ペットと幸せに共存するために

1 ペットへの思い

このコーナーではこれまで自慢のペット・人気のペット等、ペットに関する話題や情報を取り上げてきました。ペットに対する人々の思いは、可愛い・癒される・家族の一員等、愛玩から人生のパートナーまで、大変幅が広くその扱いにも大きな開きがあるようです。

2 ペット効果の情緒的側面から科学的側面まで

また、情緒的な側面だけではなく、医学的・科学的側面からのペット効果も数多く取り上げられ、専門家による研究も進んでいると聞きます。例えば、心臓病の人が退院した後の調査で、ペットの飼い主の人の方が、飼い主でない人よりも生存率が高かったとか、血圧が低かったとか、血液中の中性脂肪も低いなどの報告があるそうです。

また、ペットと過ごすことで、ストレスを緩和し様々な疾患を回避し、高齢者における予防医学の面でも有用であるとも聞きます。これら諸々の事を聞きますと、ペットは良いことばかりで、総ての人が飼えばいいのに・・・、ということになりそうですが、そうとばかりは言い切れないようです。

3 少なくない課題や問題点

何故なら、ペットは好きで飼う人にとっては気にならないことでも、そうでない人にとっては大変な苦痛や不快感等を与えるからです。例えば、病原菌の介在やダニやノミの付着などの衛生面、鳴き声や騒音、糞尿の処理や臭い等が近所トラブルや社会問題化している話や、捨てられたペットの野生化等、飼育放棄による問題や、捨てられた後「殺処分」される動物、人間の都合に翻弄される動物たちの命の問題も深刻になってきています。

このペットコーナーでは、人とペットが「幸せに共存」できる方向を考えながら、これからも話題・情報、そして問題意識などを提供していきたいと考えています。皆様からのご意見・投稿もお待ちしています。

新企画!間もなくスタート!

いつも、柏崎ポータルどっとねっと!をご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
先週まで、特集致しました「我が家のペット」に代わり、現在、新企画を準備中でございます。
間もなくご案内できる予定でございますので、今しばらくお待ち下さいます様、宜しくお願い申し上げます。

特集!!今人気のペット!!最終回

いつも「我が家のペット」をご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
毎週月曜日にご紹介させて頂いている人気のペット!
あなたもご家族の一員として、ペットを迎え入れてはいかがでしょうか!
今回は、「小型犬」をご紹介させて頂きます!

今回、最終回にご紹介するのは、小型犬の「チン」です!

尚、本日まで特集致して参りました「今人気のペット!!」は、本日を持ちまして終了とさせて頂きます。
今まで、ご覧頂きました皆さまには、心より感謝と御礼を申し上げます、ありがとうございました。
次週からは、新企画がスタートとなりますので、ご期待下さいませ。
800px-Japanese_Chin
<<チン>>

●ルーツ
先祖はチベタン・スパニエルだろうと考えられており、現在のものには、チベタン・スパニエルやペキニーズ、キング・チャールズ・スパニエルなどの血も入っているようだ。
日本にやってきたのは、奈良時代のこととされ、730年に今の韓国にあたる新羅から、聖武天皇への献上犬として贈られたのが最初であるとされる。
その後も遣唐使によって、中国からもち帰られていたようだ。
江戸時代には大奥で愛され、諸大名の間でもこの犬を飼うことが流行したという。
また、外国の高官名士への贈り物にもされていて、1853年にはペリー提督へ、1880年にはドイツのアウグステ皇后へ贈られたとの記録も残されている。
今日でも、美しく愛嬌もある家庭犬、愛玩犬として、多くの愛好者に飼育されている。
改良国産犬種としては、世界公認犬種となった日本初の犬として知られる。

●外見的特徴
滑らかで豊かな絹糸のような被毛につつまれた、優美で気品のある小型犬である。
頭部は丸く幅広く、鼻吻部は極めて短く幅広く、両目の間のくぼみが深い。
鼻は両目を結ぶ線上にあり、大きく丸い両目の間が離れていて、これらがこの犬種を愛嬌のある顔立ちにしている。
背は短く水平、腰は幅広く、わずかに丸味をおびた体形をしている。
被毛は滑らかで、顔面以外は長くまっすぐな毛に被われ、耳、首、大腿、下腿、尾には豊かな飾り毛がある。
毛色は白地に黒または赤の斑で、胴の斑、顔の斑は左右相対が好まれる。
特に鼻吻部から頭頂にかけて幅広い白の斑があるものが望まれる。

●性格
利口でおとなしく、茶目っ気をもった愛らしさがもち味といえる。
情愛こまやかで、飼い主一家に対して従順なだけでなく、ほかの犬などとも友好的に接することができる。
小型犬らしい快活さはあるが、攻撃的ではなく、順応性にも優れている。
とてもしつけやすく、運動量もそれほど必要としないので、室内での飼育も比較的楽な犬種といえるだろう。

