2030年の「販売台数」の9割はガソリン車という予測

世界全体では先進国で不要とされた古い車も含め、昔ながらのガソリンエンジン車が数多く走っています。

それだけならば、2030年でもまだほとんどの車がガソリン車というのもわかりますが、予測では「新車販売台数」の約9割が、依然として通常のガソリン車と言われているのです。

話題になったのは2013年のNHKの報道で、その際にはHV(ハイブリッド)、PHV(プラグインハイブリッド)、EV(電気自動車)などが2030年には世界の販売台数の11%を占める一方で、残り89%のほとんどは通常のガソリン車だろう、というものでした。

その後2014年から2015年にかけて民間の経済コンサルタントから発表された予測では、HV、PHV、EVにFCV(燃料電池車)を加えても2030年の販売台数は13%程度で、残り87%は通常のガソリン車となっています。

*Ancar Channel より引用させて頂きました。

1馬力ってどれくらいの力?

車のエンジンの出力を示す数値に「馬力」というものがあります。
日本では「ps」という単位が使われています。
このpsはドイツ語で「馬の力」という意味の「pferdestarke」の頭文字。
メートル法に基づいて定義されたもので、「75キログラムの物を毎秒1メートル動かす力」です。

アメリカやイギリスでは「horse power」の頭文字の「hp」の表記を使います。
実は統一はされていないのです。

もし点灯したらヤバイ警告灯

メーターパネルに並んでいる警告灯。
どれも車体に異常があることを示すものですが、特に点灯したら「早めの対策が必要」なのが「エンジン油圧警告灯」と「ブレーキ警告灯」。
「エンジン油圧警告灯」はエンジンの異常を示すもの。
放っておくとエンジンが駄目になり、走行不能になります。
もう一つの「ブレーキ警告灯」は、サイドブレーキを引いたときにも点灯する警告灯。
もしサイドブレーキを引いていないのに点灯しているときはブレーキの異常が疑われます。

もしもの事態を避けるためにすぐに点検しましょう。

消防車も個人で所有できる

緊急車両の一つ、「消防車」は実は個人で購入することができ、自分のマイカーにすることができるのです。
といっても、「緊急車両」ではないので赤い警告灯やサイレンを装着することはできません。
それは違法です。
また、大型免許も必要ですし、大型ナンバーや特殊車両の登録など特殊な手続きもしないといけません。

ただ好きな人にはたまらない「男のロマン」です。

車のガラスコーティング剤はドライヤーで乾かすと長持ちする

雨などをはじくガラスのコーティング剤。
フロントガラスなどに塗った後は乾くまで待っていないといけません。
そんなとき、ドライヤーを使って乾かすと手軽に素早く乾かすことができます。
また、コーティング剤は最初にしっかりと乾かせば効果が高くなります。

ドライヤーでしっかり乾かせば早く乾く上に効果も高くなるので、自然乾燥と比べると一挙両得です。