インコを飼うために必要な費用は?

インコを飼うためには一体いくら必要なのかをご紹介します。

便宜上、費用はセキセイインコを飼う場合の参考価格になります。

インコを飼い始める前にかかる費用

飼育ケージ 20,000円

巣箱 3,000円

エサ入れ、水入れ 1,000円

おもちゃ 2,000円

ヒーター 1,000円

餌 2,000円

プラケース 1,000円

※最初にヒナをつれてくるためのものです

――――――――――

合計 29,000円

インコを飼い始めた後にかかる費用(月単位)

餌 2,000円

おもちゃ 1,000円

――――――――――

合計 3,000円

上記を見ても分かるとおり、犬や猫を飼育するのに比べて大分安く抑えられられます。

なお、理由としては以下があげられます。

身体が小さいため食費がそこまでかからない
感染症などの予防接種というものがない

ただし、病気やけがの治療費は高額です。

地域や病院によっても異なりますが、だいたい初診料として1,000~1,500円くらい。

フンの検査が500~1,500円ほど、そ嚢液の検査が800~1,500円ほど、健康診断をするだけでも2,000~3,000円ほどの出費は覚悟しましょう。

何か病気が見つかって、さらに細かい検査が必要になったり、深刻な病気で手術や入金が必要になると、高額の料金を支払わなければならなくなります。

手術の内容にもよりますが、手術代は数万円から十万円、入院費は1日あたり2,000~5,000円ほどかかります。

インコの生体の値段・価格

インコの生体の値段は種類や個体差によって大きく異なります。

セキセイインコのような小型でお手ごろなものではおよそ3,000円程度。

小型でも色合いによっては3万円以上になる固体もいます。

中型であれば1万円~12万円程度。

大型のインコともなれば30万~120万円程です。

インコの特徴と生態

インコはオウムよりも広く分布しており、その生息域はアメリカ、アフリカ、アジア、オーストラリアとポリネシアに至る太平洋東方まで。

ほとんどのインコは木のウロに巣をかけ、一夫一婦でつがいを作ります。

基本的に種子食ですが、果実やナッツなどの他に、葉や昆虫、時には他の動物を捕食する種類も存在します。

コミュニケーション能力に長けていて、 九官鳥 と同様に教えることによって人語を操るようになることまであります。

記録では、100語以上喋ることができた個体もいるようです。

また、大きさや寿命は種類によって実に様々です。

主に小型のもので全長約12~20cm、体重約50g。

中型のもので全長約25~30cm、体重約60~80g。

大型のものでは、尾の長さを入れるとなんと全長約90cmとかなりの大きさで、体重は小さなものだと約350gです。

寿命は約5~50年と、種類によっては長寿になるものもいます。

もし長寿のインコを迎えるのであれば、一生の付き合いになることも考えておきましょう。

蛇の種類は?

蛇は、世界で見れば3000種類もおり、南極大陸以外には生息するかなりメジャーな生き物になっています。また、日本の中には、36種類ほどの蛇が生息していると言われています。毒をもつものは、全体の25%と言われており、その他は比較的安全と言えます。蛇をペットとして飼うのであれば、比較的小さくておとなしい品種がおすすめになっています。

蛇をペットショップで買う値段は?

いざ、蛇を飼うとなると、ペットショップでの購入となるのですが、どれくらいの値段で売っているのでしょう。ペットとしておすすめの蛇は、大体1万円から2万円くらいで売られていることが多く、他のペットなどと比較してみても、比較的手ごろに購入できます。ただし、同じ品種であっても柄などが珍しいものなどになると20万円などという値段がつけられていることもあり、幅は広いと言えます。ペットスネークにはそれぞれに見た目・性格ともに個性があるので、値段だけではなくその蛇の特徴が自分と合っているのかを考えて購入することが、その後の長い生活を良いものにする秘訣と言えるでしょう。