犬がペットとして飼われるようになった歴史

●およそ15,000年前からペットとして飼われる。

古代ローマでは、およそ15,000年前には狩猟を主な目的に、犬は家畜として飼われていたようです。

その後、中世のころからペットとして可愛がるための存在として犬を飼い始めたのではないかと考えられています。

その頃は貴族を中心に犬を飼っていましたが、その終わり頃には一般の人たちも犬をペットとして飼う文化が根付いていたようです。