小話(4) 「おかしら付き」

◎ 太郎 : 「昨日の料理豪華だったぜぇ~っ。」

◎ 花子 : 「何が出たの???」

◎ 太郎 : 「うん。”鯛のおかしら付き”だったよ。」

◎ 花子 : 「すごぉ~い!!」

◎ 太郎 : 「だけどさぁ、頭だけだと食べるとこないんだよなぁ~っ。」

◎ 花子 : 「そうねぇ~っ。真ん中から下の方が身が多いよねぇ~っ。」

◎ ハカセ : 「なんじゃそれは???」「頭だけか???」

◎ 太郎 : 「だって”お頭付き”だもん!!」

◎ ハカセ : 「それは”おかしら付き”とは言わんのじゃ!!」

◎ 太郎・花子 : 「ジェジェジェ!!」「じゃあぁ~っ。”おかしら付き”ってどうゆうの???」

◎ ハカセ : 「ホントのおかしら付きとは、”一尾丸ごと”のことじゃよ!!」

◎ 太郎・花子 : 「ええ~っつ。」

◎ ハカセ : 「だからそれを”尾頭付き”と言うんじゃよ!!」 「解ったかな?エヘン!!」

・・・・・・ジャンジャン!!   おしまい。

 

小話

小話(3) 「なぜ”2切れ”なの?」

◎ 太郎 : 「この前食堂で親子丼頼んら、小さい皿にお新香が”2切れ”ついてきたんだけど・・・?」

◎ 花子 : 「うん。ついてくるよ。」

◎ 太郎 : 「あれって、決まって”2切れ”だよねぇ~っ」

◎ 花子 : 「そう言えばそうねぇ~。」

◎ 太郎 : 「どうしてだろう???」

◎ 花子 : 「うぅ・・・・・ん???」

◎ ハカセ : 「それはじゃなぁ~。」「”1切れ”じゃと”人を切る”で、物騒じゃろう!」

◎ 太郎・花子 : 「そりゃそうだね!」

◎ ハカセ : 「”3切れ”じゃと”身を切る”で、縁起が悪かろう?」

◎ 太郎・花子 : 「うんうん」

◎ ハカセ : 「だから、”2切れ”なんじゃ。解ったかな?  エヘン!!」

◎ 花子 : 「じゃぁ~っ、”4切れ”は???」

◎ ハカセ : 「多すぎるんじゃよ!」・・・・・じゃんじゃん!!

おしまい!!

小話

小話(2) 「ベント」

◎ 夫婦の会話 「ベント」

妻・・・「ねえ、お父さん。”ベント” って 何 ?」

車好きの夫・・・「ああそれは、ヨーロッパの高級車のことだよ。」

妻・・・「でも、フィルターベントって言ってるよ!!」

夫・・・「それはお前・・・、”古いタイプのベンツ” がナマッタんだよ。」

妻・・・「???かなり苦しくない???」

夫・・・「短縮して言ってみな! ”古いタイプのベンツ” を。」

妻・・・「・・・???」

夫・・・「今の若い衆は言葉を短縮するだろ? それだよ、これも!!」 :oops: :oops:

ジャンジャン!! :mrgreen:

 

 

小話

友達同士の会話 「日本人とインド人」

◎ 正男 : 日本人は子供に「人に迷惑かけてはいけないよ。」 って教えるよねぇー。

◎ 五郎 : ああ。そうだね。

◎ 正男 : インド人は「人に迷惑掛けてもいいよ。」 って教えるんだって。

◎ 五郎 : 「え・えっ? なんで?」

◎ 正男 : 「人間って、人に迷惑かけないでは生きて行けないんだって。」 だから、迷惑かけられても「それを許せる人間になりなさい。」 って教えるんだって。

◎ 五郎 : 「・・・・・・・・?!」

※ もぐら・・・「でも、それって真理かもネッ???」