◎「一石二鳥(いっせきにちょう)」=今日のことば(215)=H30.2.17(土)

◎「一石二鳥(いっせきにちょう)」=今日のことば(215)=H30.2.17(土)

日本のことば

 一つの石を投げて二羽の鳥を同時に落とす。一度の労で思いがけない別の利を得ることを言い、理屈の合わないようだが、鳥の世界でも人間の世界でも、それぞれが孤立して存在しているのではなく、互いに関連しつつ動いているのだから、実際上も可能であるということ。

◎「暖簾(のれん)に腕押し」=今日のことば(214)=H30.2.10(土)

◎「暖簾(のれん)に腕押し」=今日のことば(214)=H30.2.10(土)

日本のことば

 力比べというものは、手ごたえがあってこそ面白いが、相手が暖簾では仕方がない。力もなければ対抗しようとする意志もない相手に、何か争おうとする時の張り合いのなさのたとえをいう。

◎「男やもめに蛆(うじ)が湧き、女やもめに花が咲く」=今日のことば(213)=H30.2.3(土)

◎「男やもめに蛆(うじ)が湧き、女やもめに花が咲く」=今日のことば(213)=H30.2.3(土)

日本のことば

 男は外に仕事があるうえ、家の中のことは慣れないので、面倒になり、身の回りに気を配ってくれる者もなく、総てが薄汚くなってくる。一方、女やもめは炊事・洗濯・掃除から繕い物まで、量は減るし行き届く。その上化粧にも念を入れ、男たちにももてはやされ、ちやほやされるので花が咲くようになるということ。