今、くるまって何が売れているんだろう?!

いつもご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
今回は、くるまの情報の一つとして、「自動車販売台数ランキング(国産)1位~30位(8月31日現在)」をご紹介いたします!
当然?!意外?!な結果
どうぞ、ご覧下さいませ!
( )内は月間販売台数です。

1位:トヨタ アクア(21,142)
aqua
2位:トヨタ プリウス(16,759)
pri2
3位:日産 ノート(8,783)
4位:トヨタ カローラ(6,865)
5位:日産 セレナ(6,610)
6位:ホンダ フィット(6,193)
7位:ホンダ フリード(5,782)
8位:トヨタ ヴィッツ(5,324)
9位:トヨタ クラウン(5,119)
10位:ホンダ ステップワゴン(4,384)
11位:スバル インプレッサ(4,088)
12位:トヨタ スペイド(3,566)
13位:トヨタ ヴェルファイア(3,543)
14位:スズキ スイフト(3,236)
15位:マツダ デミオ(2,999)
16位:トヨタ ヴォクシー(2,707)
17位:トヨタ パッソ(2,578)
18位:トヨタ アルファード(2,501)
19位:トヨタ エスティマ(2,377)
20位:スバル フォレスター(2,254)
21位:マツダ CX-5(2,249)
22位:トヨタ ポルテ(2,192)
23位:日産 マーチ(2,089)
24位:スズキ ソリオ(2,079)
25位:トヨタ ノア(1,929)
26位:日産 エクストレイル(1,868)
27位:日産 ジューク(1,730)
28位:マツダ アテンザ(1,648)
29位:トヨタ ラクティス(1,632)
30位:スバル レガシィ(1,443)

前年比でのトップは3位の日産ノートで、2,917,9%でした。
上位はやはり、ハイブリッド・電気自動車が多く中間にはミニバン、そしてコンパクトカーが続いています。

*一般社団法人 日本自動車販売協会連合会HPより引用させて頂きました。

特集!!【スーパーカーブーム】世代の親父たちへ!!no,6

いつもご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
スーパーカー特集の第一回目~ランボルギーニ ミウラ、ランボルギーニ カウンタック、ランボルギーニ ディアブロ、そしてランボルギーニ ムルシエラゴをご紹介させて頂きました!
今回はランボルギーニ ムルシエラゴの後継車両「ランボルギーニ アヴェンタドール」です!
ご覧下さい「ランボルギーニ アヴェンタドール」です!
1

Gran Turismo 5

3

4

5

6

7

8

a
2010年をもって生産が終了したランボルギーニ・ムルシエラゴの後継車種として、2011年3月1日より開催されたジュネーヴショー2011にて正式に発表された。
会場で披露されたのはオレンジ、ライトグレー、マットホワイトの3色。
フロントやリア周りの意匠は、2007年に公開されたムルシエラゴ・ベースの限定車レヴェントンと、2008年に公開されたコンセプトカー・エストーケと共通性を感じさせるものとなっている。
カーボンファイバーモノコックを採用し、サスペンションはプッシュロッド式、エンジンは新設計のV12となっている。
トランスミッションはマニュアルを廃止しセミオートのみとなった(メーカーとしても性能向上のためこの車種以降マニュアルは搭載しない考えである)。

2012年、ジュネーヴショーにおいてオープントップのワンオフモデル「アヴェンタドールJ(イオタ)」が発表された。
ショー終了後に「幸運なオーナー」の許へ届けられる。
『J』はたった1台のみ製作され、後に事故で喪失したランボルギーニ・イオタに由来する。
2012年11月12日(現地時間)、先代のムルシエラゴに続きロードスターモデルとして「アヴェンタドールLP 700-4 ロードスター」が発表された(日本国内価格4660万3200円)。
2013年、ドバイでパトカーに採用された。

日本国内では2011年9月から販売された。

2011年11月29日、ランボルギーニ ジャパンは東京都の国立霞ヶ丘競技場で記者発表会を開催した。
研究開発担当ディレクターであるマウリツィオ・レジャーニは「アヴェンタドールは競合他社の2世代先を行くもの。
すべての内容を再定義した。
過去からのものをすべて否定し、ゼロベースで作った」と、エンジン、トランスミッション、サスペンション、ボディーのすべてが新開発であることをアピールした。
日本での価格は、当初4100万2500円だったが2012年8月1日に4197万3750円と改定された。