●飼育
長毛種ではあるが、厚い下毛がないので、基本的な被毛の手入れはブラッシングとコーミングで十分だ。
また滑らかな美しい毛質を保つためには、定期的にシャンプーをしてやるといいだろう。
その大きな目の周りの清潔を保つなどの配慮が必要だ。
目が出ているので眼球を傷つけないように注意しながら、やわらかい布や綿棒を使って、目ヤニや汚れをまめに取り除いてやりたい。

●健康上の注意点
運動としては、長い散歩を時々させるだけでも大丈夫と、手間いらず犬種だ。
しかし犬の健康を維持するためには、規則的に運動させることが大切である。
散歩に出ない日には、室内で遊び相手をしてやる。
食事の内容は、栄養バランスのとれた小型犬用のドッグフードだけでも問題ない。
嗜好性を加味してやるならば、ドライフードとウェットフードの混合食が一般的で手軽だろう。
回数は若犬から成犬の場合は1日1、2回。肥満や病気を防ぐためにも、間食や偏食は避けるようにする。
規則正しい食生活を心がけたい。突き出た目は傷つきやすく、また眼病にも罹りやすい面がある。

*「ペット情報総合サイト PETPET」より引用させて頂きました。

特集!!今人気のペット!!no,9

いつも「我が家のペット」をご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
毎週月曜日にご紹介させて頂いている人気のペット!
あなたもご家族の一員として、ペットを迎え入れてはいかがでしょうか!
今回は、少しビッグに「超大型犬」をご紹介させて頂きます!

今回、第九回目にご紹介するのは、超大型犬の「セント・バーナード」です!
d914e460519c9ccbd9f59093bef88c9c_l
<<セント・バーナード>>

●ルーツ
そのルーツとしては、遠い先祖にチベタン・マスティフをもつ犬種とされており、紀元前にギリシャ、イタリアを経てヨーロッパへわたった犬の子孫とされている。
ただ今日認められている犬の発生は、11世紀ごろという説があり、スペイン・マスティフ、あるいはスイス・ゼネンフントの影響を受けていると伝えられている。
どちらにしても、イタリアとスイスの国境の峠にある、グラン・サン・ベルナール寺院の僧侶たちによって、寺院の番犬、雪中救助犬として独自に飼育、訓練されてきたことは確かなようだ。
特に有名なのは同寺院で育てられた1頭で、アルプスの山で遭難した登山者を救ったことで知られ、この犬種の普及に大きく貢献した。
犬種名も同寺院の英語読みから、セント・バーナードとなっている。
現在は、番犬、家庭犬として親しまれ飼育されている。

●外見的特徴
多くの人が認識している通り、全犬種の中でも最も大きな頭部と体をもつ超大型犬である。
がっしりとしたスクエアな体形のもち主であり、骨太で、両目のくぼみははっきりとしている。
鼻筋はまっすぐ通り、目から下顎までは非常に深く、鼻吻部は四角だ。
鼻は大きく黒く、目はやや小さく瞳は暗色で、両目が適度に離れ、深くくぼんでいる。
耳は中くらいの大きさで、頬に接して垂れている。
大きく強い歯、咽喉の下に垂れるほどのたるみがあるのも、この犬の特徴といえるだろう。
がっちりとした体を支える四肢はたくましく、引き締まって隆起した指、硬い足の裏の膨らみ(バッド)があり、ツメは暗色が望ましいとされる。
被毛は短毛と長毛の2タイプがあり、いずれの場合も平らに密生する。
まっすぐからウェーブのかかった毛まである長毛タイプは、首の周りの毛量が最も多く、腿部に適度な飾り毛をもつ。
一方、短毛のタイプはまっすぐで硬く短い毛が密生し、腿部と尾にわずかな飾り毛がある。
毛色は白地に赤、赤地に白、さまざまな色合いの赤、虎毛斑。
白斑はマスク、ブレーズ、カラー、前胸、肢、指、尾の先などとされている。

●性格
全犬種中で最大の超大型犬であり、成長も著しく早いので、幼犬期からの服従訓練としつけは不可欠といえる。
集団での生活を好む犬で、一般に子ども好きとされているが、それは一緒に育てていればの話だという。
基本的に性格は従順で、頭もよく、ほかの犬とも仲良く暮らせるタイプだ。
時間を作っては相手をしながら、基本的な訓練としつけを行き届かせることができれば、頼りがいのあるパートナーになることは間違いない。

