犬にはなぜ、ハナクソができないのか?

人は鼻前庭に毛(鼻毛のこと)が生えています。
この毛が、空気中に含まれているゴミなどをとらえ、粘液で固め、ハナクソとなります。

しかし犬には鼻前庭に毛がないので、空気中のゴミは鼻でとどまらず、ハナクソはできません。

犬が水を飲むときに一緒にしている事

犬は息をしながら水を飲んでいる

まずは水を一口飲んでみてください。
人は水を飲むときに息を止めています。
これは、喉頭と喉頭蓋がたくみに機能し、気管に蓋をして水などの異物が入らないようにしているためです。

しかし、犬は違います。
犬は水を飲む際も呼吸をすることができるのです。
犬の喉頭は人よりも口の奥側にあります。
食物が通る際は蓋が気管を閉じるので一時的に息を止めていますが、水は喉頭の横をすり抜けるようにして食道へ向かいます。
なので、喉頭蓋で気管を塞ぐ必要はないのです。

犬が長時間水を飲んでも苦しくないのは、息をしながら水を飲めるからなのです。

犬はストレスを感じるの?

感じてます。
ノイローゼになるケースもあるそうです。
原因は、生活環境、運動不足、飼い主のあやふやな態度などがあげられます。
特に飼い主の一貫性のない振る舞いにはすごくストレスを感じてるようです。

夢を見てる?

実は、みているんです。
動物心理学者の実験や研究で証明されているそうです。
寝てるときに、突然起き上がったり、吠えたりするみたいです。

犬は猫舌

野性の世界では体温以上の熱いものを食べることがないため、犬だけでなく野生で暮らしているほとんどの生物が猫舌。
ちなみに猫舌の語源は、人間と同じように家の中で生活し温かいものを食べていた身近な動物が猫だったので、その熱がる様子から名づけられたんです。