0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は350km/h以上(公称値)(アメリカの雑誌の最高速データでは370km/hも記録されている)に達する。
ハンドリングの向上に注力した設計になっている。
センターコンソールにパフォーマンスセレクターがあり、一般公道での走行に適した弱アンダーの「ストラーダ」モード、シフトフィールが鋭くなる「スポーツ」モード、サーキットでの走行に適し、凶暴な加速が体感できる「コルサ」モードの3種類から走りの特性を選択できる。

*一部Wikipediaより引用させて頂きました。

くるまの「タイヤ」について!

ドライバーの皆さんが、いつも普通に乗っているくるまですが、タイヤの事はどれくらいご存知ですか?
日頃はあまり気にしない何気ない部品ですが、見方によっては一番重要でもあります。
今回は、その「タイヤ」について、ほんの少しご紹介いたします!
LAMBO_110109_3

<くるまは何故タイヤを着けなくてはならないのですか?>
クルマの重量を支え、クルマの駆動力、制動力を路面に伝えるのがタイヤです。
快適な走りのためには、路面からの衝撃を小さくし、走行中クルマの方向を転換、維持できるのもタイヤのおかげなのです。

<タイヤは何故黒色なのですか?>
それは、カーボンブラックという素材のためです。
カーボン=炭素、ブラック=黒。
わかりやすくいうとススのような黒い粉。
これがタイヤ全体の約26%も入っているので真っ黒になるんです。

<タイヤの原料は何ですか?>
もちろん、タイヤの原材料のうち一番重要なものはゴムです。
ただしゴムにも天然ゴムと合成ゴムがあり、さらに、カーボンブラックや加硫剤 などいろいろな添加剤が加えられています。
そのほかビードワイヤーや繊維、ス チールコードなど1本のタイヤには、ざっと100種類以上の原材料が加えられています。

<くるまの安全走行とタイヤの空気圧の関係>
タイヤの空気は少なすぎても、多すぎても、タイヤにダメージを与えるから、安全なドライブをさまたげることになります。
空気圧が不足している場合には、タイヤは熱をも ちすぎて、剥離やコード切れの原因になります。
空気圧過多の場合には、衝撃傷や切り傷 を受けやすくなってしまいます。

<正しい空気圧のポイントは?>
●タイヤが冷えている時に、クルマに指定された空気圧に調整する。
●バルブからの空気もれの点検を行う。また必ずバルプキャップを付ける。
●調整した空気圧は走行中に上昇するがこれを下げない。
●タイヤの空気圧は自然にもれて低下するので、定期的に補充する。
●リムフランジ部に変形がないか点検する。

安全ドライブのために、クルマに乗る前に必ずタイヤの点検をしましょう。

<タイヤのスリップサインとは何ですか?>
タイヤの使用限界の目安になる目印のことです。
タイヤの残りミゾが1.6mm未満になると、タイヤ溝のとぎれとなって表れてきます。
スリップサインはタイヤ両側面部の△印がついているところにあります。
1ケ所でもスリップサインが表れたら、すぐに新しいタイヤと交換しなければ大変危険です。

<タイヤに記載されている表示は何ですか?>
タイヤ性能のエッセンスがまとめられているタイヤ表示の読み方をみてみましょう。
自分の走行にあわせた、正しいタイヤ選びの基礎知識だから、しっかり理解してほしいです。
タイヤのサイズは普通、タイヤサイドウォールに「195/60 R14 85H」などと表示されています。

195/60 R 14 85H
① ② ③ ④ ⑤⑥

①195:タイヤの幅をmmで表示した数字です
②60:タイヤの扁平率(高さ÷幅×100)
③R:ラジアル構造であることを表すもの
④14:リム径の呼称(インチ)
⑤85:タイヤの荷重指数
⑥H:最高速度を表す記号

*タイヤの表示につきましては、メーカーや用途によっても異なる場合がございますので、詳しくは最寄りの販売店におたずね下さいませ。

<タイヤの年式は記載してありますか?>
タイヤの製造年月は、側面に記載がございます(記載の無いタイヤもございます)。
「2313」と言う様な4ケタの数字で記載してあります。
前の二桁が製造週(23の場合は、その年の23週目に製造されたと言うことです)。
後の二桁が西暦を表しています(13の場合は2013年と言うことです)。

いかがですか!!
タイヤの事が少しお分かり頂けたでしょうか!

