駐車時にやりがちな「ハンドルの据え切り」とは?

ハンドルの据え切りとは、車を停めた状態でハンドルを回すことを言います。
駐車の時や方向転換の時に行われます行為です。
昔は据え切りはNGといわれていましたが最近はこの言葉自体あまり耳にしなくなってきました。
初心者や運転が苦手な方はやってしまいがちな据え切り。
車への影響を正しく知って、車に負担をかけずスムーズにハンドル操作を行いましょう。

運転免許に必要な視力はどれくらい?

運転免許の取得や更新には、視力に関する適正検査が行われます。
普段から眼鏡やコンタクトで矯正している方は検査時に適正度数のものが必要ですし、最近視力が下がってきたという方は視力が足りず免許の取得・更新ができないかもしれません。
視力は免許の種類毎に微妙に異なりますので、必要な視力や行われる適正検査の内容について解説いたします。
眼鏡の度数などは徐々に合わなくなってくることもあります。
免許の更新時を機会に定期的にチェックすれば、運転中の疲れ目なども改善されるかもしれません。

自動車の未来予想

VRは「超リアル」になる

運転中に奇妙な視覚体験をしたり、空中に浮かぶ物体が見えたりするのは、あまり望ましいことではないだろう。
だが、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)は、着実に自動車やガレージの分野にも進出しつつある。

驚くなかれ、ホンダはARテクノロジー「HondaLens」を使って、その運転席ばかりか、エンジンまでも鮮明な色彩で空中に浮かび上がらせながら、新型「アコード」の特徴を昨年のロサンゼルスオートショーで見込み客に説明していた。
また、自動車ショーと同時開催されたテック企業の見本市「オートモビリティLA」で、オートモーティヴ・スタートアップ・コンペティション[日本語版記事]の勝者になったのは、ナヴィゲーションシステム用ホログラフディスプレイの技術を持つスイスの企業、WayRay(ウェイレイ)だった。

自動車の未来予想

とてもエレクトリックな未来

EVはきわめて重要なテーマであり、大手自動車メーカーの大半がバッテリーを動力源とするコンセプトカーあるいは量産車を開発中である。
フォルクスワーゲンは、ファンキーでレトロな電気自動車「I.D」「I.D Buzz」、そしてSUVの「I.D Crozz」の3車種を昨年のロサンゼルスオートショーで公開した
ジャガーが昨年のロサンゼルスオートショーで展示したEVのコンセプトカー「I-PACE」は、まもなく量産が開始される。

そして、シリコンヴァレーのスタートアップであるルシッド・モータースは、テスラと競合する同社の「Lucid Air(ルシッド・エア)」[日本語版記事]のプロトタイプを昨年のロサンゼルスオートショーで出展。
コンヴェンションセンター周辺の街路で試乗会を行った。