日産自動車

1933年日本産業株式会社と戸畑鋳物株式会社の協同出資により、自動車製造株式会社として設立されたのが始まりです。最初は人気ブランドだったダットサンと、自動車部品の製造・販売を行っていました。翌年の1934年に、日本産業の全額出資になったことから、日本産業を省略した日産自動車株式会社へと社名が変更になりました。

ホンダ

“技術のホンダ“と呼ばれる本田技研工業の社名は、創業者である本田宗一郎氏の苗字が由来しています。会社の設立は1948年、自転車用補助エンジンの製造から会社は始まりました。当初はバイクが中心でしたが、1963年には四輪へ進出します。また1970年には、アメリカでの大気汚染対策として制定されたマスキー法をクリアするエンジンを開発し、ホンダの名前は世界へ広がりました。現在も、独自性のあるホンダイズムに基づくクルマは人気を集めていますね。

トヨタ自動車

国内販売数でトップシェアを誇るトヨタ自動車は、創業者の豊田喜一郎氏の名前にちなんでつけられています。実は創業当時は「トヨダ」だったそうですが、1936年に行われた「トヨダ・マーク」の応募がきっかけで「トヨタ」になりました。「トヨタのほうがさわやか」「画数の縁起がいい」なんて理由もあるそうですよ。
トヨタ自動車の始まりは、豊田自動織機製作所内の自動車製造部門から。1937年にトヨタ自動車工業株式会社として独立した際に、現在の愛知県豊田市に工場を設立しました。豊田市の発展に大きく貢献したことから、豊田喜一郎氏は2001年に豊田市の名誉市民となり、豊田市役所に銅像が建てられています。

自転車が右側通行を出来るのは歩道だけ?

自転車が車道を走る際は左側通行です。そして、路側帯(白線1本)がある場合には路側帯を通行出来ます。この路側帯でも左側通行になります。
違反者には罰則もあり3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となります。

しかし、歩道では右側通行も可能ですが、道路標識で自転車も通行して良いとなっている場合のみ通行可能です。
ちなみに歩行者専用路側帯(白線2本)では自転車は通行出来ません。

車を運転していると未だに路側帯を逆走している自転車がいて怖い思いをする事がありますが、次第に少なくなっていくでしょう。

レジャー運転時の事故を防ぎましょう!

高速道路では、死亡事故に占める観光目的事故の割合が7月から激増します。

高速道路走行では観光やレジャー目的の車が増え、浮ついた気分から軽率な運転操作をするケースも増えると考えられます。
また、一般道路における観光等目的事故の時間別・路線別発生件数では、国道での14時~17時の時間帯に事故が多発しているという特徴があります。
旅行計画に無理があったりすると、午後の時間帯はドライバーの疲労がかさみ、居眠り運転やうっかりミスを起こしやすいので注意が必要です。

楽しい家族との夏休みやレジャーが悲惨な事故処理に終わらないよう、余裕のある運転に努めて、無事故・無違反で過ごしましょう。
また、業務で運転する機会のある方は、この時期には観光目的で走行する車が増えていることを自覚し、とくに他府県ナンバーの車両の挙動には十分に注意してください。