特集!!【スーパーカーブーム】世代の親父たちへ!!no,5

いつもご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
スーパーカー特集の第一回目~ランボルギーニ ミウラ、ランボルギーニ カウンタック、そしてランボルギーニ ディアブロをご紹介させて頂きました!
ここまでは「かっこいい!」と言うより「懐かしい!」と言う方が多かったと思いますが、今回はランボルギーニ ディアブロの後継車両「ランボルギーニ ムルシエラゴ」です!
この車両辺りからは、懐かしさと言う感情は恐らく無いでしょう!
むしろ、あのカウンタックがここまで進化したか!!
と言う車両です。
ご覧下さい「ランボルギーニ ムルシエラゴ」です!
SC06_L~1

d0611ccc5-thumb

Original_04458_1

黒い車~1

LG_S001_F001_M004_5_L

LG_S001_F001_M004_3_L
ムルシエラゴは、ランボルギーニがアウディ傘下に入った後に発売された最初の車種であり、ディアブロの後継車種となるフラッグシップスポーツカーである。
2001年のフランクフルトモーターショーで発表され、同年秋から市販化された。
車名の由来は、過去のランボルギーニ車の伝統にならい、19世紀に実在した伝説的な闘牛の名前から取られている。
スタイリングは当時ランボルギーニのデザイン部長であったルク・ドンカーヴォルケが担当した。

2004年3月、ジュネーヴモーターショーにてムルシエラゴ・ロードスターを発表。

2006年3月、ジュネーヴモーターショーにてムルシエラゴ LP640を発表し、翌月から予約を開始。
また、同月に生産2,000台を達成。
同年11月のロサンゼルス・オートショーにはLP640のロードスターバージョンも発表。

2010年2月に生産4,000台を達成。
同年11月に生産終了。
総生産台数は4,099台。

後に発表された「ガヤルド」に比べ、親会社であるアウディ社の影響が少ないモデルとの評価がある。
例えばガヤルドはアルミ製スペースフレームに、アウディの設備を利用して設計されたエンジンを搭載する仕様であるが、本車種はアウディに買収される以前に設計したディアブロの構造的特徴の多くを受け継いでいる。

ボディは角断面を持つ鋼管スペースフレームによって組まれ、外部からの応力をほぼ全てシャシーによって負担する構造を持っている。
シャシーの大部分はスチール製だが、フロアパネルと一部の補強用補助構造体などはカーボンファイバーが使用されている。
また、ボディパネルにもカーボンファイバーを用いられているが、ルーフと左右のドアにはスチール素材を使っている。
これらの最先端素材を多用したことで、ディアブロより全長が約100mm延長されているにも関わらず、乾燥重量はほぼ同水準の1,650kgとなっている。

車名をあらわすエンブレムは装着されていない代わりに、ドアのサイドシル部分に”MURCIELAGO”のロゴが刻まれている。
ドアの開口部はガルウイングドアの上昇量が増やされ、開口部も広く取られた事により、ディアブロに比べ乗降性が向上している。

搭載エンジンは新規設計されたものではなく、ディアブロから引継ぎとなるアルミダイキャスト、60°バンクを持つ水冷V型12気筒DOHCエンジンの発展型を搭載する。
このエンジンはカウンタックからディアブロを経てムルシエラゴまで基本構造を受け継ぐ設計であり、ディアブロの最終生産型である6.0SEのものに基本ストロークを延長し、排気量は6.2Lとしている。
またディアブロのエンジンと比較して、素材見直しによるムービングパーツの軽量化も行われている。
出力は580hp(約588PS)、トルク66.3kg·mとされている。
このエンジンの感触について福野礼一郎は「古典的なエンジン」「いかにも内燃機らしい豪快な回り方」と評している

