特集!!【スーパーカーブーム】世代の親父たちへ!!no,2

先ずは、懐かしいこの「くるま」
ご覧下さい!!

d0041622_1263576

032_o

p5

ランボルギーニ ミウラ(Miura )は、イタリアのランボルギーニ社が開発・製造した2シーターミッドシップスポーツカー。
伝説の闘牛牧場ミウラの名にちなんで命名されたことでも知られている。
ランボルギーニ ミウラのドアを全開にし、真正面から見た姿は正に大きく立った角をもつ闘牛をイメージさせる佇まいである。

スーパーカーブームの方たち・・・今は、大体40代~50代になられたことと思います。
「ランボルギーニ ミウラ」
一度は、プラモデルを作ったのではないでしょうか・・・
「将来に絶対にマイカーにしたい!!」と言う夢を持って!!
どうですか、夢は叶いましたか?
或いは、叶えようとしていますか?
いずれにせよ、スーパーカーブーム世代の方たちにとってみては、ご自身の大きな思い出であることは間違いありませんよね!

<<シャーシだけのモデル TP400>>
1965年11月にトリノで開催されたトリノ・オートショーに、なんとシャーシとエンジンのみの試作モデルが展示された。
ボディーが無かったばかりでなく、ミウラという名前すらついていなかった。
当時ミッドシップエンジンはデ・トマソがヴァレルンガで発表しているくらいで他のメーカーではFRレイアウトが通常であった。
その後は欧州レーシングチームのシャーシとしても使われ、スポーツカーレイアウトの標準となるのはランボルギーニ ミウラが契機であった。

<<ある時のエピソード>>
フェルッチオ・ランボルギーニ(ランボルギーニ設立者)は、TP400をモナコのあるカジノの駐車場にそっと置いてみた。
非常に珍しいエンジンレイアウトのこの車はボディ無しにも関わらず、カジノに集まる富豪たちの視線を釘付けにした。
頃合を見計らってエンジンがスタートされると、TP400に群がる人々の数は倍にもなったという。

*一部Wikipediaより引用させて頂きました。

さすが、エピソードが半端じゃないですよね!
今でも、人気が持続している、ランボルギーニ ミウラ!
あの少年の頃に戻った気持ちで、もう一度眺めてみたいですよね!

本当のくるま好きは、雨の時期こそワックスを掛ける!!

雨の日だからこそお手入れしましょう♪

「暑くて暑くて~」と、汗を拭き拭き過ごした「夏」!!
過ぎてみれば、あっと言う間でしたね・・・
今では、雨の日など朝晩寒くって、布団をかぶって寝ている感じではないでしょうか!

さてさて、くるまを愛する方はたくさんいらっしゃると思いますが、「明日雨か~、じゃあぁワックスは又にしよう!」なんて声を聞きますが、実は、くるまを大切にしたいのであれば、雨の日の前こそワックスをかけてもらいたいです!!
ワックス掛けをすると翌日雨が降るなんていうジンクスもあり、ワックス掛けをやめてしまうシーンもありますが、ワックス掛けをすると翌日雨が降ると言うことは、良いジンクスだと思いますよ!

今、地球上に降る雨はご存じの通り、大気汚染の影響などで酸性の強い雨、いわゆる“酸性雨”が降り注いでいます。
この酸性雨が車の肌を傷めることは多くの方に知られている通りです。
水アカやウォータースポット(雨のシミ)など、車の塗装面に大きなダメージを与えます。
水アカがついたら研磨剤入りのクリーナーを使い汚れを削り取りますが、それにより車の塗装面を傷める事にもなります。
又、ウォータースポットを放っておくと塗装の奥深くにまで入り込み、ポリッシャーなどを使って塗装を削り取るか、ひどい場合には除去できないこともあります(涙)。
glasscoat

・・・とすれば、雨の時期はそれだけで車の塗装面が傷み、ワックスの持続効果も短くなり、ダメージを受けやすいと言うことなのです。
ですから、晴れの日よりも雨の日だからこそワックス掛けの必要性が高まると言うことなのです。
新潟のこれからは、雨が断然多くなりますので、晴れの合間をみつけてはマメにワックス掛けを行い、くるまをダメージから守ってあげましょう!!
28

特集!!【スーパーカーブーム】世代の親父たちへ!!no,1

いつも「柏崎ポータルどっとねっと!」くるまお役立ち情報!をご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
心より感謝を申し上げます。

さて、くるまに拘わる情報の特別特集として、【スーパーカーブーム】世代の親父たちへ!!を、次回の土曜日よりスタート致します。
【スーパーカーブーム】を懐かしい~と思われる方は、どうぞご覧下さい!

