犬をペットとして飼うようになったのはいつ頃?

古代の世界で家畜として利用されてきた犬が、現代のようにペットとして飼われるようになった年代については諸説あります。
古代エジプトの神話には「アヌビス」という犬の姿をした神が登場しており、当時から犬が神聖なものとして崇拝され、大切に扱われていたことがわかっています。
日本でも、平安時代にはすでに犬や猫を飼うブームがあったと考えられているほか、聖徳太子、藤原道長、徳川綱吉など歴史上の人物にも大の犬好きとして知られる人物が数多く存在します。

このように、犬は古くから人間の生活においてかけがえのない存在として活躍してきました。
これから先もずっと、人間と犬は素敵な関係を結び続けていくことでしょう。