アザラシの赤ちゃん

まっ白い体に、つぶらな瞳。
アザラシの赤ちゃんといえば、数ある動物の中でも人気の高いもののひとつといえるだろう。
だが、その真っ白い期間は2週間程度ととても短い。

イルカやクジラといった海に暮らす哺乳類は、陸上に上がることはなく、その生涯を水中で送るが、鰭脚類と呼ばれるアザラシやアシカは、海と陸を行き来しながら暮らしている。
イルカやクジラではその出産も水中だが、アザラシやアシカではその出産も陸上となる。
ゴマフアザラシのお母さんは何もない氷上で出産を迎える。
そのために赤ちゃんは保護色として真っ白な体をしているのだ。  
こうして生まれたゴマフアザラシの赤ちゃんは、約2週間の授乳期間を過ごす。
アザラシの母乳は栄養豊富で、実にその40%以上が脂肪分であるという。
通常我々が飲んでいる牛乳の脂肪分が3〜4%程度ということから、それがいかに濃いか、おわかりいただけるだろう。
この栄養たっぷりのおっぱいを飲んで、赤ちゃんアザラシは急速に成長する。
なぜこのように授乳期の赤ちゃんの成長が早めるかというと、これといった武器をもたず、隠れる場所などない赤ちゃんアザラシを早く一人前にして、他の肉食動物から逃れるすべを、できるだけ早く身につけさせたいからにほかならない。
アザラシの赤ちゃんのイモムシスタイルの陸上での移動は、我々にとっては確かに可愛く映るかもしれないが、肉食獣たちにとっては絶好のターゲットとなってしまう。
一刻も早く水中に慣れてもらう必要がある。  
かくして授乳の期間が過ぎると、お母さんアザラシは我が子を海に落として、泳ぎの訓練が始まる。
お母さんに体を支えられ、押されたり、つつかれたりしながら、泳ぎをマスターしていくのである。
こうして海中での暮らしに慣れ、初めて一人前のアザラシになっていくのである。

*PETPETより引用させて頂きました。

本を執筆する犬?

イングリッシュ・スプリンガ−・スパニエルと言う犬はもともとはイギリスの鳥猟犬。
でも、この中の1頭はとてつもなく賢いらしく本を執筆してベストセラー作家になったと言う。

イングリッシュ・スプリンガ−・スパニエルと言う犬は、もともとはイギリスで鳥のかすみ網猟の際の勢子(網の方に鳥を追い込む役目をする)をしていたガンドッグ。
もちろん個体差はあるものの、とにかく陽気で好奇心旺盛。
じっとしていることが苦痛なのかもしれないと思うほど、絶えず何か面白いことを探してウロウロキョロキョロ。
この性質がうっとおしいと考える人はダメだが、手のかかる(もちろん良い意味で)やんちゃ坊主をお探しながら、ぜひとも推奨の三つ星マーク確定である。
ところで、この犬をアメリカの元大統領ジョージ・ブッシュさんがホワイトハウスで飼育していたことは、アメリカならばともかくわが国で知る人は少ない。
ところが、このミリーという犬はなんと人間の言葉を理解するだけでなく、文字を書くことができるらしい!!
1990年に自分自身(もちろんワンチャン)が、ホワイトハウスで見聞きしたことを1冊の本として出版し、なんとアメリカでベストセラーを記録してしまったのだ。
その後は思わぬ成功にプレッシャーを感じてしまったのか、新刊が出たと言う話は聞かない。
もちろんアメリカ人らしいジョークではあるが、なかなか内容も面白い本なので、このミリー女史著アメリカ版「我輩は猫である」をお暇な方は一読してみてはいかが?

*PETPETより引用させて頂きました。

ボルネオで発見された、新種のゾウ。

最近の飛躍的な科学の進歩に、生物の遺伝情報DNA解析技術の発達である。
その結果として種の判別が、さらに確実になったともいえる。
ボルネオ島に生息する小型のアジアゾウが、新たに新種として発表された。
方法としてはそのゾウのフンを集めて大学に依頼し、DNAを判定、近隣国に分布するアジアゾウのものと比較するという方法だったようである。
その結果周辺諸国にすむアジアゾウとは、かなり古い時代に分かれた種類という結論がだされたようだ。
技術の進歩に伴う新種の発見。
今の時代に大型の哺乳類の新種がみつかったというのには、そうした背景があったのである。

ゾウといえば、いわずと知れた陸上で一番大きな動物である。
動物園でも人気のある動物のひとつであり、これは彼らの姿が比較的よく観察できるためということからもきているのだろう。
アフリカにアフリカゾウ、アジアにはアジアゾウが分布しているのは、広く知られたところだ。
このうちアジアゾウはいくつかの種類が知られており、使役に使われるなど人とともに暮らしてきたことでもよく知られている。
特にインドゾウの名前で呼ばれる種類は、アジアゾウの中でも生息数で約半数をしめている。
ほかにセイロンゾウ、スマトラゾウ、マレーゾウと呼ばれる種類がいて、それらをまとめた総称がアジアゾウというわけだ。
一般にアフリカゾウはサバンナのような開けたところで暮らしているが、野生のアジアゾウに関しては森林地帯に生息するため、人々とのつながりが深い割にはその生態がはっきりとしていない部分があるようだ。
大型のメスを中心にした群れを作って移動しながら餌をとることが知られており、草食性で親では1日150キログラムの餌を食べるといわれる。
そしてごく最近になって新種のゾウがみつかってニュースになった。
ボルネオ島でのことのようである。
小型で温和な種類といわれており、世界自然基金(WWF)によって発表されたものだ。
採取したゾウの糞を大学に委託し、DNA判定の結果近隣似生息しているアジアゾウとは、かなり以前の段階で分かれたものと判断されたようだ。
地球が狭くなったといわれている現在、哺乳類の新種の発見は非常に珍しいものといえるだろう。
また今後の動物学では、DNAという存在がかなりのキーになることは明らかだといえるだろう。

*PETPETより引用させて頂きました。

犬の寿命

犬はもともと肉食動物ですが、人間と過ごす長い歴史の中で、現在では雑食性に変化しています。

かといって、人間とは必要な栄養素の量が全く異なるので、人と同じ食事を与えることはよくありません。
犬の餌としては栄養バランスがよく考えられているドッグフードが最適であり、子犬の頃からドッグフードに慣らせておくことも重要だといえます。
大型犬を屋外で、小型犬は屋内で、という一昔前の考え方も現在は大きく変化し、庭での放し飼いや室内飼いなどで犬を自由に暮らせるようにしてあげたいという傾向にあるようです。

犬は散歩好きといわれていますが、外に散歩に行くというのは、運動の面から必要ということだけではなく、犬の心理的な発達や社会性をやしなうというしつけの意味でも重要だといえます。
犬はもともとオオカミを祖先としているので、群れいることを好み、リーダーに従って行動する習性があるといわれています。

家庭で飼われることになった犬は、家にいる人間の家族を群れと認識して行動をすることになり、飼い主にたいして従属することも可能です。
このオオカミ由来の習性をよく理解してしつけを行っていくことで、犬の行動をコントロールすることが容易になり、飼い主の要求にきちんと従ってくれるようになります。

もちろんこれだけ犬が多く飼われている日本では、犬の飼育にまつわる様々な問題や健康上の問題なども発生していて、飼い主のモラルや責任を問われる場面も多々あるのが現状です。
感染症や犬にまつわるトラブルなどに関しては、また後で詳しく説明したいと思います。