4つのリングは、アウディの離散と集合の賜物

アウディの創業者アウグスト・ホルヒは1899年に自分の名前を冠した自動車会社のHorch社を設立します。「Horch」とはドイツ語の「horen」という単語が元となっており、これには「相手の話をよく聞く」という意味があります。ホルヒは自分の名前の由来となった単語である「horen」を体現するために金銭を惜しまず注ぎ込んだ大変性能の良い車を設計・開発していきましたが、そうした姿勢がHorch社の経営陣との軋轢を生んだため、結果ホルヒは1909年にHorch社を追い出されてしまいます。
ホルヒはその後、今度はラテン語で同じ「よく聞く」といった意味を持つ「audio」を語源とする新しい会社を、同年中に設立します。その名前がAudiなのです。
しかし、折からの社会的な問題もあり、自動車会社の経営は必ずしも上手くいきませんでした。そこで紆余曲折あったHorch社とAudi社、それにDKW社とWanderer社を加えた計4社が連合して、現在のAudiの前身である「Auto Union AG」を設立するに至るのです。Audiのフォーリングスのリングの一つ一つは、この時の4社それぞれを表しているのです。

  • イベントが見つかりませんでした

コメントを残す