ヒョウモンガメ

リクガメの仲間は、ペットとしても人気の高い爬虫類である。
ただし、いずれの種類もその数の減少から国際的に保護されており、基本的には養殖した個体などを中心に取り引されている。
そのために積極的に繁殖がなされている反面、その希少価値から不正に持ち込まれることも多い。  
ヒョウモンガメもそうしたリクガメのひとつで、甲羅に入るヒョウのような模様が美しいことから、愛好家たちの間で飼育されることが多い種類である。
実際にはゾウガメを除いたリクガメの中では、ケヅメリクガメについで大きくなる種類とされている。
もっとも、販売されているものは数10センチサイズの幼体であり、その可愛さから飼育をされるケースが多い。
とはいえ実際には、成長することで60センチにも達するリクガメである。  
ヒョウモンガメは本来、アフリカ東部から南部のサバンナ地帯に分布している。
ヒョウモンガメの主食としては草や果実を食べるベジタリアンだが、生息地域の開発が進むにつれて、彼らの餌となる植物も減少して生存が脅かされている部分があるようだ。
その結果として野生の個体は、今日では一部の海岸地方にみられるにすぎないともいう。
一見おっとりとしたようにみえるカメの仲間だが、繁殖期のオスは性質も荒くなり、同種間では争うこともある。  
現在ペットとして流通するものはアフリカに生息している野生個体ではなく、アメリカで繁殖された個体がほとんどとされている。
ペットとして親しまれる生物が、こうして積極的に養殖されることにより、野生の個体群が保護されてその存続が可能になるのは願ってもないことといえるだろう。
一方では今日環境の面で問題視されている温暖化の影響で、餌となる植物が乾季に影響を受けることや、飼育を目的とした捕獲のほかに食用目的の捕獲もあって、数を減らしている。  
自然下で生息している、ヒョウモンガメにとっては、深刻な状況になっているようだ。

多彩な表情をもつスナメリ

クジラといえば、大海原を勇壮に回遊しているイメージが強い。
事実シロナガスクジラやマッコウクジラといった大型の鯨類は、広大な海を回遊しながら暮らしているといえるだろう。
生まれてくる子供の大きさが、シロナガスクジラでは7メートルというからそのスケール感もうかがえる。
こうした主に外洋を住みかにしているクジラがいる一方で、ごく近くの沿岸で暮らしているクジラの仲間も存在する。
スナメリもそうした種類のひとつだ。「イラスト 無料 ...」の画像検索結果
日本の近海に生息するクジラの仲間では、もっとも小さい。最大でも2メートル、一般に1.4から1.8メートルで、誕生した当初は80センチメートル程度だという。
体重は成体で60キログラム程度だから、ちょうど人間の大人ぐらいと考えてさしさわりはないだろう。
沿岸性で浅い海に住むことから、人間との関わりも深いとされる種類である。
日本にも分布していて、かつては瀬戸内海にも多数が暮らしていたことがいわれている。
瀬戸内海でデゴンドウ、伊勢湾でスザメ、有明海でナミノウオといったように、地方地方でいろいろな名前があるのも、彼らが人の側にいた証なのではないだろうか。
イルカと違いくちばしの部分が突出せず、背ビレがないのも彼らの特徴だ。体色は一様に灰色で、幼体では黒っぽい。
さらに死亡すると黒くなることが知られている。
バンドウイルカなどと違って首の部分がよく動き、そのため自在に頭部を動かすことが可能だ。
この特徴のおかげて、表情やしぐさなども多彩なものになっているといっていいだろう。
日本でも各地に生息していたスナメリたちだが、その数の減少が心配されている。
もともと沿岸性で人間との距離も近かったゆえ、その影響を受けやすかったのがまずいえる。
加えて海の汚れやそれに伴う餌の減少、有害物質による繁殖力の低下、網漁による混獲などが、彼らの生存にとっては脅威になっているのだ。
一方で各地の水族館で飼育されているため、彼らと会うことも不可能ではない。
春休みで旅行をする機会も増えるかと思うが、そうしたところへ出向いた際には多彩な表情をもった彼らと出会い、彼らの保護、ひいては海の自然の保護に関して思い巡らしてみるのも有意義なことなのではないだろうか。

子供と犬の関わり方

小さいうちから、生き物と関わる事で、命の大切さを学んだりできるので情操教育にはペットを飼うというのは良いと言われています。

しかし、一方的にペットに負担を強いるようでは、その教育は間違った方向に行くこともありえます。
そのため、まず「犬はおもちゃではない」事「犬にも感情がある事」を理解させなくてはいけません。

そういう考えがあって、初めて命の大切さや人に対する関わり方を学ぶことができるのです。

また、子供がある程度大きくなれば、子供から犬に指示を出させるようにしましょう。
例えば、おやつや食事は子供が与えるというような方法です。
こういう関わり方で、犬は自然と子供が自分に指示を出す側の人間、つまり自分より上である事を理解します。

犬を子供のお守り役にしないようにしましょう。
子供がある程度大きくなるまでは、必ず親が犬と子供の両方をよく見て、お互いがお互いに尊重しあえる間柄にするように気を遣ってあげてください。

犬は子供を自分の下であると考えている

犬は家族を順位付けする動物です。

順位1番の人には絶対服従します。
多くの場合飼い主であるお父さんやお母さんが順位の1位になります。

さて子供、特に末っ子などは、犬の下に見られることが多いのです。

これは順位1位の人の対応次第です。
例えば子供と犬を同等に扱えば、犬はその子供を自分の下とみます。

例えば、犬と子供が何かを取り合いをしたり、喧嘩をすると犬と子供を一緒に叱っていませんか?
平等なのはいい事ですが、この場合マイナスになる事もあるのです。

あくまで子供が犬の上であるという事を犬に理解させなくてはいけません。
でないと犬は、子供や末っ子に対してだけ、噛んだり、挑発行動をしたりします。

犬が子供を噛む理由

小いさな子供にとって、ふかふかだったり、ちまちま動いたり、逆に上に乗れるくらい大きな犬はおもちゃ同然です。
大人は子供に引っ張られたり、ぶたれたり、追いかけまわされても、「子供だから仕方ない」ともちろん口で注意はしますが、大目に見てもらえます。

でも犬は違います。犬が嫌がるような事をすれば、躾けられた犬であれば、ある程度我慢してくれるかもしれません。
でも我慢に限界があるのです。

また純粋に子供のする行為が、犬にとって恐怖だった場合、犬は反撃に出ます。

犬はおもちゃではなく、生きているから痛みも感じるし、恐怖も感じます。
そして多くの場合、子供は限度を知りません。
だから悪気がなくてもやりすぎてしまった結果、犬からの反撃を食らって噛まれる事になります。

ケガをした方が被害者である事は事実ですが、ある意味犬だって被害者です。

もし子供が噛まれたら、犬を責めるのではなく、その原因がどちらにあるかを見極めましょう。
先に躾けが必要なのは子供かもしれません。