スタンプラリー実施内容 :(緊急景気対策事業)=柏崎市

柏崎市が実施する「スタンプラリー」の実施内容は以下の通りです。

◎ スタンプラリー実施内容 :(緊急景気対策事業)

平成29年度元気発信プロジェクト緊急景気対策事業の内容

産業振興部商業観光課

◎基本的な考え方

本事業を進めるに当たり、次のことを基本とする。

① 相次ぐ老舗、地元商店の閉店等により、低迷した消費者マインドを向上させ、消費意欲を喚起するとともに、経営者のマインドを向上させることを主目的とする。特に商店街に人を呼び込むことにより、やる気と元気を取り戻す。

② 緊急対策として実施するものであり、「はなまるクーポン」の参加店増加による更なる活気につなげるため、単年度事業とする。

③ 小規模な小売業、飲食業、サービス業を対象とし、中大型店を対象としない。

④ 既存事業である「ほんちょうマルシェ」や「はなまるクーポン」などの参加事業者の拡充、これによる商工団体への会員増加へも結び付ける。

⑤ 事業を統括する事務局を商業観光課商業振興係内に設置し、非常勤職員1名を雇用する。

⑥ 商工団体、信用金庫及び市による産・金・官の実行委員会により事業執行するが、タイトなスケジュール上、実業務は、かしわざき振興財団へ委託する。

⑦ 参加店舗拡大のため、事業者には負担を求めない。

⑴事業名 「柏崎で買って!食べて!使いましよう!プロジェクト」

~1万円×2,000本・柏崎史上最大の福引大会~

⑵ 目 的 商品券等を景品とするスタンプラリーを展開することで、消費者と商業者のマインド向上を図り、景気の停滞感を払拭する。

⑶ 実施主体 市、商工会議所、信用金庫及び市内4商工会から成る「元気発信プロジェクト実行委員会」により事業を遂行する。

⑷ スキーム

ア 事業概要

(ア) 取扱店は、小売業・飲食業・サービス業に限定し、スタンプラリー及び商品券取扱店双方になることを条件に募集する。ただし、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23 年法律第122 号)第2条に規定する営業は、原則として対象外とする。

(イ) 取扱店のうち小売業については、売場面積500㎡未満を対象とする。

(ウ) 消費者が取扱店で500円以上(消費税を含む。)の買物、飲食及びサービスを受ける。

(エ) 取扱店は、500円以上の消費1回ごとに店名スタンプをカードに押印する。

(オ) 消費者は、カードに店名が違う3店分のスタンプを集め、これが福引券1口となる。

(カ) 消費者は、7月から10月までの第1土曜日(マルシェの日)から月曜までの3日間フォンジェ及び柏崎U・Iターン情報プラザで開催する福引会場において、1口に付き1回福引を引くことができる。

(キ) 福引の景品は1万円分(500円×20枚)の商品券とし、外れた場合は毎月末に開催する再福引用の再抽選券を配布する。

(ク) 7月から10月までの最終土日月に再抽選用福引を行い、この時の景品は、ふるさと納税返礼品や地域特産品の現物支給とする。

(ケ) 商品券は、7月1日(土)から12月31日(日)までの6か月間を利用期間とする。

(コ) 取扱店の商品券換金方法は、7月3日(月)から翌年1月19日(金)までの間を換金期間とし、市内信用金庫窓口にて現金と引き換える。

イ事業期間平成29年4月から平成30年1月まで(10か月間)

(ア) 取扱店募集期間…4月下旬から5月中旬まで(+随時)

(イ) スタンプラリー期間…6月10日(土)から10月9日(月)まで

(ウ) 商品券利用期間…7月1日(土)から12月31日(日)まで

(エ) 抽選会日程等

抽選会(商品券) 商品券当選額 再抽選会(物産等) 景品物産予算 商品券利用期間 商品券換金期間
7/1~3 500本(万円) 7/29~31 50万円 7/1~12/31 7/3~1/19(信金営業時間内)
8/5~7 500本(万円) 8/26~28 50万円
9/2~4 500本(万円) 9/23~25 50万円
10/7~9 500本(万円) 10/28~30 50万円
政治