【スーパーカーブーム】とは・・・
1978年前後からが、俗に言うスーパーカーブームのスタートであった。
そもそもの火付け役は、池沢さとし氏の描いたコミック『サーキットの狼』だった。
その中でも1番人気はなんといっても、ランボルギーニ カウンタックで、ガルウィングドアが衝撃的で、当時の男心をくすぐった。
その他、ポルシェ・ロータスヨーロッパ・フェラーリなども人気が高かった。
現在でもある種、特別の地位を確立しているのは、この時代に『憧れの基盤』なるものを築いたからであろう。
とはいえ一般的には、何千万円もするスーパーカーは高嶺の華で、せいぜい雑誌で見るかプラモデルを作って楽しむくらいが限界(涙)。
この時代はスーパーカーのトレーディングカード等が流行り、小学生の間では『スーパーカー消しゴム』が一世を風靡した。
各地のショッピングストアや様々なお店で、スーパーカーの撮影会も各地で開催された。

スーパーカーブームの真っただ中を過ごしてきた親父たちへ!
その頃のワクワクする気持ちを呼び覚ましてもらいたい!
「懐かしさ・ワクワク感・夢」をキーワードに、次週9月14日(土)より特集致します!
スーパーカーの情報満載でお届け致しますので、どうぞお楽しみに!!

p3

thumbnailImage_293207

くるまにまつわる税金!あなたは知っていましたか!

くるまの税金!全部答えられますか?!
qanda_01

<<くるまにまつわる税金>>
皆さんが乗っている「くるま」にまつわる税金は主に、車両購入の際にかかる税金、毎年納税する税金、車検の際にかかる税金があります。
購入の際には、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税がかかります。
またクルマの維持には、毎年納税する自動車税(軽自動車の場合は軽自動車税)と、車検時に納税する自動車重量税がかかります。
くるまのオーナーとして、税金の種類もしっかりと理解しておきましょう。

<<くるま購入時に納税する税金>>
●消費税
くるまを購入する際に課税されます。

●自動車税
自動車税はクルマの所有者に課税される税金で、税額はクルマの種類・用途・排気量によって決められています。
くるまを購入の際には、購入の翌月から購入年度の3月までの月割り自動車税額がかかってきます。
軽自動車は軽自動車税がこれにあたりますが、自動車税と異なり月割り制度はなく定額のため、登録(届出)する年度には課税されません。

●自動車重量税
くるまの重さによって課税される税金となります。
車両重量に応じて車検の有効期間分を前払いします。
軽自動車は1台あたりの定額となっています。

●自動車取得税
くるまを購入し登録する際に課税される税金です。
中古車購入の際は、購入価格により免税される場合があります。

<<毎年納税する税金>>
●自動車税(軽自動車税)
自動車税(軽自動車税)は、毎年4月1日現在のくるまの所有者に対して課税される税金です。
自動車税の税額はクルマの種類・用途・排気量により異なります。
軽自動車税もクルマの種類・用途によって異なりますが、乗用車(自家用)の場合、年税額7,200円となっています。
※軽貨物車(自家用)の場合は年税額4,000円。

納税通知書は、毎年4月1日時点で登録されているくるまの所有者に届きます。
納税証明書は車検の際に必要となりますので、なくさずに大切に保管しておいて下さいネ。

<<車検時に納税する税金>>
●自動車重量税
乗用車(自家用)の場合、車検時に車検有効期間の2年分を、新車購入時は3年分を先払いします。
くるまの重量に応じて課税され、登録車は0.5トンあたり1年4,100円となっています。また届出車(軽自動車)は、1台あたりで1年3,300円となっています。
※新車購入から13年経過、18年未満の車両については、乗用車(自家用)で0.5トンあたり5,000円、届出車(軽自動車)は1台あたりで1年3,800円となります。
※新車から18年を超過した乗用車(自家用)は0.5トンあたり6,300円、届出車(軽自動車)で1年4,400円となります

<<エコカー減税について>>
ハイブリッドカーや電気自動車、一定の基準を満たした環境性能に優れたくるまに対して、自動車税、自動車重量税、自動車取得税が優遇される制度です。
tax06_01

くるまでの節約上手は環境にとっても優しいんです!

<<節約と環境に優しいことは両立できるのでしょうか?>>
くるまで環境にいいことを少しづつコツコツ続けると、経済的にもとってもお得です。
くるまの運転の仕方しだいで、CO2の排出量と燃費が変化します。
一人ひとりのちょっとした心がけで、節約にも繋がり環境にも優しくなれるのです。

では・・・

<<どれくらい節約できるのでしょうか?>>
くるまの車種などによって異なりますが、例えば、1ヵ月のガソリン代が15,000円で1リットルあたりのガソリン代が150円、平均燃費が10km/Lと仮定します。
この条件で1ヵ月あたり燃費を1km/L向上させるとすると、月々のガソリン代が約1,000円も節約できることになります。
これを1年に換算すると、凡そですが10,000円以上もお得になり、文字通りお財布にも環境にも優しいと言えるでしょう。

YKXA006600

<<CO2を削減して燃費を向上させよう!>>
走行中のCO2排出量を減らせば、お金の節約ができることに加え、環境にも優しくなれます。
くるまの運転中は、発進・停止など走行パターンや道路状況に応じた運転を心がけましょう。

222222

<<運転のアドバイス>>
●くるまの発進時
急発進は避け、アクセルは出来るだけゆっくり踏み込みましょう。
急発進は、燃費が悪いだけではなく危険です。

●くるまの停止時
予め止まる位置を予測しながら、足を早めにアクセルから離しブレーキ操作に移行しましょう。
エンジンブレーキを使用することで、無駄な燃料消費を削減できます。

★★ドライブを楽しみながら、お財布にも環境にも優しいエコドライバーでありたいですよね!!★★

333333