になれないうちに遊ばせ過ぎたり、かまい過ぎると、疲れて衰弱してしまうので徐々に遊ぶ時間を伸ばしていく。
ヨツユビハリネズミを抱く時には、手のひらですくうようにして持ちます。最初はどうしても針を立てますから、皮手袋などをしたほうが良い。

*一部「珍しいペット大集合」より引用させて頂きました。