スタンプラリー実施案(景気・経済対策案)を可決=柏崎市議会臨時議会

◎スタンプラリー実施案(景気・経済対策案)を可決=柏崎市議会臨時議

柏崎市議会では本日(4月19日)随時会議(臨時会議)を開催し、景気・経済を刺激し消費者と事業者のマインドを向上させる対策として、スタンプラリーを実施する対策案を全会一致で可決しました。

1 議第40号 平成29年度一般会計補正予算(第2号)

歳入歳出の予算総額に17千万円を追加し、総額を4,867千万円とするもの。

(1)商業活性化推進事業・・・3千万円

(2)次世代エネルギー活用検討事業・・・25百万円

(3)コミュニティーセンター整備事業・・・68百万円 等々

◎その内「スタンプラリー実施の概要

①消費者が取扱店で500円以上の商品及びサービスを購入する。

②取扱店は500円以上1回ごとに、店名スタンプをカードに押印する。

③店名が違う3店分のスタンプが、福引券1口となる。

④福引の景品は1万円(500円×20枚)分の商品券とし、外れた場合は再抽選券を配布する。

⑤再抽選福引の景品はふるさと納税返礼品や地域特産品の現物支給とする。

というもので、詳細は後刻再掲致します。

以上です。

随時会議(臨時議会)を招集=柏崎市議会

随時会議(臨時議会)を招集=柏崎市議会

柏崎市議会では以下のとおり随時会議(=臨時議会)を招集し、商業活性化推進費など補正予算を審議する。

1日 時 : 平成29年4月19日(水)10:00より

2場 所 : 柏崎市役所5階本会議場

3議 題 : 平成29年度一般会計補正予算(第2号)他専決処分報告3件

尚、補正予算の額は17千万円追加し、平成29年度予算総額を486億7千万円とするもの。その主なるものは、

①商業活性化推進事業=緊急経済対策・・・3千万円

②次世代エネルギー活用検討事業・・・・・2千5百万円

③コミュニティセンター整備事業・・・・・6千6百万円

等である。

◎「公立大学法人化」に強い意欲!!(新潟産業大学・北原保雄学長)

◎「公立大学法人化」に強い意欲!!(新潟産業大学・北原保雄学長)

柏崎市議会では4月14日(金)午前10時~12時に全員協議会を開催し、

①新潟産業大学魅力等向上支援事業補助金について

②「新潟産業大学の公立大学法人化の早期実現を」(意見広告)について

の2項目について意見交換をおこなった。

大学側からは北原学長を始め10名の幹部が、議会側からは26名の全議員が出席した。

その中で北原学長は改めて、公立化することで「大学改革は大きく前進するし、柏崎市の活性化や魅力も増し、経済効果も期待できる。」と述べ、「公立大法人化への強い意欲」を示し、議員や市民の理解と協力を求めた。

それに対し、議員からは大学の魅力向上対策、留学生の多さ、学生募集への取り組み、骨太改革の必要性等々の意見や質疑が出された。

また、新聞折り込みにより配布された「新潟産業大学の公立大学法人化の早期実現を」と題した意見広告については、これまで一部で疑問視する声も聞かれたが、特に異論が出されることもなく、北原学長からの経緯と真意が説明され終了した。

以上です。

政治

新潟産業大学の幹部出席で「市議会全員協議会」を開催(柏崎市議会情報)

柏崎市議会では新潟産業大学の幹部出席で「市議会全員協議会」を開催します。

◎平成29年4月14日(金)午前10時より

◎内容

①新潟産業大学魅力等向上支援事業補助金」について

②「新潟産業大学の公立大学法人化の早期実現を」(意見広告)について

以上です。

政治