ランボルギーニ50周年記念車両!

image

image

image

image

image

image
伊ランボルギーニは昨年2013年5月12日(現地時間)、伊サンタアガタ・ボロネーゼで開かれたランボルギーニ50周年イベント「グランド・ツアー」において、1名乗車のスーパーカー「Egoista(エゴイスタ)」を公開した。

エゴイスタは1シーター仕様のスーパーカーで、同社の歴史に敬意を表して制作されたもの。
グランド・ツアーに出席した、フォルクスワーゲングループのデザインを統括するワルター・デ・シルバ氏は、「1人乗りとして快楽を謳歌し、自分自身を最大限に表現できるよう、ただ1人のためだけに作られた車」と、エゴイスタについて解説している。

エゴイスタにドアはなく、代わりに戦闘機のキャノピーのようなものがつく。
そのためドライバーが外に出るにはまずハンドルを外し、それからキャノピーを開いてシートに立ち上がり、左側のボディーに用意される指定の場所に腰掛ける。
そしてコクピット内に残した足を180度旋回させ、車外に出る。

エゴイスタは1人乗りのため、コクピットはテーラーメードスーツのようにドライバーに合わせてデザインが可能。
これは緊急時にコクピットの放出が可能なアパッチ・ヘリコプターからインスピレーションを得たもので、実際に着脱が可能と言う。
また、アルミニウムやカーボンといった軽量素材を用いたボディーは、特殊な対レーダー素材も使われるとともに、ガラスにはオレンジ色のグラデーションとなるアンチグレア仕様を採用。

機能性を追求し、極めて合理的に作られたと言うインテリアでは、戦闘機特有のヘッドアップ・ディスプレイを備えるほか、4点式シートベルトやレーシング・シート、エアバッグなどを装備する。

尚、パワートレーンの詳細は明らかになっていないが、最高出力600HPのV型10気筒5.2リッターエンジンを搭載する。

もはや、唖然とするばかりの豪快な車です。
かつて、スーパーカーブームで一世風靡した、あの「ランボルギーニ カウンタック」の進化のカタチです。
今後は更に、スーパーカーの進化は新たなるステージを迎えることでしょう。
期待ですね!

世界最速の車「ブガッティ•ヴェイロン」は、宝くじに当たっただけでは購入出来ない!

世界最速の車「ブガッティ•ヴェイロン」とは!

価格:日本円で大凡200,000,000円
時速:429キロ

ヴェイロン(ヴァイロン)(Veyron 16.4 )は、ブガッティ・オトモビルが2005年から製造しているスーパーカーである。

1998年、フォルクスワーゲングループによって設立された新生ブガッティブランド初の市販車であり、2005年から発売され同グループのフラグシップともなっている。

ヴェイロン(ヴァイロン)の名は初代ブガッティのエンジニア、レーシングドライバーであり、1939年ル・マン24時間レースをジャン=ピエール・ウィミーユとともにブガッティ・タイプ57で制するなど活躍したピエール・ヴェイロン(ヴァイロン)から来ている。
image
今回は、この途轍もないスーパーカーの購入から納車までの流れをご紹介致します!

<ブガッティ•ヴェイロン購入について>
ブガッティ•ヴェイロン購入するに当たってブガッティおよびその車のイメージが損なわれることを避けるための厳重な審査が行なわれるます。
その購入までの道のりとは、どんな物なのか!

1代理店審査
まず日本の代理店であるニコルレーシング・ジャパンが顧客の情報(職業•購入目的)を事前に調べ確認します。
問題はないと判断された場合、情報をブガッティ本社に送られ本社でも審査が行われる。
宝くじが当たって買おうしても、審査に落ちると思います。
ヴェイロンはタイヤだけでも約250万と言われていて、買った後にしっかり維持管理出来るかまで審査されているそうです。

2予約金の支払い
これらの審査を通過した時点で、約5,000万円の予約金を支払います。
5,000万円の予約金て普通にかなり良い家が買えちゃう金額です。
軽自動車なら50台位は買える金額の予約金です。

3ファーストクラスでお城にご招待!
ブガッティに予約金を支払うと、航空券(ファーストクラス)を伴った招待状が届き、フランス・モールスハイムのブガッティ本社へ招待されます。
2億超えの車買ってもらうのですから、ファーストクラスのチケット代なんて普通の車メーカーが配ってたりする販促グッズ位の感覚なんでしょうね。

