◎「内に省(かえり)みて疚(やま)しからず」=今日のことば(264)=H31.2.9(土)

◎「内に省(かえり)みて疚(やま)しからず」=今日のことば(264)=H31.2.9(土)

日本のことば「イラスト 無料 ...」の画像検索結果

 日頃、影日向なく正しい行いをしていて、自分を振り返ってみて、心を痛めることがなかったら、一体何を心配したり、恐れるというのか。堂々と胸を張って生きようではないか。

 

◎「判官贔屓(ほうがんびいき)」=今日のことば(263)=H31.2.2(土)

◎「判官贔屓(ほうがんびいき)」=今日のことば(263)=H31.2.2(土)

日本のことば

「イラスト 無料 ...」の画像検索結果

 判官はあるいは「ハンガン」ともいう。源義経が今で言う警察官と裁判官を兼ねる検非違使(けびいし)の尉(判官)であったことから、義経の呼称として知られている。したがって判官になった人は他にも多いが、大師の名は弘法にとられ、黄門は水戸光圀を連想するのと同じである。

義経が平家追討の華々しい手柄を立てた英雄なのに、薄幸な運命をたどり、奥州の野末にて果てたのを惜しむことから、弱者に対する第三者の同情や声援、人気などを言う。

◎「三日見ぬ間の桜」=今日のことば(261)=H31.1.19(土)

◎「三日見ぬ間の桜」=今日のことば(261)=H31.1.19(土)

日本のことば

「イラスト 無料 ...」の画像検索結果

 たった三日見ないでいたら、まだ蕾も固いと思っていたのが、そこら一面の花盛りとなった。桜が咲くのも早いが、そのように世の中の変化が急であること、特に盛んになることの例えに言う。