ヤドカリを飼う

ヤドカリは海辺や海中に存在する硬い貝殻を装着して身を守っています。その姿から借りた宿に住んでいるという例えからヤドカリという名前が付きました。

現在の日本では法律により天然記念物扱いをされているため、ペットとしての捕獲を指定業者が行うことでのみ捕らえられています。

自動車の歴史(1990年代)

1990年代は自動車の安全性が飛躍的に向上した時代でした。
今や当然の装備となったエアバッグやABSなどが普及し始めたのもこの時期。
1996年には衝突安全ボディ「GOA」を採用したトヨタ・スターレット(5代目)が登場し、他メーカーもこれに追随しています。
また、こちらも現代のドライブには欠かせないナビゲーションが登場したのも90年代。
90年に登場したユーノス・コスモが世界初のGPS内蔵カーナビゲーションを装備したのです。

金魚を飼う

お祭りの金魚釣りで飼い始める方も多い程人気のペットです。

金魚は一般家庭で飼育する場合の平均寿命は、3年程度といわれていますが、正しく飼育すると10年以上生きることもあります。

屋台の金魚釣りなどで金魚を飼い始めた場合は、最初から金魚が弱っていることがあるため、なおさら短くなってしまう傾向にあります。

できるだけ健康な金魚を選んで、正しく飼育をすれば長い間飼育を楽しむことができますよ。

自動車の歴史(1980年代)

1980年代に入ると自動車の高性能化がさらに進み、エンジンの電子制御化(インジェクション化)が一般的になり始めます。
また、外観にも変化が。
それまで鉄製だった前後バンパーが樹脂製に変わり、80年代後半には現在のようなボディのデザインと一体化したものへと一気に進化していったのです。
83年の規制緩和でドアミラーの装着がOKとなったのも、デザインが近代化した要因のひとつと言えるでしょう。
80年代後半には当時の自主規制値であった280馬力を達成した日産・フェアレディZ(Z32型)や日産・スカイラインGT-R(R32型)、2シーターオープンカー復活の基となったユーノス・ロードスターも登場しています。

リクガメを飼う

カメは爬虫類の中で圧倒的にペットとしての人気が高い動物です。好奇心が旺盛で人懐こい性格をしているので、とても飼いやすいですよ。

成長しても20cm程度なので、小さいスペースで飼うことが可能です。

ミズガメとリクガメの2種類に分類され、種類も豊富です。