インコの飼育に必要な環境

温度は適切に管理しましょう

インコを含めた小鳥は本来体温が非常に高く、約42℃前後もあるため、寒さに弱い動物です。

若くて元気一杯の時は、かなり寒い気温でも耐えられるようですが、少しでも体力が落ちたり、食欲が減ったりすると、低体温に陥り弱ってしまいます。

冬は電球型の保温器等を用意した方が無難です。

調子が悪そうだなと思ったらまず保温

たとえ夏場でも、保温器が必要になることがあります。

ケージを置く場所は冷房の風が直接当たらない場所に設置するなど、温度が極度に変化しないように気を遣いましょう。

もちろん、高体温症にも注意が必要なので、保温器をセットしたケージの半分はタオル等をかけて暖かくして、反対側は温度が逃げるようにしておくと小鳥が自由に選べるので、保温と高体温症予防の両方に対応出来ます。

掃除は出来れば毎日行いましょう

床面の糞掃除は毎日あるいは2日おきには行いましょう。

また、餌入れや水入れもこまめにきれいにしてあげてください。

餌は減り具合を毎日チェックし、また床の清掃をする際には、糞便の状態と数を大まかに確認して、何かきになることがあれば病院に相談しましょう。

放鳥をしましょう

放鳥とはインコを籠から出し、運動不足やストレスを解消させることです。

また、放鳥を行うことで飼い主とのコミュニケーションを図ることができます。

インコに取っても飼い主にとっても大切な時間ですね。

ただし、時間も決めずにダラダラと放鳥しているのは適切とは言えません。

思わぬ事故を避けるためにも、放鳥する時間は1日に1時間程度にしておきましょう。

以下が放鳥をする際の注意点になります。

インコが窓から飛び出してしまわないよう、放鳥の間は窓を閉めておく

部屋のドアも閉じ、ほかの家族がドアを知らずに開けてしまわないよう、前もって放鳥することを知らせておきましょう。

また、誤って窓にぶつかってしまったときのために、レースのカーテンを引いておくと安心です。

放鳥の間、部屋の中にフンを落とすことがある

鳥は体の中にフンをためておくことができず、食べたらすぐに排泄する動物です。

フンを出さないようにする方法はありませんが、ケージから出している間はインコをよく観察し、フンをしたらすぐに片付けましょう。

家の中のものを齧ってしまうこともある

保護カバーを付けるほか、インコがかじって遊ぶおもちゃを用意し、そちらに興味を持っていかせるのも対策のひとつです。

また、家の中にはインコにとっては危険なものも沢山あります。

例えば、とがった鉛筆や冷えていないアイロン、炊飯器の蒸気、観葉植物にもインコに有毒なものがあります。

こういったものは予め片付けてから放鳥を行うようにしましょう。

インコのヒナのお世話の仕方

インコのヒナの飼い方は2段階に分けられ、時期により飼い方が違います。

第一段階:生後間もなくから2~3週間まで
第二段階:その後の生後1~2ヶ月まで

第一段階のお世話

インコのヒナの体はとても小さく羽もまだ生えていません。

そのため寒さが大敵となるので、 26~28℃の間に温度を保ちます。

昆虫等を入れるプラスチックケースにティッシュペーパー等を入れて、こまめに取り替えましょう。

また、餌については、市販の粟玉やパウダーフードの 総合栄養食を38℃位のお湯でふやかして与えます。

温度は高すぎては火傷の原因となり、低すぎてはインコのヒナが餌を食べないので注意が必要です。

この時期のインコのヒナには、1日5~6回、2~3時間おきに餌をスプーンや注射器の様な物で与えましょう。

インコを飼うための凡その参考費用

インコを飼うためには一体いくら必要なのかをご紹介します。

便宜上、費用はセキセイインコを飼う場合の参考価格になります。

インコを飼い始める前にかかる費用

飼育ケージ 20,000円

巣箱 3,000円

エサ入れ、水入れ 1,000円

おもちゃ 2,000円

ヒーター 1,000円

餌 2,000円

プラケース 1,000円

※最初にヒナをつれてくるためのものです

――――――――――

合計 29,000円

インコの生体の価格

インコの生体の値段は種類や個体差によって大きく異なります。

セキセイインコのような小型でお手ごろなものではおよそ3,000円程度。

小型でも色合いによっては3万円以上になる固体もいます。

中型であれば1万円~12万円程度。

大型のインコともなれば30万~120万円程です。

インコの特徴と生態

インコはオウムよりも広く分布しており、その生息域はアメリカ、アフリカ、アジア、オーストラリアとポリネシアに至る太平洋東方まで。

ほとんどのインコは木のウロに巣をかけ、一夫一婦でつがいを作ります。

基本的に種子食ですが、果実やナッツなどの他に、葉や昆虫、時には他の動物を捕食する種類も存在します。

コミュニケーション能力に長けていて、 九官鳥 と同様に教えることによって人語を操るようになることまであります。

記録では、100語以上喋ることができた個体もいるようです。

また、大きさや寿命は種類によって実に様々です。

主に小型のもので全長約12~20cm、体重約50g。

中型のもので全長約25~30cm、体重約60~80g。

大型のものでは、尾の長さを入れるとなんと全長約90cmとかなりの大きさで、体重は小さなものだと約350gです。

寿命は約5~50年と、種類によっては長寿になるものもいます。

もし長寿のインコを迎えるのであれば、一生の付き合いになることも考えておきましょう。