4ヴェイロン 試乗&仕様決定
ここで車の内外装、他オプション等を決め、シートの形状、サイズ、位置などオーナーに合わせ、ブガッティの用意したテストコース(サーキットなど)で試乗をします。
本社に行かずに日本で仕様を決めることも可能でです。

5ヴェイロン 納車
納車までの間に残りの金額を支払い最終的に納車となる。
購入した顧客にはブガッティのオーナークラブへの入会資格があり、クラブではオーナー同士が400km/hオーバーを目指すレース等のイベントもございます!

なぜ普通車のスピードメーターは180㎞/hまで表示されているのでしょうか?

子どもから大人まで、自動車の速度計(スピードメーター)のメモリが180km/hまで刻まれていることに疑問を持つ人は少なくありません。
image
内容は「なぜ最高速度以上のメモリがあるの?」や、「キリがいい200km/hにしないのか?」というものまで様々ですが、いったいなぜ180㎞/hまで表示されているのでしょうか。
答えを簡単に言えば、自動車メーカーが参加する日本自動車工業会の申し合わせ、いわゆる自主規制で決まったのです。
なぜ180㎞/hまでかというと理由は諸説あるようで
◉リミッターが作動する180㎞/hに合わせた
◉「勾配は5%まで」との設計規格がある東名や名神などの高速道路を考え、この5%の上り坂を法定最高時速100㎞/hで走るためのパワーは、平らなところを走ると180㎞/h出るから
などがあります。
正直、下の理由についてはこじつけ感がありまくりですが、各自動車メーカーからするとスポーツモデルなどに搭載することを考えると、なるべく高いスピード表示を設定したかったのでしょう。

ただ現在は写真の日産GT-Rなど、スピードメーターが180㎞/hでないクルマもあります。
日本では180㎞/hなのに海外仕様では200㎞/h以上のスピードメーターを表示するクルマも珍しくないなか、この自主規制はほんとうに必要なのかと思ってしまいますね。

意外と知らない車の暖房の仕組み

突然ですが、インパネ周りについている「AC」ボタンってどんな意味があるか知っていますか。
車を何十年と運転しているベテランドライバーでも「AC」ボタンの意味を分からず運転している人が結構いますので、知らなくても落ち込まないでください。
「AC」ボタンとは、エアコンボタンになります。
今回は、車の冷暖房の仕組みをご紹介いたします。

一般的にはエアコンは電気代がかかる機器として有名です。
「冷たい空気」と「暖かい空気」が出るあれです。
最近の家庭ではエアコン一つで夏場も冬場も過ごす人がいますね。
車の場合、エアコンという言葉に惑わされている人が多いです。

実は車のエアコンは、冷たい空気を出すクーラー機能だけしか搭載されていません(電気自動車を除く)。
冷房を使用するとガソリンなどの燃料の減りが早いですね。
そういったイメージから暖房も燃料をたくさん使用する機能だと思っている人が多いです。

ですが、実は暖房機能は無料なのです。

車のエンジン熱は猛烈に熱を帯びています。
真冬でもその熱を車内に取り入れたら、車内にいる人は熱中症で死んでしまうほどの温度です。
その熱を利用して、車内を暖めているのです。
燃料が少なくなってきたから暖房を消して、ガソリンスタンドへ向かう人がいますが、実は全く無意味です。
だって、車の暖房は、ただのエンジン熱だからです。

皆さん、これからも暫く寒い日が続きますが、暖房は無料です。
燃料のことを気にせず、ガンガン使用しましょう。

ただし、電気自動車は暖房も電気を使用するので、暖房の使用によって航続距離ががくんと下がるので注意が必要です。

東京オートサロン2014!

カスタムカーやチューニングカーの展示会「東京オートサロン(Tokyo Auto Salon)2014」が1月10日~12日の3日間、千葉市美浜区の幕張メッセ(Makuhari Messe)で行われました。
今回は400社以上が出展しており、様々な改造や塗装が施された車など840台が展示されていました。
001_o

01

1548102_670211453030039_2053549291_o

mercedes-benz-amg-vision-gran-turismo-7-700x467