楕円のトヨタマークに秘められた想い

現在のトヨタマークは、1989年10月、会社創立50周年を記念して発表されたものです。
このトヨタマークのデザインに費やした時間は、企画から約5年。
デザインを進めるにあたって考慮されたのは、当時海外でも知名度を上げつつあったトヨタにふさわしいマークを考えるというものでした。
とくに重視されたポイントは、遠くからでも「トヨタのクルマ」だとわかること、そして他メーカーのクルマと並んだときにいっそう輝いて見えるような強い個性があること、でした。

このトヨタマークは、3つの楕円を左右対称に組み合わせています。
楕円が持つふたつの中心点は、ひとつがクルマのユーザー、つまりお客様の心を、そしてもうひとつがクルマのメーカー、つまりトヨタの心を示しています。
そして楕円の輪郭が、ふたつの心をつなぐ世界を表現しているのです。

マーク内部のふたつの楕円の組み合わせはトヨタの「T」を表現すると同時に、ステアリングホイール、つまり自動車そのものも意味しています。
そして外の楕円はトヨタをとりまくお客様や世界を象徴するものです。
さらに、それぞれの楕円を形作る輪郭には、太さの異なった線を採用しました。
これは日本の文化である「毛筆」を参考にしたものです。

また、マーク背後の空間は、トヨタが「お客さまに伝えるべき価値」の無限の広がりを暗示しています。
その価値とは、「卓越した品質」「期待を超える価値」「クルマの歓び」「革新性」「安全、環境・社会への誠実さ」の5つです。

なぜ日本仕様の輸入車は、ハンドルが右でもウインカーは左のままなの?

日本車は、ハンドルの右側にウインカーがついています。
一方、左ハンドルの輸入車は、ハンドルの左側にウインカーがついています。
そして、日本仕様の輸入車(右ハンドルの輸入車)も、左側にワイパーがついています。
そのため、日本車から輸入車に乗り換えた人のなかには、「ウインカーとワイパーを間違えて押してしまう」なんて失敗、1度や2度はあると思います。
そもそも、ハンドルは日本仕様の右になのに、ウインカーは左のままなのは、なぜでしょうか?
「ハンドルを右に変えるのと一緒に、ウインカーも右に変えればいいのに」と思いますよね。
この理由は、国際的な規格のISO(国際標準化機構)で、「ハンドル位置に関わらず、ウインカーは左側、ワイパーは右側」と規定されているからなんです。
ISOに準拠している輸入車は、右ハンドル車でもウインカーレバーは左側になっているというわけなんです。
では、日本車は、なぜ右ウインカーなんでしょうか?
日本車は、日本独自の規格のJIS(日本工業規格)に沿ってつくられているからです。
JIS規格では、「ウィンカーは右側」と規定されているため、日本車は右ウインカーなんですよ。
つまり、ISO規格を優先して規定に準拠しているメーカーは日本仕様の輸入車でも左ウインカーのままで、JIS規定を優先している日本車は右ウインカーとなっているんです。

軽自動車のナンバープレートに『封印』が付いていない2つの理由とは?

『車の封印』をご存知ですか?
ナンバープレートに取り付けられた丸い印のことです。
軽自動車には、この封印が取り付けられていません。
普通車のリアナンバープレートには、封印がされており、簡単に取り外しができないようになっています。
しかし、軽自動車にはこのような封印がなく、簡単に取り外しができてしまいます。
これは、国が車に対してどのように考えているかや証明制度が大きく影響しているといえます。

駐車時にやりがちな「ハンドルの据え切り」とは?

ハンドルの据え切りとは、車を停めた状態でハンドルを回すことを言います。
駐車の時や方向転換の時に行われます行為です。
昔は据え切りはNGといわれていましたが最近はこの言葉自体あまり耳にしなくなってきました。
初心者や運転が苦手な方はやってしまいがちな据え切り。
車への影響を正しく知って、車に負担をかけずスムーズにハンドル操作を行いましょう。