タラバガニの雑学

タラバガニは「カニ」とついていますが、実はカニではなくヤドカリの仲間なんです。
なので、足がカニに比べて2本少ない8本。

実は、体の内を掃除するために、甲羅内にあと2本足が生えているので甲羅内の脚も含めれば10本になります。

犬の飼い方4

どこでも触らせるクセをつけよう

愛犬を大切に思うなら、体のどこにでも触れるようにしておきましょう。
体を触ることは日常のケアはもちろん、病気や怪我の早期発見にもつながります。
ただし、無理に触ると子犬が嫌がることがありストレスがかかるので注意しましょう。
犬が心地よく思えるよう触り方を工夫して、いつでも健康チェックができるようにしておきましょう。
特に興奮するタイプの子犬は、運動などでエネルギーを発散させた後、子犬のお尻をあなたの膝の上に乗せ、背中をあなたのお腹から胸にぴったりとくっつけるようにして静かに待ちましょう。
暴れている時はしっかりと抱いて、静かになったらほめて自由にします。
ただし、攻撃的になる子の場合は無理にするのは止めましょう。

*Petioより引用させて頂きました。

犬の飼い方3

食事にルールを作ろう

ドッグフードは、年齢・月齢にあわせた「総合栄養食」の表示があるものを与えてください。
さまざまな市販品がありますが、栄養バランスや品質など信頼できるメーカーのものを選びましょう。
ドライフードは、貯蔵中に脂肪の酸化や変質が起こるので、買いだめせずに直射日光や高温多湿をさけて保管して、早めに与えてください。

栄養学的にはドッグフードと新鮮な水だけで足りるわけですが、愛犬が目をキラキラさせて喜ぶおやつなどの「おいしいもの」も別に与えたくなるのが飼い主の心情です。
おやつなどを与えることは犬の精神的にも良い刺激になりますが、質と量には配慮しましょう。
一日に与える食事全体のカロリーの10%未満にしてください。

*Petioより引用させて頂きました。

犬の飼い方2

トイレをしっかり教えよう

トイレのしつけは、家に迎えたその日から行います。
しかし、間違った場所で排せつしても叱ったりするのはやめましょう。
恐怖で排せつ行為に不安を感じ、隠れて行う可能性も出てくるからです。
まずはトイレを設置する時に、トイレシーツにその子犬の排せつ物のニオイをつけておきましょう。
子犬をよく観察し、起きたらすぐにトイレへ誘導。
この時は、抱いていくよりも犬が歩いて向かうように、誘導した方が早くトイレの場所を覚えます。
子犬がトイレの場所をきちんと覚えるまでは、トイレタイムに飼い主が誘導しましょう。
どうしても子犬をみておけない時は、サークルなどを利用し、全体にペットシーツを敷き詰めておく方法もあります。

*Petioより引用させて頂きました。

犬の飼い方1

新しい環境に慣れさせるのが第一

犬を飼い始めた直後は、家族のかまい過ぎで子犬が睡眠不足になってしまうことがあります。
特に子犬を飼い始めてしばらくの間は環境が変わり、精神的・肉体的ストレスが重なって最も体調を崩しやすい時期。
単純な疲れが原因であった場合も、対応が不充分だと重症に陥ることもあるので注意が必要です。
犬を迎えてしばらくは、環境に慣れさせることを第一に考えて、寝ている時は邪魔をせずたっぷり眠らせてあげましょう。
子犬が自分から寄ってきた時は優しくなでて、安心させてください。

*Petioより引用させて頂きました。