●飼育
毎日行わなければならない手入れは、基本的にはブラッシングとコーミングである。
また、シャンプーも月1度くらいの頻度で行いたい。
目のまわりや耳を清潔に保つことも、大切である。
やわらかい綿棒かコットンを使って、きれいに拭いてやりたい。
こうした大型犬は、家庭犬としてもまめな手入れが必要なので、幼犬期からそうした作業に慣らしておくようにしたい。
また春から初夏にかけての換毛期には、スリッカーブラシや金属製コームを使って、こまめに死毛を取り除いてやること。

●健康上の注意点
この犬に関しては、大型犬でありながら特別豊富な運動量は必要としない。
とはいえ、最低限の運動量の要求はあるし、太りやすいので毎日の適度な運動は不可欠である。
1日1回、30〜1時間程度の引き運動を習慣づけること。
そしてこの運動のときは、訓練のチャンスでもある。
子犬のときからリードをしっかりつけ、正しい服従訓練を行いたい。
食事は、若犬から成犬なら1日1、2回、適量を与えればいい。
内容としては、栄養バランスのよいドライタイプのドッグフードに、肉類や内臓類を煮たタンパク質、乾燥小魚やチーズなどのカルシウム、パンやご飯などの穀類、缶詰フードなどを加えた混合食でいい。
人間食の与えグセに注意し、過食や偏食にも気を配りたい。
股関節の形成不全に注意する。皮膚病にも注意してやる必要がある。

*「ペット情報総合サイト PETPET」より引用させて頂きました。

特集!!今人気のペット!!no,8

いつも「我が家のペット」をご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
毎週月曜日にご紹介させて頂いている人気のペット!
あなたもご家族の一員として、ペットを迎え入れてはいかがでしょうか!
今回は、久しぶりに「小型犬」をご紹介させて頂きます!

今回、第八回目にご紹介するのは、小型犬の「ミニチュア・ダックスフンド」です!
1523660808_2fe1292e22
<<ミニチュア・ダックスフンド>>

●ルーツ
ドイツやオーストリアの中型ピンシャーとスイスのジュラ・ハウンドの交雑によって、現在のダックスフンド(スムースヘアー)の元となった犬が作られたといわれている。
その後さらにシュナウザーや他のテリアとの交配で、ワイアーヘアーが誕生した。
ロングヘアーはスパニエルとの交配により、15世紀ごろに作り出されたといわれるが、詳細は不明。
ダックスはドイツ語でアナグマを意味し、もともとアナグマの狩猟犬として誕生した。
スタンダードからミニチュアへの改良は、ウサギやオコジョなどさらに小型の動物の狩猟犬を目的としてなされた。
さまざまな狩猟の環境に適応するよう、いろいろな毛質のものが作りだされた。
こうした種が家庭犬としても人気を得て、ペットとして好んで飼育されている。

●外見的特徴
短足、胴長の愛嬌ある特徴的な外見は、犬の種類多しといえども、知られている存在といえる。
大きさはスタンダードやミニチュアのほか、今日では体重2.3kg以下、胸囲30cm以下とさらに小型のカニンヘンも登場し、ダックスフンドとして扱われる種類は3種になっている。
さらに毛質のタイプとして3種類があげられ、短く光沢のある短毛のスムースヘアー、ざらざらとしたかたい剛毛をもったワイアーヘアー、光沢がありウェーブがかったやわらかい毛質をもった長毛のロングヘアーがある。
毛色は赤、ブラックタン、チョコレートタン、タップルなどがある。

●性格
狩猟犬らしく機敏で活発、また愛情も深く魅力的な犬種である。
特徴でも触れたように、短足と胴長の体つきはユーモラスな雰囲気で、ちょこちょこ歩く姿が可愛らしい。
知らない人が訪ねてくると、鳴いて教えてくれる。
今日では、本来の目的だった狩猟犬というよりも、ペットとしての人気が高い。
従順で明朗、家族にもよくなつき番犬として適しているため、人気の高い犬である。

●飼育
どの被毛のタイプでも、まめにブラッシングしてやり、必要に応じてシャンプーする。
シャンプー後は必ず完全に乾かし、温かく保つこと。
スムースタイプに関してはビロードの布やセーム革などで被毛をこすってやるとツヤが出る。
余剰に伸びた毛のカットを基本に考えれば、トリミングはそれほど難しいものではない。

●健康上の注意点
活動的で驚くほどスタミナをもっている。
日光浴をさせる意味でも、1日1、2回は屋外へ出し運動させてやるといい。
筋肉をつける自由運動と骨を守る背筋をつけ、椎間板ヘルニアの予防にもなる引き運動を合わせて行うとよい。
成犬期の食事で気をつけなければならないのが、肥満である。
肥満により湿疹が出やすくなり、心臓に負担もかかりやすく、疲れやすくなる。
椎間板ヘルニアを引き起こす原因にもなるので、注意したい。
また、糖尿病や心臓病という老犬共通の症状を現すこともある。

*「ペット情報総合サイト PETPET」より引用させて頂きました。