パワートレインの配置はカウンタックからディアブロを経て受け継いだもので、運転席と助手席の後ろに置かれたエンジンの出力は、運転席と助手席の間のセンタートンネルに置かれたトランスミッションを経由した上で後輪に伝えられている。
しかし、ディアブロ以前にはオイルパンを貫通していたドライブシャフトをディファレンシャルギアごと車体右側にずらして設置し、潤滑方式をドライサンプにすることによって、エンジンの搭載位置を50mm下げている。
また、トランスミッションも従来の5速から6速に変更され、後に「e-gear」と呼ばれるセミオートマチックトランスミッションが追加された。

ディアブロが後輪駆動と四輪駆動の二つのグレードが用意されていたことに対して、ムルシエラゴは四輪駆動のみの設定となっている。

ムルシエラゴの四輪駆動は比較的簡易な構造を持つビスカス式センターデフを持つものであり、動作制御もディアブロが姿勢を崩した時に効果を発揮する的な仕様に対し、通常でも前輪にも積極的に駆動力を配分するものに変更されている。

高速域での安定性を確保するため、電動可動式ウイング、サイドインテークが装着されている。

アメリカ環境保護局とエネルギー省が毎年発表する燃費ワーストランキング2010年では、本車種のMT仕様が市街地燃費3.4、高速燃費5.53とワースト1位に選ばれている。
またAT仕様も3位に選ばれている。
なお、ランボルギーニは4年連続1位となった。

*一部Wikipediaより引用させて頂きました。

特集!!【スーパーカーブーム】世代の親父たちへ!!no,4

いつもご覧下さいまして、誠にありがとうございます。
スーパーカー特集の第一回目、第二回目はランボルギーニ ミウラ、そしてランボルギーニ カウンタックをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか!
その世代の方は、「かっこいい!」と言うより「懐かしい!」と言う方が多かったのではないでしょうか!
さて、第三回目にご紹介するのは「悪魔」の異名を誇る、カウンタックの後継車両「ランボルギーニ ディアブロ」です!
LamborghiniDiabloSV

10017327020

img_15705_35211348_6

20130806_190760

LG_S004_F001_M001_3_L

ディアブロは世界中で大ヒットを博した1970年~1980年代の名車「カウンタック」の後継車種でもある。
空気抵抗を意識した低い車高とスイングアップ(跳ね上げ式)ドアといったカウンタックの特徴を踏襲した。
前期型はカウンタック同様にリトラクタブル・ヘッドライトを採用したが、終日ヘッドライト点灯を義務づけにした国・地域が出たため、後期モデルでは日産・フェアレディZ(Z32型)と同形式の部品を装備し、固定式ヘッドライトとなった。
もともとこの流用はユーザーによる私的な改造として始められたものだが、それを見たランボルギーニの関係者によって正式採用された。
ヘッドライトユニットにNISSANのロゴがあるため、ライト上部に付けられた眉毛のようなカバーで隠されている。
後継車はムルシエラゴ。

搭載エンジンは初期モデルは5,709ccV12気筒DOHC48バルブで、最終型では5,992ccに拡大されている。
カウンタック同様、縦置きのミッドシップで、前方にミッションを配置し、オイルパンを貫通したシャフトを介して後輪に駆動力を伝達するという特殊な構造を採用した。
ホイールベース長は2,650mm、カウンタックの最終モデルである25thアニバーサリーに比べ150mm延長され、居住性の向上が図られた。
フレームはカウンタック同様の マルチチューブラーフレームだが、断面形状が、カウンタックの丸断面に対し、角断面に変更された。
初期型はメーターパネルが高くそびえる形で作られており、前方視界を遮る形となっていた。
このため改造するチューナーが次々現れたため、後にメーターの配列やサイズを変更し、メーターパネル自体を低くして視界確保を改善する改良を実施している。

ボディデザインは基本はマルチェロ・ガンディーニの手によるものだが、当時ランボルギーニを所有していたクライスラーのデザイナーによって、空力や開口部の安全面で細部の角を落とし滑らかにする修正が加えられたため、デザイナーとしての名前を出すかどうかもめたが、細部を修正することは契約に含まれているという理由でマルチェロ・ガンディーニも了承した。

前後のフェンダーとドアにはアルミ素材、バンパー、フロントフード、エンジンフード等にはランボルギーニが開発した「アウトクラーベ」という複合素材が使用され、ボディの軽量化がなされた。

*一部Wikipediaより引用させて頂きました。

次回(no,5)より、毎週水曜日の更新となりますので、宜しくお願い致します。